うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「はだしのゲン」閲覧制限に思う
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
松江市の小中学校では中沢啓治さんの「はだしのゲン」の閲覧制限をしたことが話題になってますよね。

みなさんは、「はだしのゲン」読んだことありますか?

かえるままは、子供の頃は読んだことなかったです。

その存在は友達から聞いて、知ってましたが。

かえるままは元来、ホラーやグロい系がダメなんです・・・

話しを聞いただけで、「読まない」と自分で決めました。

子供でも、自分で取捨選択出来ますよ。

我が子が小学2年生になった時、クラスで「はだしのゲン」ブームがあった様です。

図書室で奪い合ってかりてたそうです。

それで子供が「今年の誕生日プレゼントに『はだしのゲン』を買って欲しい」と言われ、わが家にある次第です。

(purotokoさん、ありがとうございます!)




これは確かに、残虐なシーンもあります。

日本軍がやってなかったことにしたいシーンもあります。

しかし実際の戦争の方が、二次元の世界よりも残酷です。


子供の権利条約」(ユニセフ

の大きな柱の一つに「育つ権利」があります。

こどもは生まれながらに教育を受ける権利を持ってる。

休んだり、遊んだりすること、様々な情報を得、自分の考えや信じる事が守られることは自分らしく生きるために

必要なことだと記載されてます。


※{子供の権利条約17条}

児童が国の内外の多様な情報源からの情報および資料を利用する事が出来ることを確保する。





今、教育で、すごく、ものすごく大事な事って、自分を大切にすることを教えることなんじゃないかな?って思います。

こういうことがあっても、多分松江市の小中学校の子供が「教えろ、見せろ」的な暴動なんか起こさないと思います。

自分は知りたいと思ったとしても、自分より周りを大事にして黙ってしまう。合わせてしまう。

空気読みすぎる、これが日本全体を覆ってる鬱々として、希望の持てない若者を作ってるのではないかと思うんです。


私ごとですが、正直に言いますと、「絆」という言葉にアレルギーを持つようになってしまいました。
(ぽぽぽぽ-ん♪の音楽も同様)
善意の強制を無言の圧力として感じる様になってしまいました。
「自粛」という言葉には、ファシズム的な恐怖を感じる様になりました。
(※誤解のないよう記述しておきますが、自分から自発的な行動は、別です。言葉の問題です。)

元来、日本人は、(人間は)空気読むんですよ。
人間にはミラーニューロンがあって、自分以外の人に共感してしまう能力を持ってるんだと思うのです。
そうやって「生きてる自分の悩みなんて、沢山の死を目の前にしたら、なんとちっぽけなんだろう」と飲み込んでしまうのです。
「欲しがりません勝つまでは」的な考えは3.11以降の日本にも蔓延してると言えるでしょう。

今回の件で、「はだしのゲン」を改めて読んでみて、

戦争の悲惨さもさることながら、ゲンの生命力、生きる力に感銘を受けました。

この子は、なんと逞しいのだろう?「サバイバル」のサトル君を思い出しました。

これからの時代、「サバイバル」の様に生きるための技術も教えるべきだと思います。

横道にそれましたが、教育は「自分を大事に、たくましく生きる力」「やる気」これらを大切にしていくべきだと

思った次第です。

また、前の記事にも書きましたが、今後はますます、戦争体験の語りべが少なくなりつつあって、こういう書物や

映画、ドキュメンタリーなどが残されるだけの時代が来るでしょう。この本を伝え、後生に残すことも日本人とし

ての責任なのかもしれません。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

少し前ですが、テレビで外人がこの「はだしのゲン」を読んでいれば原爆投下はなかっただろうと言っていました。私は読んではいませんが生きる尊さを知ってもらいたいものです。
purotoko | URL | 2013/08/19/Mon 18:15 [編集]
よくわかりますよ・・・
かえるママさん、こんばんは^^

はだしのゲンは私も読んだ事ないんです
そういう本がある という程度ですね。

今日のかえるママさんの記事を読んでいて
(何度も読み返しました)
ん・・・ なんて言ったらええんでしょ?
このコメ欄では書ききれないですよ。

私の記事でも書いたように
教育て難しくデリケートな問題ですよね
時代時代で移り変わってもいますが
戦時中であっても
この のほほんとした現代であっても
人間としての本質は同じであるはずです。
(表現方法は変わるかも知れませんが)
そもそもシンプルなはずなんですがね・・・

文章にすると誤解を招きかねないんで
こんなもんにしときますが
こういう話は じっくり腰据えて
さしつさされつ?
ゆっくりお話出来る時がくればいいですね。(^-^)

最後になりましたが・・・

何で写真横向きやねん!

