うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
赤飯と黒飯
今日は、北海道の食文化をお伝えします。

食のローカルネタです。

今週は子供の運動会があるので、
何をお弁当に作ろうかな、なんて考えてました。

ご飯は、ちらし寿司かな?お赤飯かな?・・・

本州の方が驚いて、ひいちゃうお赤飯・・・
道産子のお赤飯

もち米に耳かき一杯くらいの食紅を入れて炊きます。
それに、甘納豆を入れるのが、北海道流。
ごま塩と、紅ショウガで、頂きます。

※画像をおかりしました。
1949bfa0.jpg
スーパーのお総菜コーナーでも普通に売ってます。
コンビニのおにぎりでも売ってます。

コレは、簡単なので、田舎に遊びに行くと、おばあちゃんなんかは
必ずと言っていいほど、お赤飯を用意して待っててくれたりするものです。

おめでたい時、嬉しい時、よくお赤飯が出て来ますね。

勿論、小豆を煮た煮汁で焚くお赤飯もありますよ。
気分で、本格赤飯か、道産子赤飯か・・・

一方、悲しみの場合。
弔事、お通夜、お葬式、法事などの場合には、
「黒飯」(こくはん)が必ず出ますが、
なんと、これも北海道ならではらしいのです。(@_@)
たまに、この黒飯が食べたくなります。
美味しいんですよね。

作り方は、もち米をせいろで蒸す。
柔らかく煮た黒豆を入れて一緒に蒸す。

仕出し弁当でしか、お目にかかりませんが、美味しいです。


本州で、黒飯がないとすると、
法事ではどんなご飯なんでしょうね?
※こちらも画像をおかりしました。
b0014576_19325454.jpg

※こちらも、画像をおかりしました。
kokuhan.jpg
スポンサーサイト
© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。