うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
渡辺淳一さんと札幌
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

札幌の花はライラック。

ライラックは、フランス語由来でリラとも呼ばれる。

ライラック◯◯と名前にライラックがつく施設も札幌には、数多くあります。

「リラ冷え」

5月下旬頃、ライラックが咲く頃に、温かくなったと思ったら、寒くなって季節が逆戻りしたかの様に

冷え込むことがある。そのことを札幌市民は好んで「リラ冷え」という。

本州の「花冷え」と同じ意味かと思う。

「リラ冷え」の言葉を世に知らしめたのも、渡辺淳一さんだと思います。

渡辺淳一さんが4月30日に亡くなられたとニュースで知りました。



去年子どもに本棚を明け渡すために、断舎離して、殆どの自分の本を処分してしまった。

そのうち20冊くらいは渡辺淳一さんの本だった。

ドロドロした大人の恋愛が多かったが、多くの舞台となる札幌の街並はとても美しく描かれていた。

和田心臓移植事件を告発した「白い宴」は

「脳死」ということがあまり分からない頃に読んだが、医学の世界で起きてる事実が衝撃的だった。


人身交通事故の恐ろしさ忘れられず、今まで自分が一度も人身事故を起こした事がなくいられるのも

「恐怖はゆるやかに」この本のおかげかもしれない。 

(駐車違反とスピード違反は、それなりにあるけど。)

その後も「失楽園」は流行語にもなったし、

「鈍感力」....小泉純一郎氏が「『鈍感力』が大事」と言ったこともあり、こちらも流行語となった。

映画作品になったもの多数あり、かなり世に影響を与えた作家さんであったと思う。

訃報にともない、キタラ音楽ホールの側に建つ「渡辺淳一文学館」を訪れてみた。

しかし.... 今日は休みでした。

その写真を載せます。

風邪をひいてしまったので、 桜も車の中から撮りました。

社会にも、自分にも影響をあたえた作家さんだと思います。

心から御冥福をお祈り致します。

渡辺淳一文学館の外観
IMG_4260_convert_20140507204915.jpg

駐車場
IMG_4259_convert_20140507204953.jpg

周辺。
桜が綺麗です。
IMG_4261_convert_20140507205924.jpg
夕暮れ
IMG_4262_convert_20140507205444.jpg
遠き落日
IMG_4267_convert_20140507205902.jpg
近所の桜の通り
IMG_4255_convert_20140507204808.jpg

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

渡辺淳一さんが亡くなられて驚きました。

知らない間に芸能人や文化人など亡くなられて
ほんとさみしいことですね。

私も小説が好きで千冊くらい家にあったのを
ブックオフに取りに来てもらったのを思い出します。
引っ越しして すぐね。

今はほとんど本を読まなくなりましたが、
渡辺さんの本も数冊ありました。

失楽園などドラマになったのも見たしねー
大人の愛が描かれていたけど今みるとまた
違う感じでみれるんだろうね?

主人公と同年代くらいになるのかな?(;^-^)
見ていたころはまだまだピチピチの頃だったし(;^-^)

かえるママさんお風邪大丈夫?
季節の変わり目だから無理しないでね。

車からの撮影落日~とても寂しさが見えました。

最後の桜も凄く色鮮やかで綺麗ね♪
桃咲マルク | URL | 2014/05/08/Thu 01:04 [編集]
桃咲マルクさんへ
> 渡辺淳一さんが亡くなられて驚きました。

そうですね。
やはり有名な文学者でしたものね。

> 知らない間に芸能人や文化人など亡くなられて
> ほんとさみしいことですね。

そうそう、子どもの頃から知ってる、芸能人や文化人が亡くなられてるのを知るにつけ、
月日がたったのだな....と実感しますね。
寂しいことです。

> 私も小説が好きで千冊くらい家にあったのを
> ブックオフに取りに来てもらったのを思い出します。
> 引っ越しして すぐね。

本も、思いきらないとなかなか処分できないですね。
いつかまた時間が出来たら読みたいな〜って思うったりすると、なかなか、ね。
ブックオフが来てくれるの?
すごいね。
千冊もあったら、持って行けないものね。


> 今はほとんど本を読まなくなりましたが、
> 渡辺さんの本も数冊ありました。

マルクさん、忙しくて、あまり時間がないものね。
ネットでも本を読めるのですよね?
かえるままはまだ、紙モノが好きだけど、近いうちにペーパーレスになりそうね。

> 失楽園などドラマになったのも見たしねー
> 大人の愛が描かれていたけど今みるとまた
> 違う感じでみれるんだろうね?

