うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
軍用犬
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
※今日は悲しい記事です。

本当にものごごろついたばかりの子供の頃、家にはシェパードがいた。(といっても、外で飼ってたのだけど。)

だからシェパードが大好きだ。

自分が大人になって犬は大好きだけど、犬を飼う自信もないまま、

ついに2年前、縁あって我が家に来たのは

目に入れても痛くないほど可愛い、たれ耳、足の短いの小型シェパードだった。

IMG_4279_convert_20140511221103_20140511221235cb8.jpg


先週、本屋さんでふと目に入ったこの本。

「ナショナルジオグラフィック6月号」

「戦場の犬たち」

.....これは、おそらく涙じょぼじょぼ系だな。

覚悟の上で買ってみた。

Scan+141660000_convert_20140615093044.jpg

「軍用犬」優れた犬の嗅覚、聴覚を軍事に利用するという認識だった。

警察犬、麻薬探知犬、盲導犬と同じくくりだと思っていたが、

実際の軍用犬は、はるかに過酷な運命にあった。

戦争の最前線で活躍し、仕事を全うしても、引退したら

軍用犬をペットとして飼うには適さないとされ殺処分されていたのだ。(数年前まで)

犬は軍の「装備」の一つにすぎないのだ。

IED(即製爆発装置)という手製爆弾を鋭い嗅覚で探すが、毎回見つけられるとは限らないし、

不慮の事故で死に至ることもある。

そして、犬の数パーセントが戦争のPTSDで苦しむというのだ。

犬は耳が人間の何倍も鋭いのに、銃弾や爆弾の音から逃げることも許されないのだ。

普通の犬は、遠くの花火の音だって怖がると言うのに....

犬らしい生活を送ることは軍用犬には許されないのだ。

これを読んで、ますます戦争の恐ろしさを痛感したし、

犬を利用し人間はどれだけ助けられたのか?その犬を「装備」として扱うとは.....

人間の愚かさ、罪深さで涙が止まらなかった。

やがて、自分自身も、愛すべきゆうちゃんとの別れが来るだろう。

ペットにとって、心地よい環境で、愛する家族に優しく見守られ天寿を全うし、看取られて逝くことが

何よりの幸せなのだと思うと同時に、ゆうちゃんを抱きしめて泣いていた。

犬も人間も不幸にする戦争をいまだに地上から無くすことができないのは、なんとも悲しいことだと思った。


※ナショナルジオグラフィックより。
Scan+141660001_convert_20140615093109.jpg


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本当ですね。
わんちゃんって随分人間たちを助けてきてくれたね。
目の不自由な方のために
ずっと24時間ついてくれたり・・・厳しい訓練のすえにね。

それで随分助かって
生活が出来る方も多いけどね。

子供がそういうわんちゃんのことを
学校で習ってきたことがあったの。
教科書に載っていたのよ。

わんちゃんにもPTSDがあるのは初めて知りました。

そうだね。鼻も耳も随分人間より優れているものね。

戦争がなくならないのはほんと悲しいことだね。
最近、信じられない事件が多いよね。
学校の先生が?とか病院の先生が?とか・・

大人たちがそんなんだから、苛めも無くならないし
戦争もなくならないのだよ~なんて思いながら
自分も何も出来ずにいますが・・・

そんな風に感じてくれる家族が傍にいる
ゆうちゃんは幸せですね!
かえるママさんと抱きしめたゆうちゃんの姿を想像して
涙出ます・・・
桃咲マルク | URL | 2014/06/16/Mon 00:33 [編集]
本当に悲しい事ですよね。
戦争は絶対にやってはいけないと思います。

軍の方針でそのように扱われていたとしても、現場で一緒に戦った兵士たちや助けられた兵士たちは、きっと軍用犬たちの事を仲間や兄弟のように思ってたでしょうし、それを亡くしたり殺処分されてしまった時には身を引き裂かれる想いだったでしょう…。

彼らの分もゆうちゃんを大切にしてあげて下さい。
宵乃 | URL | 2014/06/16/Mon 07:37 [編集]

無人爆撃機みたいなもんも、自軍には死者が出ないからええわ、てなもんなんやろけど

軍用犬てのも、人が死ぬよりはマシ、てので利用できるもんなら使とけ使とけ、なんやろねぇ

普通に暮らしていられる状態やないなら、ストレスはかかるもんなんやろし
戦争におくりこまれなくても紛争地で暮らしている場合なんかも同じよーなもんなんでしょうねぇ
戦争やなくても、災害なんかにあった場合なんかも、人間最優先になるから、ペットは二の次三の次、て扱いになりますし
人より軽い生命、てなってまうんやろねぇ
カテンベ | URL | 2014/06/16/Mon 07:38 [編集]
辛いよね・・・
人間の為に犠牲になっている動物は 沢山います。
例えば、薬を開発する為の実験の動物。
皮製品。
ペットショップですら そうです。
日本は、生後まもなく引き離されるそうです。
(生後2か月までは引き離さない様にしている国もあるそうです)