だはははは~!(*^^)v
かのぼん | URL | 2013/08/19/Mon 21:16 [編集]
同感です。
かえるママさん、久しぶりです。

はだしのゲンは、私も小学生の時に少し見ましたが、
かなりのインパクトで、読めませんでした。

あの本は、かなり戦争をリアルに描いていると思います。
読みたい子がおられたら、読んでも良いかと思います

今だったら、読んでみたいです。

というのも、こないだは NHKでも 戦争についてやっていて、
色々 考えさせられました。
(現在、政府から 一般市民への空襲被害への保障、謝罪は されていない)

現代は 何もかも きれい事で済まそう、
昔、日本政府がしてきた事を隠そうみたいな 風潮ですが、

戦争が終わって、60年以上経ってもなお、
戦争の事で悩まれてる方、苦しんでおられる方は 沢山いる事を知りました。
cael | URL | 2013/08/19/Mon 21:45 [編集]
はだしのゲン!何冊か図書館で読んで
いつかそろえたいと思いなかなかなの。

戦争の漫画なら子供も読みやすいし
やはり忘れてはいけない事ですよね。
決して過去の話ではなく
これから未来にも関係してくる、重大な事も
大事な事も載っていますものね。

本当に今の時代、自分を大事に~てすごくテーマですよね。
もちろん自ら命を絶つことの意味もありますし

他人に危害を加えたりしているのも
大人が?え?ちゃんと良いこと悪いことわかる年齢なのに?
自分を大切にしていないってこと。だから他人を傷つけている。

とか思いますよね。
これ永遠に書いてしまいそうなので・・・(;^-^)

何をすべきか今後の課題がみんなに
かかってますね。
自分の課題も出来ないので偉そうな事かけないのですけどね(;^-^)

*あ~やはり帰ってきたら23時半!足が棒です~~(;^-^)
レポは9月になるかも^^
桃咲マルク | URL | 2013/08/20/Tue 01:39 [編集]
こんばんわ★
まったくおっしゃるとおりです!!( ^.^ )y
ちょうど自分のブログでも「はだしのゲン」取り上げたところでした

鷹虎さんブログのコメントみて、おお!!!っ思いました(笑)
N郎♪ | URL | 2013/08/20/Tue 02:53 [編集]
私が子供の頃だと漫画は基本的に置かないような学校の図書室にあったもんですし、多感な時期に読んでおいた方がよいもの扱いなのか、むしろ読むのを推奨しているような感じだったくらいでしたから読んだ覚えはあります。

教育委員会がおかしい、みたいなのはあちらこちらで言われたりしてますけど、こういう風に閲覧制限をするのはなんかおかしいですよねー
カテンベ | URL | 2013/08/20/Tue 07:31 [編集]
おはようございます。
読んだことはありませんが、多くの人がこの作品を大事にしていて、世界に広めようと頑張っているのは知っていたので、この出来事は残念です。
抗議の声もあがっているようだし、はやく松江市の子供たちの手に返してあげてほしいですね。
逆に興味を持って読む人が増えたりして!
宵乃 | URL | 2013/08/20/Tue 07:37 [編集]
purotokoさんへ
>テレビで外人がこの「はだしのゲン」を読んでいれば原爆投下はなかっただろうと言っていました。
なるほど、とても逆説的ですが、これが現実ですよね。
アメリカ人が、「この戦争を早く終わらせるために、原爆投下は必要だった、良い事だった」と言ってるのを聞いたとき、このマンガを読ませてあげたいと思いました。
世界にも広くしってもらいたいマンガです。
いつか機会があったら、purotokoさんも是非ご覧になってみて下さいね。
かえるママ21 | URL | 2013/08/20/Tue 09:31 [編集]
かのぼんさんへ
かのぼんさん、こんにちは。

そうなんですね。
かのぼんさんも、機会があったら「はだしのゲン」読まれて下さいね。

うんうん、コメントに苦慮されてるのが、伝わります。

時代は進化してますので、教育もどんどん進化するのだと思います。
パソコンの普及で、情報だって、飛躍的な量を知ることができるんですし、知識のみならず、人間としての生き方、幸せの模索というのは、テーマでしょうかね。

そうですね。

>こういう話は じっくり腰据えて
>さしつさされつ?

....って、ナイフで、じゃないですよね?(笑)笑えないですね。
流血の惨事ですね。
だははは〜。
かえるママ21 | URL | 2013/08/20/Tue 09:41 [編集]
caelさんへ
> かえるママさん、久しぶりです。

お久し振りです!
お元気ですか?


> はだしのゲンは、私も小学生の時に少し見ましたが、
> かなりのインパクトで、読めませんでした。

そうでうすよね。
皮膚が焼けただれて、振り袖の様に垂れ下がってる絵や、ガラスが体中にささって、シャリシャリ音をたてながら歩いたり、生きてるのに、火傷からうじが出て、箸でつまみながら、死を待つなどなど....
字で書くだけでも、随分、衝撃的ですよね。
絵でもショックが大きかったです。



> あの本は、かなり戦争をリアルに描いていると思います。
> 読みたい子がおられたら、読んでも良いかと思います
>
> 今だったら、読んでみたいです。

そうなんですよね。
ショックが大きいかもしれませんが、現実のことだし、こんなことは二度とあってはならない、絶対に戦争には反対し続けよう!と心に誓えますよね。



> というのも、こないだは NHKでも 戦争についてやっていて、
> 色々 考えさせられました。
> (現在、政府から 一般市民への空襲被害への保障、謝罪は されていない)