今ならどう感じるのかな〜...
怖いものがあるね。


> 主人公と同年代くらいになるのかな?(;^-^)
> 見ていたころはまだまだピチピチの頃だったし

そうそう!
昔は黒木瞳さんとか、大人の妖艶な色気の女性って憧れたものだけど....
今の自分は色気とは無縁だな〜〜。(;^-^)

> かえるママさんお風邪大丈夫?
> 季節の変わり目だから無理しないでね。

桜も咲いたけど、やっぱり風が冷たくて....
そちらは、もう温かいのでしょう?


> 車からの撮影落日~とても寂しさが見えました。

うん。
ちょっと寂しい気持ちで帰り道、夕陽を撮りました。
自分も人生の斜陽を迎えつつあるのかな...なんて思ってしまってね。

> 最後の桜も凄く色鮮やかで綺麗ね♪

最後のは昼間だったので、色も元気に撮れました。
かえるママ21 | URL | 2014/05/08/Thu 09:05 [編集]
ホントビックリでしたね
でも、映像見たら
お元気な頃と比べて、お顔が丸くなったので
お薬の影響があったのかなあ?
著名な方が亡くなると
そのあとに繋がる作家さんが
出てくるのか不安になりますが
今の若い方も、素晴らしい方が出てくることを
期待してしまいますね、、、、、
加夢 | URL | 2014/05/08/Thu 10:13 [編集]
加夢さんへ
> ホントビックリでしたね
> でも、映像見たら
> お元気な頃と比べて、お顔が丸くなったので
> お薬の影響があったのかなあ?


そうですよね。
お薬の副作用で、むくんでいたのでしょうか。
長きに渡って闘病生活をされてたとのことで、それも知りませんでした。



> 著名な方が亡くなると
> そのあとに繋がる作家さんが
> 出てくるのか不安になりますが
> 今の若い方も、素晴らしい方が出てくることを
> 期待してしまいますね、、、、、

そうですね....
新しい世代にバトンタッチしなければならないですね。
いい人材が育ってると期待したいですね。

著名な方が亡くなられるとまた一つの時代の象徴が、去っていかれたなーとしみじみ、寂しい思いになりますね。なんだか夕陽を見てたら、尚更、寂しい気持ちになってしまいました。
 
かえるママ21 | URL | 2014/05/08/Thu 20:42 [編集]
こんばんは
恥ずかしながら、ちぃとも読んでないので、うぉぉ〜、ホンマに?と衝撃をうけることはなかったんですけど
著名な方がお亡くなりになられると、ひとつの時代が幕を閉じる、みたいな感じにもなりますね

カテンベ | URL | 2014/05/08/Thu 20:55 [編集]
カテンベさんへ
> 恥ずかしながら、ちぃとも読んでないので、うぉぉ〜、ホンマに?と衝撃をうけることはなかったんですけど
> 著名な方がお亡くなりになられると、ひとつの時代が幕を閉じる、みたいな感じにもなりますね

いえいえ、恥ずかしいことはないです。
札幌出身の作家さんということで、特に札幌市民に愛されたのではないでしょうか。
本だけではなくて、ドラマや映画化されたものも、沢山あり「失楽園」は超有名でしょうかね。
そうそう、一つの時代が幕を閉じた感じがありますね。
かえるママ21 | URL | 2014/05/08/Thu 21:17 [編集]
こんばんは かえるママさん
渡辺淳一氏の文学館は
キタラの側だったのですね。
休館で残念でしたね。
お風邪は大丈夫ですか?
とても流行っていますものね。
どうぞお大事になさってね。
ちなみに私、失楽園は読んでいないの。
ひとひらの雪とか公園通りの午後とか好きでした。
たぶんまだ書棚にあると思います。
もう一度読んでみようかしらね。
イヴまま | URL | 2014/05/08/Thu 23:55 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/05/09/Fri 00:31 [編集]
「リラ冷え」って素敵な言葉ですね。
季節や土地柄が感じられる言葉は、どこか温かみが感じられます。
渡辺淳一さんの作品は一度も読んだ事がありませんが、かえるママさんにとって大切な方だったようで、本当に残念でしたね。

ところで、今月のブログDEロードショーはファミリー映画企画を行います。
家族で楽しめる作品ならジャンルは何でもOK!