人間の為に 動物が犠牲になるのかと思うと、
とても考えさせられます。

戦争は 人間が止めようと思えば、止められる事。

人間の業の深さと 命の尊さ。
本当に そうですよね。
現実は 酷いのが、今 なのかな・・・
だとしても、
良くしていきたいよね。

だから、出来る事としたら、
かえるママさんの様に、
事実を受け入れる事なんでしょうね。
(辛いと思っても、本を読んで知る事)
cael | URL | 2014/06/16/Mon 17:07 [編集]
桃咲マルクさんへ
> 本当ですね。
> わんちゃんって随分人間たちを助けてきてくれたね。
> 目の不自由な方のために
> ずっと24時間ついてくれたり・・・厳しい訓練のすえにね。

本当に、そうですよね。
盲導犬は、人の役にたって、仕事を引退した後はゆっくりと
隠居生活が出来るし、殺処分されたりしないので、
幸せだと言えますが、軍用犬は爆撃を受けたりしながらも命がけで人を助けたり、
一生懸命死と隣り合わせで最前線で闘って来たのに、
引退したら殺処分だなんて、ひどすぎますよね。

> それで随分助かって
> 生活が出来る方も多いけどね。
>
> 子供がそういうわんちゃんのことを
> 学校で習ってきたことがあったの。
> 教科書に載っていたのよ。

そうなのね。
知らなかった。
そういうこと、お勉強した方がいいよね。
私も、知らなかったけど、盲導犬が仕事中は、話しかけたりおやつあげたりしてはいけないのね。
そういうことも学校で子どもに教えてくれたら、お互いに良いでしょうね。


> わんちゃんにもPTSDがあるのは初めて知りました。

そう。かえるままも知らなかった。
PTSDがあるってことは、ショックというかかなりのトラウマになってるということだよね。
虐待を受けた犬とかもそうだろうけど.....


> そうだね。鼻も耳も随分人間より優れているものね。
>
> 戦争がなくならないのはほんと悲しいことだね。
> 最近、信じられない事件が多いよね。
> 学校の先生が?とか病院の先生が?とか・・
>
> 大人たちがそんなんだから、苛めも無くならないし
> 戦争もなくならないのだよ~なんて思いながら
> 自分も何も出来ずにいますが・・・


本当に仰る通りですよ!
本当にまずは、大人ですよね。
子どもの教育も全て親を見て育つんですものね。
いじめの問題も、そうだと思う。
同感です。
いえいえ、マルクさん、美味しいお料理作ったり仕事したり、家族の為に頑張ってるすがた子供達は見てるし、
優しいお子さんに育ってるじゃないですか。
充分やってると思って見てますよ。
周りの人も分かってると思います。


> そんな風に感じてくれる家族が傍にいる
> ゆうちゃんは幸せですね!
> かえるママさんと抱きしめたゆうちゃんの姿を想像して
> 涙出ます・・・

もう、感極まってしまって、声を出して泣けてしまった。
でもゆうちゃんは、気持ちよくお昼寝してる途中で、急にママに抱きしめられて起こされたから、
「???」という感じでこちらを見てたけど。(笑)

ありがとうね。
かえるママ21 | URL | 2014/06/16/Mon 19:13 [編集]
こんばんは!

犬のこういう本は、絶対に泣きます!
犬の従順さにつけこんだ、人間のいやらしい
部分がみえますよね。。
って、その本は読んだことないですが。

足の短い小型のシェパードちゃん、可愛いです~
目に入れても痛くないくらい可愛い、分かります。
うちには足の短い、ちょっとうるさい小型のゴールデンがいますから!
クラッチマン | URL | 2014/06/16/Mon 19:15 [編集]
宵乃さんへ
> 本当に悲しい事ですよね。
> 戦争は絶対にやってはいけないと思います。

戦争は、もう地球上からなくなって欲しいですよね。
やろうと思えば、すぐにでも出来ることなのではないかと思うのですが、
なかなかそうはいかないのがもどかしいです。

> 軍の方針でそのように扱われていたとしても、現場で一緒に戦った兵士たちや助けられた兵士たちは、きっと軍用犬たちの事を仲間や兄弟のように思ってたでしょうし、それを亡くしたり殺処分されてしまった時には身を引き裂かれる想いだったでしょう…。

そうそう。
仰る通りです。
兵士たちにとって、軍用犬は「相棒」なのですもの。
引退して殺処分なんて、納得いくはずがありません。
そういうムーブメントでもあって、今は処分されないのかもしれませんよね。