色んな角度や、色んな書物やテレビ、ひとつだけではなくて、多角的に見て、自分なりに理解するというのは大事なことですね。
情報がひとつしかないのは危険だな、と最近思う様になりました。
大局的に捉えて、判断しないと。

> 現代は 何もかも きれい事で済まそう、
> 昔、日本政府がしてきた事を隠そうみたいな 風潮ですが、
>
> 戦争が終わって、60年以上経ってもなお、
> 戦争の事で悩まれてる方、苦しんでおられる方は 沢山いる事を知りました。


そうなんですよね。
そういう語りべが、沢山語って下さることはとても貴重だし、時間も限られてると思います。
戦争そのもののトラウマたるや、多くの日本人の運命をも狂わせたと思います。
家族はひきさかれ、健康を奪われ、青春を奪われ.....何より命があたり前の様に奪われたのが戦争ですものね。

かえるママ21 | URL | 2013/08/20/Tue 09:54 [編集]
桃咲マルクさんへ
マルクさん、お帰り〜〜。
遅かったのに、疲れてるのに、来てくれてありがとう!
疲れた時とか、かえるままのコメントは、気にしないでね。
マルクさんの体が大事だからね。
待つとこで、スマホ充電出来た?気になってたの。

「はだしのゲン」
これ、結構グロいシーンが多くて、残虐なシーンもあるから、どうかな、って思うけど、
実際の戦争はもっとみなさん、大変なご苦労されてたんですものね。

さすがに、小2だった子どもに誕生日プレゼントに『はだしのゲン』って、どうなの?」って思ったんですが、
当時の学校の担任の先生も、「きっと、大丈夫ですよ」と後押しして下さって、とても心が軽くなりました。
「トラウマになるかも」って先生がおっしゃってたら、多分、この本買わなかったと思うし、
リアルな戦争、原爆の恐ろしさも知ることなく、いたでしょうね。
って思うと、当時の担任の先生に感謝です。

そうそう、自分を大事にできないと、他人も大事にできないんですよね。
他人を傷つけて、平気な人はとても不幸な人ですよね。見てても分かるものね。
自分を犠牲にして、他人のために....って、美談化されるかもしれないけど、それは、本当は違うと思う。
「自分が喜んで他人の為にすることが、自分の喜び」ってことは、あっても。

マルクさん、いつも優しいコメントありがとう。

かえるママ21 | URL | 2013/08/20/Tue 10:09 [編集]
N朗♪さんへ
N朗♪さん!こんにちは。
初コメントありがとうございます〜!

かえるままはN朗♪さんに、何度かコメントしようと試みたんですが、コメントは入らなかったので、諦めていつも読み逃げで、失礼致しました。
こうして、お話出来て嬉しいです。

かえるままがブログを始めた、初心者の頃から、毎日ではないけど、長きにわたって訪問して下さってて、嬉しいです。
かえるままがブログを始めた頃は、あまり訪問者もいなくて、N朗♪さんの音楽を通して情熱溢れるブログに感銘を受けてました。
音楽、バンドやってる友人も多くいますので、親しみを覚えてました。
ありがとうございます!
いつも、訪問したときは応援ポチしてましたよ。動画も見てます。

って、一気にお話してしまいましたが、
N朗♪さんのとこに、多分?コメント出来ないと思うので?
こちらで、色々と今までのお話をしてしまいました。
鷹虎さんとも、お友達になれて、感謝です。
N朗♪さんも、「はだしのゲン」を取り上げられたんですね。
それは、早速訪問させて頂きますね。

これからも、応援させて頂きます。
また、お気軽に入らして下さいね。
かえるママ21 | URL | 2013/08/20/Tue 10:18 [編集]
カテンベさんへ
そうですね。
図書室で、唯一マンガがあったのが、この「はだしのゲン」でしたよね。

本記事に、肯定的なコメントありがとうございます。
かえるママ21 | URL | 2013/08/20/Tue 10:20 [編集]
宵乃さんへ
おはようございます。
そうですね。世界にも発信されてますし、「読んで置きたい歴史マンガランキング1位」でもあったのに、残念な出来事でしたね。
本当に、おっしゃる通りだと思います!
この本が、注目されて、読者が増えそうですよね。
かえるままだって、子どもの本棚に眠っていた、この「はだしのゲン」を再び読んだんですもの。
逆に、宣伝になったかも。(笑)
かえるママ21 | URL | 2013/08/20/Tue 10:27 [編集]
私は「はだしのゲン」がリアルタイムにジャンプで連載されていた時代の
人間ですが(笑)私は読まないって思ったし、多分ガラスのハートの
息子にはまだ読むには早すぎるかもなって思います。
でも閲覧制限をかけるのはちょっと解せないです。なんで今頃かしら?

私は島根県の隣の県だったので、あの地方の保守体制は身にしみて
知ってるんですけどもっと早くにかけてるならともかくなんで今なんでしょうね。
クレーマー対策なのかしら?