観たい作品が決まらない場合は、私が観る予定の『イルカと少年(2011)』を見ませんか?
孤独な少年ソーヤーと傷ついたイルカとの絆を描いた、実話を基にしたファミリードラマです。

開催期間は2週間後の5月23日(水)~5月末まで。
よかったら今月もみんなと一緒に映画を楽しみましょう♪
宵乃 | URL | 2014/05/09/Fri 14:29 [編集]
こんにちは~^^
かえるママさん、こんにちは^^

札幌の花はライラックなんですか
名前は聞いた事ありますが
どんな花なんでしょう?
勝手に黄色の花をイメージしてますが・・・汗

リラ冷え おしゃれな言い回しで素敵ですね^^

渡辺淳一さんて方
知りませんでした。
ただ、記事読んでると知ってる作品ばかりです
とくに 「失楽園」 (笑)

北海道の方だったんですね
心から御冥福をお祈り致します。
かのぼん | URL | 2014/05/09/Fri 16:32 [編集]
イヴままさんへ
> こんばんは かえるママさん

こんばんは〜。
イヴままさん。

> 渡辺淳一氏の文学館は
> キタラの側だったのですね。
> 休館で残念でしたね。


はい、キタラの真向いなんですよ。
目の前です。
休館で、残念でした。しばらくしたら、また行ってみたいと思います。


> お風邪は大丈夫ですか?
> とても流行っていますものね。
> どうぞお大事になさってね。

あ、ありがとうございます。
風邪はやってますか。
なんか風が冷たくて、冷えきってる自分がいますね。
暖房も焚いたりしてます。

> ちなみに私、失楽園は読んでいないの。
> ひとひらの雪とか公園通りの午後とか好きでした。
> たぶんまだ書棚にあると思います。
> もう一度読んでみようかしらね。

かえるままも、失楽園はね読んでません。
あまりドロドロは好きじゃないので....ね
時間がたって、人生で色々と経験してから読むと、同じ本でも以前とは全く違った印象になるものですね。

イブままさん、コメントありがとうございました。
かえるママ21 | URL | 2014/05/09/Fri 20:36 [編集]
鍵さんへ
そっかー。
ママは健康診断、怠るのはその通りね。
かえるままも、まったく今まで一度も健康診断って受けたことないもの。
今年は受けてみよう....(汗)

応援、ありがとうね。

掃除、はかどってるね。
一気に断舎離したい〜〜。
かえるママ21 | URL | 2014/05/09/Fri 20:41 [編集]
宵乃さんへ
> 「リラ冷え」って素敵な言葉ですね。
> 季節や土地柄が感じられる言葉は、どこか温かみが感じられます。
> 渡辺淳一さんの作品は一度も読んだ事がありませんが、かえるママさんにとって大切な方だったようで、本当に残念でしたね。

ありがとうございます。
「リラ冷え」響きが美しいですね。
だから好んで使われるのかな、と思います。
渡辺淳一さんは、やはり札幌で、有名なんですね。
映画も「化身」など、結構有名なのもあります。




> ところで、今月のブログDEロードショーはファミリー映画企画を行います。
> 家族で楽しめる作品ならジャンルは何でもOK!

おぉ!
「愛は静けさの中」もまだ記事書いてませんでした。
(見ましたよ。)
毎日の過ぎるのは早いですね。(汗)


> 観たい作品が決まらない場合は、私が観る予定の『イルカと少年(2011)』を見ませんか?
> 孤独な少年ソーヤーと傷ついたイルカとの絆を描いた、実話を基にしたファミリードラマです。

ファミリー映画はいいですね。
こっそり、1人で見なくていいのはありがたいです。(笑) 
映画館にいけたらいいのですが。

> 開催期間は2週間後の5月23日(水)~5月末まで。
> よかったら今月もみんなと一緒に映画を楽しみましょう♪

そうですね。是非是非〜〜♪
いつも、実行がともなわずに、ごめんなさい。
近いうちに、記事あげますね。
かえるママ21 | URL | 2014/05/09/Fri 20:50 [編集]
かのぼんさんへ
> かえるママさん、こんにちは^^

かのぼんさん。こんばんは〜。


> 札幌の花はライラックなんですか
> 名前は聞いた事ありますが
> どんな花なんでしょう?