> 彼らの分もゆうちゃんを大切にしてあげて下さい。

はい。今の自分に出来ることをやっていきます。
宵乃さん、コメントありがとうございます。
かえるママ21 | URL | 2014/06/16/Mon 19:22 [編集]
カテンベさんへ
> 無人爆撃機みたいなもんも、自軍には死者が出ないからええわ、てなもんなんやろけど

そうですね。
戦争というものそのもが、合法的な?国家的、大量殺人ですものね。

> 軍用犬てのも、人が死ぬよりはマシ、てので利用できるもんなら使とけ使とけ、なんやろねぇ

本当に。
そういうことでしょうね。
そうじゃなかったら、命がけで人命を救ってくれてる軍用犬を殺処分なんてできませんよね。
リスペクトがあってしかるべきです。

> 普通に暮らしていられる状態やないなら、ストレスはかかるもんなんやろし
> 戦争におくりこまれなくても紛争地で暮らしている場合なんかも同じよーなもんなんでしょうねぇ
> 戦争やなくても、災害なんかにあった場合なんかも、人間最優先になるから、ペットは二の次三の次、て扱いになりますし
> 人より軽い生命、てなってまうんやろねぇ

仰る通りですね。
紛争地で普通にくらしているだけでも、ストレスはかかりますよね。
福島のペットとして飼われてる動物達もそうだと思います。
福島の災害救助犬も、亡くなったりしてますね。
かなりのストレスだと思います。
体の機能の一部を失うくらい一生懸命働く犬の姿には心を打たれますね。
ああ、また泣けて来ます。
かえるママ21 | URL | 2014/06/16/Mon 19:34 [編集]
かえるママさん、こんばんは


もうね、話聞く前から涙ボロボロでしたわ(爆)


戦争なんて人間のエゴの他ないでしょ


猿やカラスも犬に負けないぐらい賢い生き物ですよね
でもワンちゃんは頭がいいだけじゃなく
人間に従順なんですよね

それが仇になってる典型的なパターンですね
悲しい現実です。

そうですね、いつか別れは来ますね
でも一緒に暮らし、楽しかった日々の思い出との別れはないですからね

だから 「今」 という時間を
楽しく大切に過ごしていきたいですね
悔いのないように。
かのぼん | URL | 2014/06/16/Mon 19:35 [編集]
caelさんへ
> 人間の為に犠牲になっている動物は 沢山います。
> 例えば、薬を開発する為の実験の動物。
> 皮製品。

そうですね。
仰る通りです。
動物実験もそうですね。

> ペットショップですら そうです。
> 日本は、生後まもなく引き離されるそうです。
> (生後2か月までは引き離さない様にしている国もあるそうです)

親子が引き離されてしまうのは、悲しいですよね。
でも、可愛らしい小さいうちにペットショップのショーケースに置いておかないとならないのですよね。
売らんかなですね。

> 人間の為に 動物が犠牲になるのかと思うと、
> とても考えさせられます。

本当に、そうですね。
可能な限り、動物実験も控えて、毛皮などを否定するムーブメントもあるみたいですね。


> 戦争は 人間が止めようと思えば、止められる事。

今この瞬間にも、戦争、紛争の惨禍を甘んじて受けなくてはならない世界もありますよね。
日本は平和だけど、そういうことが起きてることは、忘れてはなりませんね。


> 人間の業の深さと 命の尊さ。
> 本当に そうですよね。
> 現実は 酷いのが、今 なのかな・・・
> だとしても、
> 良くしていきたいよね。
>
> だから、出来る事としたら、
> かえるママさんの様に、
> 事実を受け入れる事なんでしょうね。
> (辛いと思っても、本を読んで知る事)

あ、ありがとうございます。
辛いと思っても本を読んで知ることが「事実を受け入れること」にもなるのですね。
目から鱗のコメントで、大変救われました。
ありがとう!!
時々、何も知らない方が幸せだよな、とか思うことがあります。
純真無垢な赤ちゃんみたく.....
知ってしまったから?アダムとイブが善悪を知る果実を食べてしまったから?
苦しみは、知ることから始まるのかな、など自問自答しますが、caelさんの見方で、
知ることが受け入れる事の一つと捉えると、とても納得できました。
感謝。
かえるママ21 | URL | 2014/06/16/Mon 19:45 [編集]
クラッチマンさんへ
> こんばんは!