最近レンタルビデオ屋に久しぶりに行ってすごく驚いたのがR指定が
ものすごく多いんですよ。この映画のどこがR指定なの?っていう映画が
R指定なんです。同じ表現でもR指定してないものもあるし。
基準がわかんないです。でもレンタル屋で見た印象で言えば
「はだしのゲン」は明らかに今の時代だったらR指定ですね。
なんかどうなってるんでしょうね?なにかおかしいですよね。
この松江市の小さい街でのことを全国区のニュースで取り上げるのも
おかしい。

基本的に何かに制限をかけるのは好きではないし、表現の自由を
脅かされているようで、検閲のようでなんだか怖いです。
誰の言葉だっけ?「書物を焼く国は、やがてその国民も焼くであろう」
こうならないといいですけどね
まなみ | URL | 2013/08/20/Tue 15:40 [編集]
「はだしのゲン」の閲覧制限は学校だけで図書館は見れるそうです。是非子供にも読んでもらいたいです。
それぞれ子供の感じるところは違いますが、生きることの大事さを読み取ってもらえればと思います。
purotoko | URL | 2013/08/20/Tue 19:10 [編集]
かえるママ21さんへ!!
おばんです!
リンク有難うございます!
「はだしのゲン」は市教委の態度は問題と思いますねー、確かに過激ではありますが子供たちへの原爆の怖さや戦争への怖さを教えるにはやむを得ない本だと思います。
荒野鷹虎 | URL | 2013/08/20/Tue 21:53 [編集]
松江市の話は知らなかったです。
はだしのゲンは私はまだ読んだことがありません。
被爆した方が描かれたんですよね。
だから真実味があって、それがきっと物議を醸し出しているのかもしれませんね。
たぶん、これが普通の本屋さんにおいてあったら、買う人はあまりいないかもしれません。
学校など、図書館に置かれているから、これだけの話題本になったのでしょう。

今、就活での面接では学歴よりもコミュニケーション能力が問われているみたいです。
主人も面接官をやったことがあり、東大生でもいろいろ聞いていくと、職場で本当にやっていけるかどうか疑問に思う学生もいるようです。
いい意味で自己主張ができる、意見の言える人が、これからのグローバルな社会では必要になってくるでしょう。
自分を大切にするというのは、自分を抑えて他人とうまくやっていくのではなく、他人が自分の方に向いてくれるような、きちんとした考えをもった魅力的な人間になることだと思います。
これは日本の外交にも言えますね。


MIUMIU 美雨 | URL | 2013/08/20/Tue 23:05 [編集]
『はだしのゲン』、小学校の時読みましたよ。
ええ、かれこれ、20年以上も前なのかと(苦笑)。

学校の、教室の本棚にありました。
担任の先生も読んでいて、オススメ向きの本でしたので、
読みました。怖いシーンもありましたが、禁止まではどうかなとも思います。
私の祖母は戦争体験者ですが、話したく無いと言ってましたし、
何かしらの伝える物は、必要では無いかと。

小学生だったら、読まない選択もありますし、
隠れてでも、読んでみたいと思うかもしれません。
どこまで規制するかは難しいですが、
読んだ物としては、完全に読まれなくするのは、残念です。

授業で取り上げるのも、有りだと思うんですけどね。
たしか、私は、歴史の授業でこの漫画の存在を教えてもらいましたよ。
田中雨月 | URL | 2013/08/20/Tue 23:28 [編集]
まなみさんへ
> 私は「はだしのゲン」がリアルタイムにジャンプで連載されていた時代の
> 人間ですが(笑)私は読まないって思ったし、多分ガラスのハートの
> 息子にはまだ読むには早すぎるかもなって思います。
> でも閲覧制限をかけるのはちょっと解せないです。なんで今頃かしら?

あ、かえるままはどうなんだろうな。
友達が、怖がりのかえるままをからかうのに、「はだしのゲン」の話を、グロい部分をわざと言ってきて、「やだー」って反応したんだけど、小学校の図書室にこの本があったかどうかは疑問です。
その友達、中学も一緒だったから、中学校なのか小学校なのかも、記憶ないです.....

本人が、好奇心でも学習意欲でも、とにかく「読みたい!」と思ったら良いと思いますが、
押し付けて読ませるものでもない代わりに、制限するものでもないですよね。
ほら、まなみさんの前に「金閣寺」の記事、あったでしょ。
ガラスのハートの時代だからこそ、強烈なインパクトで、人生観に与えるものって大きいと思います。
思春期に読んで、涙したり、眠れないほど、ドキドキした本を、
今、読んでも「そうでもないな」なんて鈍感になってる自分もいたりして、
また、別の角度から読んでたりで、本当に本は、面白いですよね。
自分という動体で、球体の心にも発見があって、驚きます。



> 私は島根県の隣の県だったので、あの地方の保守体制は身にしみて
> 知ってるんですけどもっと早くにかけてるならともかくなんで今なんでしょうね。

かえるままは、「島根県」というと、すぐさま松本清張の「砂の器」を思い出します。
そちらの地方は、ほとんど知らないので、それが強烈なインパクトとして残ってますね。

> クレーマー対策なのかしら?