ライラックなんですよ〜。
近々咲いたら、写真に撮って来ますね。
(と言っても、自分ちの庭にはないので、人様の家のライラックを撮って来る予定です。)

> 勝手に黄色の花をイメージしてますが・・・汗

ライラックの花は、ピンク紫ですね〜。

> リラ冷え おしゃれな言い回しで素敵ですね^^

はい。
京都の、なんとも風情のある言い回しや方言にはかないませんが....

> 渡辺淳一さんて方
> 知りませんでした。

やはり、札幌ゆえに有名なのですね。
こちらではかなり有名人です。

> ただ、記事読んでると知ってる作品ばかりです
> とくに 「失楽園」 (笑)

うんうん。
「失楽園」は政界にまで及んでましたからね。(笑)

> 北海道の方だったんですね
> 心から御冥福をお祈り致します。

そうですね。
心から御冥福をお祈りします。
かのぼんさん、コメントありがとうございました〜。
かえるママ21 | URL | 2014/05/09/Fri 21:02 [編集]
リラ冷えのころ・・・
かえるママさまは渡辺淳一さんのファンでいらしたのですね。
特に好きな作家であったというわけではないけれど、本当に残念です。
この方の作品が理解出来るか否かは読み手の人生経験に左右されていたと思います。
その素晴らしさが、わかる人には判るのでしょう。
渡辺 淳一先生の本は高校生のときに「無影燈」を読んで感動したことを覚えています。とくに直江の雰囲気が理想の男性になりました。
影があり、男として魅力あふれていたと思います。
それから「男というもの」に感動しました。
誰も教えてくれなかったことがたくさんかかれていて、男を知ることができたと思うステキな本でした。
昔読んだ本渡辺先生の本は人生の何かかしらの指針になっているのかもしれません。本だけでなく、ドラマや映画などから影響をそういう人は少なくないと思うのです。

去年の今頃夢中で見ていた「雲の階段」も独特の影と艶があり、また医療の問題を提起する、渡辺さんらしい重厚感がありました。かえるママ仰る「医学の世界で起きてる事実が衝撃的だった」を彷彿とさせるドラマでした。

昭和を彩った方々が次々と世を去り、さびしいかぎりですね。
渡辺淳一文学館の外観、載せて下さってありがとうございます。
美雨 | URL | 2014/05/10/Sat 00:02 [編集]
美雨さんへ
美雨さん、こんばんは。
お返事遅くなってごめんなさいね。

> かえるママさまは渡辺淳一さんのファンでいらしたのですね。
> 特に好きな作家であったというわけではないけれど、本当に残念です。

そうなのです。
かえるままも、すごく好きだったと言うわけではないのですが、札幌にゆかりがあった作家さんだけに、残念な気持ちです。


> この方の作品が理解出来るか否かは読み手の人生経験に左右されていたと思います。
> その素晴らしさが、わかる人には判るのでしょう。

はい。仰る通りですね。
かえるままも、高校生〜大学生くらいまでは、傾倒していましたが、
だんだん、女性観に自分とずれが出て来た様な気がして、
しかしながら、背景にある街並などの、情景がとても美しい気がしておりました。

> 渡辺 淳一先生の本は高校生のときに「無影燈」を読んで感動したことを覚えています。とくに直江の雰囲気が理想の男性になりました。
> 影があり、男として魅力あふれていたと思います。
> それから「男というもの」に感動しました。
> 誰も教えてくれなかったことがたくさんかかれていて、男を知ることができたと思うステキな本でした。
> 昔読んだ本渡辺先生の本は人生の何かかしらの指針になっているのかもしれません。本だけでなく、ドラマや映画などから影響をそういう人は少なくないと思うのです。
>
> 去年の今頃夢中で見ていた「雲の階段」も独特の影と艶があり、また医療の問題を提起する、渡辺さんらしい重厚感がありました。かえるママ仰る「医学の世界で起きてる事実が衝撃的だった」を彷彿とさせるドラマでした。

さすがです。
美雨さん。それほどお好きではなかったと仰っても、そこまでご存知とは驚きました。
実は最初、この記事を書いてて、途中で半分位、記事が消えてしまって(泣)
そのことを、最初の記事に書いてる途中だったのです。
高校生くらいから、男女は同権にはなれても、同質にはなれないと分かって来ていて、
男性の本質を知りたくて、教科書の様に読んでいた気がします。
それと、医療の問題と人間との葛藤が、独特な表現になってますね。


