うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか」を読んで
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
先週ですが、小学校の絵本の読み聞かせに行って来ました。

この本は、昨年のノーベル平和賞受賞の時に書店にずらりと並んだ

マララさん関連本の中の一冊の本です。

「ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか」

自分にとって、「泣かずに最後まで読む」というのがちょっとだけ高いハードルでした。
IMG_0049_convert_20150224101932.jpg

昨年のノーベル平和賞のノミネートに「日本国憲法9条」がありましたね。

最終選考のいい線まで行きましたが、最終的にマララさんになりました。

これはねいつか必ず、「9条」も受賞される日が来ると思ってます。

「日本国憲法9条」も、世界平和に貢献した条文であると言えます。

なんといっても「9条」のおかげで、日本は戦後70年一度も戦争をせずに来れたのですから。

そして1人の主婦がネットから発信して、大きなムーブメントとなって、

ノーベル平和賞受賞のテーブルに着く事が出来たなんて

それもすごいことだと思います。





IMG_0050_convert_20150224101912.jpg



マララさん。こちらの女性の発信したこと、命を賭けて訴えたかったこと。

今も尚命の危険にさらされてるなんて、

人が人のせいで、安心して生きられない社会はおかしいですよ。

戦争、差別、貧困、暴力、これらをどうやったら地上から根絶できるのか。

どうやって私たちは自分達の手で、平和の世界を創るのか。

それを考え、実現するために学校に行き、自分なりの考え、意見を持ち、表現するために

教育があるのだと、この本には書かれてます。

子供たちにはキツイかなと思いましたが、マララさんのことは子供達に知って欲しいと思いました。

ある女の子は、とても驚いたみたいで、目を丸くしてかえるままの側まで近づいて見入ってました。

世界には、小学生くらいの女の子で、学校に行かせて貰えなかったり、

仕事をさせられたり、無理矢理、結婚させられたりしてるのだという現実を知り、ショックを受けてたみたいです。

一部の大人の都合で、子供の命が存在するのではないですよね。

現代の奴隷とも言える現状を知ることが出来ました。
IMG_0051_convert_20150224101949.jpg
少年兵のところを読むのは苦しかった。

武装グループに誘拐された子供は少年兵にさせられる。

子供に無理矢理、銃を握らせお父さんお母さんを撃つ様に命じられる。

親を殺せば、帰る場所もなくなり、養ってくれる人もいなくなり、

兵士として生きて行くほか道はなくなる。

そうして少年兵となった子供達は過酷な戦場へと送られる。

夜になると、少年兵は自分で殺した「お母さんに会いたい」「お父さんと遊びたい」と思う。

子供だもの。そんな矛盾したことを思うのは当然ですよね。

***************************

ちょうど、これを書いてる途中に、かのぼんさんから京都新聞の記事の切り抜きが送られて来ました。

かのぼんさんは瀬戸内寂聴さんが大好きなかえるままに、時々新聞の切り抜きを送って下さるのです。

かのぼんさん、いつもありがとう!!

(画像クリックで少し大きくなります。)
瀬戸内寂聴さん


瀬戸内寂聴さんの言葉、生き様は、まさに論語のごとくです。



学びて思わざれば、則ち罔し。
思いて学ばざれば、則ち殆し


(まなびておもわざればすなわちくらし。
おもいてまなばざれば、すなわちあやうし。)


『人から学んだだけで、自分で、
考えてみることをしないと、
何も、はっきりとわからない。

一人で、考え込むだけで、
広く学ばなければ、
狭く偏ってしまう危険がある。』という意味。

(※ネット検索より引用しました。)

そう、広く学び、自分の考えをはっきりと大局的に捉え表現する。
問題解決の力をつける。
学校を卒業した後は
よりよく社会で自己実現するために。また、大きな目標を達成する為に
一生、学び続けるのかな...と思いました。


情報が溢れるこの社会の中で、何が正しくて、何を選びたいのか、
惑わされずに、自分軸を持つ。
難しいけど、精神の奴隷にならないためにも、自分も学び続けたいと思いました。



(※日本のことについても、言及してましたが、
それも、長くなりそうなので、また機会があれば、書こうと思います。
長々と書いてしまい、お付き合い下さってありがとうございました。)
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。