確かに、そう思ってしまいますよね。
過剰というか。過敏というか?


> 最近レンタルビデオ屋に久しぶりに行ってすごく驚いたのがR指定が
> ものすごく多いんですよ。この映画のどこがR指定なの?っていう映画が
> R指定なんです。同じ表現でもR指定してないものもあるし。

ああ、わかります。
子どもの名前で作ったレンタルのじゃ、全然、なーんにもかりられませんもの。
びっくりしますよね?

> 基準がわかんないです。でもレンタル屋で見た印象で言えば
> 「はだしのゲン」は明らかに今の時代だったらR指定ですね。
> なんかどうなってるんでしょうね?なにかおかしいですよね。
> この松江市の小さい街でのことを全国区のニュースで取り上げるのも
> おかしい。

ネットの署名なんかあっという間にものすごい人数が集まったみたいですよね。
このスピードの早さが、現代を表してますよね。
きっと、松江市もビックリしてるのではないでしょうか。


> 基本的に何かに制限をかけるのは好きではないし、表現の自由を
> 脅かされているようで、検閲のようでなんだか怖いです。

そうなの。
表現の自由は特に、特に、守っていかなくては気がついたらなくなってる、という事態になりかねない権利ですよね。
そこも、今回、この記事で言いたかったことです。
空気読みすぎて、我慢しすぎて、なんか為政者の思惑通りに事が運ばれる、そんなことになったら怖いです。
他人の権利を侵害しないかぎり、表現の自由は確保されるべきです。

> 誰の言葉だっけ?「書物を焼く国は、やがてその国民も焼くであろう」
> こうならないといいですけどね

さすが、まなみさん!
「ナチスドイツの焚書」を思い出させますよね!!
素晴らしいコメントで、まじ、惚れるわー。
かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 09:29 [編集]
purotokoさんへ
purotokoさん、こんにちは。
ありがとうございます。
そうですね。この騒動で、返ってクローズアップされた「はだしのゲン」をこの機会に、興味を持った子ども達が読んでほしいと思います。
多感な頃は特に、戦争の悲惨さ、生きることの大切さを、感じるでしょう。
かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 09:32 [編集]
荒野鷹虎さんへ
おはようございます。
こちらこそ、リンクありがとうございます。
リンクと言えば、荒野鷹虎さんは、リンク先に将棋、囲碁のリンクが多かったですが、ご趣味でなさるのですか?
もしそうなら、ご相談したい事があったので、またお知らせ下さいね。

「はだしのゲン」は、原爆の恐ろしさや、戦争の実態を子供達が学ぶ機会を奪わないで頂きたいと思いましたね。
コメントありがとうございます!
かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 09:35 [編集]
MIUMIU美雨さんへ 
おっしゃる通りですよね。
多くの学校で読んでいい唯一のマンガの本がこの「はだしのゲン」ですもの。
本当に原爆、戦争のリアルな話はそれを経験した事がなければ知りえない事が沢山あって、とても衝撃的でした。かなり、描写は残酷なシーンもありますが、それは現実ですし、それをベールに包んだ表現をしては、戦争の真実は理解できないと思います。
「風たちぬ」の様にソフトに表現するものがあっても良いですが、真実を伝える書物も重要かと思います。
沢山、伝えるものがある方がいいと思います。

なるほど、コミュニケーション能力が問われてるのですね。
確かに、これからますます国際化されて、若い人達には、どんどん世界を相手に活躍してもらわなくては、日本は先細りですものね。
ご主人は採用の面接官をされたことがあるのですね。
何かの本で読みましたが、松下幸之助さんの本だったかしらね?記憶が曖昧ですが、同じ様に、会社の組織の中で、うまくコミュニケーションしていくのは重要なことの様ですね。
その会社の面接の最後に「自分の事が好きかどうか」を聞くそうです。
自分の事が好きと答える人は、他人ともうまくコミュニケーションしてやっていけるそうです。
これは、ドキッとしました。
かえるままは自分が好きかどうか聞かれたら、なかなか「はい!」と、答える事ができるか...と。
深くてシンプルな問いですね....


> いい意味で自己主張ができる、意見の言える人が、これからのグローバルな社会では必要になってくるでしょう。
> 自分を大切にするというのは、自分を抑えて他人とうまくやっていくのではなく、他人が自分の方に向いてくれるような、きちんとした考えをもった魅力的な人間になることだと思います。
> これは日本の外交にも言えますね。

おっしゃる通りですね!
外交は特に、待ったなしですよね。
難しいけど、本当に深くて素晴らしい事を、おっしゃって下さってありがとうございます!!
これは、実際に美雨さんが体現されてますね。

かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 09:55 [編集]
田中雨月さんへ
田中雨月さん、お久し振りです。
コメントありがとうございます。