> 昭和を彩った方々が次々と世を去り、さびしいかぎりですね。
> 渡辺淳一文学館の外観、載せて下さってありがとうございます。


そうなのです。何よりも、こうして昭和の時代を象徴する様な、著名な方が世をさっていくのは
寂しいことですね。
そうして、残された我々は、次世代も作って行かねばならないのですね。
なんだか夕陽を眺めていたら、寂しげな気持ちになってしまいました。
美雨さん、素敵なコメントありがとうございます!
かえるママ21 | URL | 2014/05/10/Sat 21:16 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/05/11/Sun 20:59 [編集]
鍵コメさんへ
鍵コメさん、そちらに行ってコメントしますね。
かえるママ21 | URL | 2014/05/11/Sun 21:47 [編集]
かえるママ21さま
こんにちは。
体調はいかがですか?
日中は暖かですが、朝晩はまだまだ冷え込むので
体調にお気をつけくださいね。

渡辺淳一作品、我が家にもあります。
母が医療系の作品が好きで。
大人の恋愛でドロドロしているけど、渡辺ワールドは深いですよね。
失楽園もだけど、愛の流刑地が印象的だったわぁ。
ka・ren | URL | 2014/05/12/Mon 13:05 [編集]
karenさんへ
> こんにちは。
> 体調はいかがですか?
> 日中は暖かですが、朝晩はまだまだ冷え込むので
> 体調にお気をつけくださいね。

こんばんは〜。
ありがとうございます。
本当に、朝晩は、冷えますね。
今日は今年初で、温かくて、半袖でもいいくらいの陽気でした。


> 渡辺淳一作品、我が家にもあります。
> 母が医療系の作品が好きで。
> 大人の恋愛でドロドロしているけど、渡辺ワールドは深いですよね。
> 失楽園もだけど、愛の流刑地が印象的だったわぁ。

そうなんですね。
うんうん。分かります分かります。
お母様、医療系の作品お好きなのですね。
かえるままも、そうなんです。
医学の世界と、ヒューマンドラマとの関わりが、興味深かったです。
「愛の流刑地」は、映画にもなったのでしたね。
これは読んでないかもですが、渡辺淳一さんののドロドロ系はインパクトが強いですよね。
コメントありがとうございました!
かえるママ21 | URL | 2014/05/12/Mon 21:20 [編集]
こんにちは☆
昨夜はこころのこもったコメントを頂き、有難うございました☆

>去年子どもに本棚を明け渡すために、断舎離して、殆どの自分の本を処分してしまった。
>そのうち20冊くらいは渡辺淳一さんの本だった。

同じ事をしました・・10年くらい(以上?)前に・・・(笑)

>ドロドロした大人の恋愛が多かったが、多くの舞台となる札幌の街並はとても美しく描かれていた。

札幌以外の北海道もありましたが、やはり何と言っても札幌ですよね~!
もう読まなくなって長いのでキチンとしたことは言えないけど、若い頃にとても夢中になって読んだ作家さんです☆
文学館のお写真有難う~いつかご訪問出来れば・・・と思いました♪


,
miri | URL | 2014/05/16/Fri 12:07 [編集]
miriさんへ
> 昨夜はこころのこもったコメントを頂き、有難うございました☆
とんでもありません。
こちらこそ、すみませんでした。

> >去年子どもに本棚を明け渡すために、断舎離して、殆どの自分の本を処分してしまった。
> >そのうち20冊くらいは渡辺淳一さんの本だった。
>
> 同じ事をしました・・10年くらい(以上?)前に・・・(笑)

え!そうなんですか!
( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ

> >ドロドロした大人の恋愛が多かったが、多くの舞台となる札幌の街並はとても美しく描かれていた。
>
> 札幌以外の北海道もありましたが、やはり何と言っても札幌ですよね~!
> もう読まなくなって長いのでキチンとしたことは言えないけど、若い頃にとても夢中になって読んだ作家さんです☆

そうですね。「阿寒に果つ」とか。
北海道全般が舞台となってたのが印象的でしたね。

はい、若い頃は「ドロドロした大人の恋愛」の教科書として読んでました。(笑)
「もう読まなくなった」という点もmiriさんと同じです。
やはり年齢重ねると、渡辺淳一さんの描く女性像と自分とのギャップが出て来て、
登場する女性達は渡辺淳一さんの求める理想の女性像でもあるのでしょうけど...



> 文学館のお写真有難う~いつかご訪問出来れば・・・と思いました♪
>

是非是非!miriさんが、札幌にいらっしゃったら、必ずお連れ致しますよ。
かえるママ21 | URL | 2014/05/16/Fri 16:48 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。