> 『はだしのゲン』、小学校の時読みましたよ。
> ええ、かれこれ、20年以上も前なのかと(苦笑)。

そうなんですね。
田中雨月さんは小学生で読まれたのですね。

> 学校の、教室の本棚にありました。
> 担任の先生も読んでいて、オススメ向きの本でしたので、
> 読みました。怖いシーンもありましたが、禁止まではどうかなとも思います。
> 私の祖母は戦争体験者ですが、話したく無いと言ってましたし、
> 何かしらの伝える物は、必要では無いかと。

そうですよね。
雨月さんは、九州のご出身ですものね。
長崎では被爆体験をされた方も多いことでしょう。
あまりの、戦争体験の辛さが、トラウマで語りたくない人も多いでしょうね。
おばあちゃんも、そうだったのでしょうね.....(涙)
 

> 小学生だったら、読まない選択もありますし、
> 隠れてでも、読んでみたいと思うかもしれません。
> どこまで規制するかは難しいですが、
> 読んだ物としては、完全に読まれなくするのは、残念です。

そうなんです、そうなんです。
この「はだしのゲン」を読む機会を奪うのは残念なことですよね。


> 授業で取り上げるのも、有りだと思うんですけどね。
> たしか、私は、歴史の授業でこの漫画の存在を教えてもらいましたよ。

そうなんですね。
授業で取り上げられたのは、進んでると言えますね。

確かに、先生も、推奨してましたよね。
うちの子どもが「誕生日プレゼントに買ってほしい」と言われたときも、ちょっと当時の担任先生に相談しました。
やっぱり、小2の子どもにはどうなの?って思ったんですが
この中のゲンも、ちょうど小2だったんですよね.....
小2だろうと、いくつだろうと、多くの人が被爆を、戦争を、実際に体験したんですよね。
多くの、赤ちゃんから子ども、大人も、こんな悲惨な戦争を.....望まない戦争体験を強いられた、日本人は、どれほど大変なご苦労されたろう、ということが、これを読むとよく分かりますね。

かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 10:08 [編集]
かえるママ21さま
こんにちは。お久しぶりです。
読み逃げばかりで、ごめんなさい。

ka・renは現在は大阪在住ですが
もともと広島県民なので、原爆資料館にも行きました。
思い出すと、今でも怖くなります。

「絆」って、ムリに作るもんじゃなくて、自然にできるもので
「自粛」って、強制されてするものじゃなくって
自ら考え、そっと静かに行動することなんでしょうね。

みんなと一緒は安心の材料。
これが、違った意味での圧力になってしまうのかも・・・しれませんね。
ka・ren | URL | 2013/08/21/Wed 11:40 [編集]
かえるママ21 さんへ!!
囲碁、将棋は趣味でアマチュア有段ですが最近はソフトで一人で楽しむ程度です。
それも指の腱鞘炎でマウスを使う事を控えなさいと医者に言われほとんどしていません。汗)
荒野鷹虎 | URL | 2013/08/21/Wed 11:49 [編集]
karenさんへ
いえいえ、とんでもありません。
こちらこそ、いつも訪問して、応援ポチのみでした。

そうですよね。覚えてますとも。
「ブログdeうまいもの市」では、広島県のクラスメートの有名な「高級メロンパン」を出されたんですよね。
本当に、あの記事、karenさんの「高級メロンパン」で涙が出ました。
(呉市でしたよね。)
広島県のご出身であれば、戦争や原爆に関して思うところは、特別なものがあるのではないでしょうか。

そうですよね。
誰も言わなくても、なんとなく強制される空気感が、あるのかな、と思います。

本当に心が、繋がってるのは、素敵な事だと思います。

そうそう、karenさんがおっしゃる通りだと思います。

分かって下さってありがとうございます。




かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 14:33 [編集]
荒野鷹虎さんへ
> 囲碁、将棋は趣味でアマチュア有段ですが最近はソフトで一人で楽しむ程度です。

そうなんですか!素晴らしいですね!段をお持ちなんですね。
かえるままは、全然ダメなんですが、子どもが(小3)将棋に興味を持って、将棋道場みたいとこ、探してます。
一度、体験に行ったんですが、子どもの前でお金を賭けてたらしく.....(汗)二度と行ってません。
パソコンでもやってます。

> それも指の腱鞘炎でマウスを使う事を控えなさいと医者に言われほとんどしていません。汗)

「クリック症候群」って今結構流行ってるみたいですね。
お仕事でパソコン使う方とか....
お大事になさって下さいね。
かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 14:38 [編集]
今は日本の古き良き物がだんだんなくなって行っています、後生に残したいものは是非残したいですね!
関東地方も雲ゆきがおかしくなってきています。夜は雨のような気配です。
天気がカラット晴れていないので、非常に蒸しています。
purotoko | URL | 2013/08/21/Wed 16:03 [編集]
追伸
正常な向きはこちら、下のタグを記事編集にコピペして貼り付けてください。
前の横向きのタグは削除してください。
<a href="http://blog-imgs-50.fc2.com/r/a/c/rachina/IMG3468201308211608.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-50.fc2.com/r/a/c/rachina/IMG3468201308211608.jpg" alt="" border="0" width="535" height="400" /></a>
purotoko | URL | 2013/08/21/Wed 16:27 [編集]
「はだしのゲン」は少年ジャンプでオンタイムで見てました
当時は小学生だったので
時代背景や漫画の意味までは分かりませんでしたが、、、、、
この漫画を読むことを制限する権利は
大人には無いと思うんですよね
むしろ残虐性を映画ではなく漫画の方がオブラートに包まれていいと思うんですよね
加夢 | URL | 2013/08/21/Wed 16:51 [編集]
purotokoさんへ
本当に、残すべきものを、しっかり残さなくてはなりませんね。

ヘンな天気です....
突然、なぐりつけるような雨が降って来たり、また晴れたり....
その繰り返しです。天気がヘンです。
かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 19:04 [編集]
purotokoさんへ
ありがとうございます!
ちゃんと見れるようにになりました。
すごいですね。よく分かりますね?
かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 19:12 [編集]
加夢さんへ
さすが、加夢さん。
小学生の時に、読まれたんですね。
「映像は、リアルよりもマンガの方が、オブラートに包まれてる」
確かにそうですよね!?
昔の人気アニメも実写版とかになると、いきなりリアリティ溢れて、なかなか違うイメージなってしまいますよね。
全身にガラスが刺さってる絵や、皮膚が焼けただれて、振り袖の様になってる姿は、マンガだから受け入れられるんですよね。
マンガと言葉で、想像力を駆使して、考える。それが「はだしのゲン」の魅力かもしれません。
グロいシーンは、スルーも出来るし、立ち止まって考え続ける事も出来る。
すばらしコメントありがとうございます。
かえるママ21 | URL | 2013/08/21/Wed 19:22 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/08/21/Wed 20:38 [編集]
もっともです。なんか政府までもが一丸となって、自分たちの歴史認識に都合が悪い存在を抹殺にかかっているのではという疑念すら覚えます。

そんなことをする国が、よい方向に進んだ例は古今ないのですが……。
ポール・ブリッツ | URL | 2013/08/21/Wed 21:23 [編集]
お久しぶりです
お久しぶりです。
今年は残暑も厳しそうですね。
こちらは夜だというのに30℃を超えています。

はだしのゲンはアニメで見ただけなので、本作の詳しい内容は分かりませんが、「戦争」のファクターの中に残虐行為や不条理な出来事、死そのものが切っては離せないものが存在するものであるし、そこで描かれる登場人物の悲哀を感じ取ることで戦争の悲惨さをひしひしと感じるものだと思います。

世の中が何となくイージーに生きることがカッコいい雰囲気が漂っていて、過去の名作を今の子供たちがどう感じるかは分かりませんが、ネットが普及して自分を映す鏡が他人の価値観の中にあるという残念な風潮になってきているように思います。

ネオセレブリティーや過剰なまでの構ってチャン、ツイッターで披露される全く感心できない画像投稿・・・。
他人の評価≒アイデンティティーというご時世にも思えます。

悩みや不安を抱えている時に、「星空を見ればいかに自分の悩みが小さいか分かるから」などというアドバイスと同じで、「もっと辛い人がこの世界にはいるから」という言葉をたまに聞きますが・・・。

そう言われても、悩みが軽減されるどころかフラストレーションが溜まると思うのは私だけではないと思います(笑)

サバイバル、いい漫画ですね。たまに押し入れから引っ張り出して読み返していますよ。
アリー | URL | 2013/08/22/Thu 00:16 [編集]
鍵コメさんへ 
ありがとうございます!
早速、行ってみましたよ。

> なんかこういう記事みつけたよ
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130821-00000111-jij-soci

本当ですね。
なんでしょうね?
本気で言ってるのかな。
残念ですよね。


かえるママ21 | URL | 2013/08/22/Thu 12:42 [編集]
ポールブリッツさんへ
本当ですよね。
おっしゃる通りです。
政府が「あれはねつ造だった」という事にするために、都合悪い部分を、なかったことにしようとしてるんでしょうかね。本気で、そう思ってきましたよ。

守っていかなくてはならないですよね。
まなみさんのコメントでありましたが、
「書物を焼く国はやがてその国民も焼くであろう」
「ナチスドイツの焚書」を思い出させますね。
かえるママ21 | URL | 2013/08/22/Thu 12:48 [編集]
アリーさんへ
> お久しぶりです。
> 今年は残暑も厳しそうですね。
> こちらは夜だというのに30℃を超えています。

アリーさん、お久し振りです!
お元気でしたか?
夜で30℃超えるなんて、どんなんでしょうね。
きっと、寝苦しいでしょうね。
こちらは、夜は寒いくらいで、もう窓を開けて寝ることはなくなりました。(寒すぎて)
日中は、暑い日もありますが、30℃は超えてないです。
本当に本州の方達は、大変な猛暑の中、頑張っていらっしゃると思うと、尊敬の念を覚えます。
どうぞ、熱中症などで倒れない様に、体を大事にご自愛下さいね。

> はだしのゲンはアニメで見ただけなので、本作の詳しい内容は分かりませんが、「戦争」のファクターの中に残虐行為や不条理な出来事、死そのものが切っては離せないものが存在するものであるし、そこで描かれる登場人物の悲哀を感じ取ることで戦争の悲惨さをひしひしと感じるものだと思います。

本当に、不条理なんですよね。
戦争って、自分の責任じゃなく始められ(特に、子どものゲンには)
一般市民が、多く犠牲になって、運命を翻弄され、命を犠牲にされ、何もかも奪われ....
大変な不条理を生きなくてはならない中でも、希望を失わずに、明るく前向きに生きようと歯を食いしばってる....
私たちも、子ども達も、今生きてる人で、「赤紙が来たら」と考えることもないです。


> 世の中が何となくイージーに生きることがカッコいい雰囲気が漂っていて、過去の名作を今の子供たちがどう感じるかは分かりませんが、ネットが普及して自分を映す鏡が他人の価値観の中にあるという残念な風潮になってきているように思います。
>
> ネオセレブリティーや過剰なまでの構ってチャン、ツイッターで披露される全く感心できない画像投稿・・・。
> 他人の評価≒アイデンティティーというご時世にも思えます。

そうそう!そうなんですよね。
ネットとの付き合い方、そういうものも、私たち自身、習ってなかったし、これから、どうやって利用するのか、ネットの中での脆弱な人間関係に安住するのか、他人の価値観の中に見出すのか、リアルの自分とどう向き合うのか。逃げ続けることも出来るし、向き合う事も出来る。


> 悩みや不安を抱えている時に、「星空を見ればいかに自分の悩みが小さいか分かるから」などというアドバイスと同じで、「もっと辛い人がこの世界にはいるから」という言葉をたまに聞きますが・・・。
>
> そう言われても、悩みが軽減されるどころかフラストレーションが溜まると思うのは私だけではないと思います(笑)

そうですね。
そういう心ない言葉のストレスは、計り知れないものがあります。
これも「虐待」に等しい様です。(←こころの講座で習って来たばかり。)
そう言った、レベル1とかレベル2の虐待って、多く見過ごされてますが、こういうことも、我々社会全体として学んで行かなくてはならない課題ですよね。

> サバイバル、いい漫画ですね。たまに押し入れから引っ張り出して読み返していますよ。

本当に、このマンガもいいですね。
サトル君の、生きる能力の高さに、感心させられっぱなしですよね。
コメントありがとうございました!
かえるママ21 | URL | 2013/08/22/Thu 13:08 [編集]
かえるママさん、また来たよ^^

ありゃ?
写真が・・・
訂正されてる・・・
今気づきました。
ご苦労さまです。
だはははは~!(*^^)v

そちらはもう夏休み終わったんですか?
やっぱ短いんですね、
こちら今終わられたら大変ですわ
連続猛暑日 16日ですからねー(ノ_・,)
戦後新記録だそうです。
まだまだ暑い日が続きます
熱中症など気をつけてくださいね!(^_-)-☆
かのぼん | URL | 2013/08/22/Thu 17:07 [編集]
かのぼんさんへ
> かえるママさん、また来たよ^^

どうもどうも。
かのぼんさん、ありがとうございます。

> ありゃ?
> 写真が・・・
> 訂正されてる・・・
> 今気づきました。
> ご苦労さまです。
> だはははは~!(*^^)v

そうそう、見るに見かねたpurotoko さんが直して下さいましたよ。

> そちらはもう夏休み終わったんですか?
> やっぱ短いんですね、
> こちら今終わられたら大変ですわ
> 連続猛暑日 16日ですからねー(ノ_・,)
> 戦後新記録だそうです。
> まだまだ暑い日が続きます
> 熱中症など気をつけてくださいね!(^_-)-☆

そうなんです。
こちらは新学期が始まりました。
学校が始まると、またバタバタしてます。
お昼ご飯は、心配なくなりましたが。
暑いんですね。
本当、猛暑ですね。体が資本ですから、お大事にして下さいね。
残暑厳しいですが、夜になると、急に寒くなるんですよ。
もう、今だと、ひんやりします。
かのぼんさんや、クラッチマンさん、娘さん、ワンちゃん、猫ちゃん充分気を付けて下さいね。
水分とってね。
かえるママ21 | URL | 2013/08/22/Thu 19:48 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/08/23/Fri 09:54 [編集]
鍵コメさんへ
コメントありがとう~。ヘ(^o^)/
遅くなってごめんね。

> ブログからメール送るメールフォーム場所探したけど無い?
>
> 見落としてるかな?

いやいや、このブログ、ないのよね~。
どうしてかな。
って、最初の設定がないからかな。
どうやって設定するか分からないから、ついてないの。(^_^;)
でも、鍵コメあいてるから、大丈夫ですよー。
ごめんね。楽しみにしてます!
かえるママ21 | URL | 2013/08/23/Fri 11:56 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/08/24/Sat 20:11 [編集]
鍵コメさんへ 
そうだったんですね。
かえるままが、挑戦したのは、随分、前だったので、やり方も間違ってたのかな?って思います。

ありがとうございます!
これからも、末永くよろしくお願いします。
かえるママ21 | URL | 2013/08/24/Sat 21:29 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。