クラッチマンさん、こんばんは。

> 犬のこういう本は、絶対に泣きます!
> 犬の従順さにつけこんだ、人間のいやらしい
> 部分がみえますよね。。
> って、その本は読んだことないですが。

この本は淡々と事実が書かれてますが、とても辛いものがありましたね。
そうなんですよ。
犬が従順で、言うことを聞く、能力が高い、そう言う部分を人間が利用してるのが、
悔しいですね。
そして苦しいです。

> 足の短い小型のシェパードちゃん、可愛いです~
> 目に入れても痛くないくらい可愛い、分かります。
> うちには足の短い、ちょっとうるさい小型のゴールデンがいますから!

わはは、
「ちょっとうるさい」同じですよ〜。
そうですね。
毛並みがゴールデンですね。
トムちゃんは、とても高貴な雰囲気が漂ってますよ〜。
かえるママ21 | URL | 2014/06/16/Mon 19:50 [編集]
かのぼんさんへ
> かえるママさん、こんばんは


かのぼんさん、こんばんは〜。
>
> もうね、話聞く前から涙ボロボロでしたわ(爆)
>

そうでしょう.....
(爆)はなんでかな???


> 戦争なんて人間のエゴの他ないでしょ
>
>
> 猿やカラスも犬に負けないぐらい賢い生き物ですよね
> でもワンちゃんは頭がいいだけじゃなく
> 人間に従順なんですよね
>
> それが仇になってる典型的なパターンですね
> 悲しい現実です。

そうですね。身体能力が高いし、知能も高い上に、人間に従順...
そのせいで、犠牲になってる。
犠牲になっても、尚、人間に従順というのが、泣けますね。
軍用犬の過酷さと、悲しさが辛かったです。

> そうですね、いつか別れは来ますね
> でも一緒に暮らし、楽しかった日々の思い出との別れはないですからね

はい、そうですね。
毎日を大事に、楽しくすごすことが大事なんですね。
思い出はずーっとですものね。
ダメだ、また泣ける.....
何気ない日常を大事にしてすごします。

> だから 「今」 という時間を
> 楽しく大切に過ごしていきたいですね
> 悔いのないように。

はい。
私たちの人生そのものに言えることですね。
今という時間を大事にすごす、これが悔いの残らない人生になるのでしょうね。
頑張ろう。
かえるママ21 | URL | 2014/06/16/Mon 19:55 [編集]
音に敏感なワンちゃんには、銃や爆発の音はかなりストレスがたまるのでしょうね。
我慢の連続ではワンちゃんもPTSDになってしまうのはわかるような気がします。自由を奪われたあげく殺処分とはかわいそすぎます。
人間の身勝手で訓練されるワンちゃんたちは、盲導犬や介護犬でさえも、多少なりストレスもたまるでしょう。
かえるママさまにお話は、同じく今一度我が家のワンコと向かい合ういい機会となりました。
ペットを飼うということは、いつかはお別れがくることを覚悟して、最後まで愛情もって接していくことですね。
ゆうちゃんは、かえるママさま宅で飼われてきっと幸せでしょう。




美雨 | URL | 2014/06/17/Tue 00:14 [編集]
MIUMIU美雨さんへ
> 音に敏感なワンちゃんには、銃や爆発の音はかなりストレスがたまるのでしょうね。
> 我慢の連続ではワンちゃんもPTSDになってしまうのはわかるような気がします。自由を奪われたあげく殺処分とはかわいそすぎます。
> 人間の身勝手で訓練されるワンちゃんたちは、盲導犬や介護犬でさえも、多少なりストレスもたまるでしょう。
> かえるママさまにお話は、同じく今一度我が家のワンコと向かい合ういい機会となりました。
> ペットを飼うということは、いつかはお別れがくることを覚悟して、最後まで愛情もって接していくことですね。
> ゆうちゃんは、かえるママさま宅で飼われてきっと幸せでしょう。


美雨さん、お忙しい中コメントありがとうございます。
本当におっしゃる通りですよね。
我慢の連続で、仕事に適した能力があるというだけで、厳しい訓練にも耐え、実際に多くの人命を救って来た軍用犬にリスペクトがなさすぎますよね。
殺処分だなんて、あまりにもむごすぎます。(涙)今は改善されて本当に良かったです。

福島の災害救助犬も多くの人命を救ったり、遺体を発見したり、本当によく頑張ってた犬もいますね。

体の一部の機能を失ってまでも、人間の為に尽くす犬の習性を、利用するだけ利用して、それだけなんて人として許されないですね。

美雨さんファミリーの皆様も毎日を大事に、日々の思い出を心に刻み、心通う接し方をされていらっしゃるでしょうから、ちーちゃんもとても幸せなワンちゃんですね。
かえるママ21 | URL | 2014/06/17/Tue 17:51 [編集]
ご無沙汰です。
ご無沙汰しております。

ブログ休止からずいぶん経ってしまいましたが,
お変わりありませんか?

新たなブログで再スタートを切りましたので,
よろしければ冷やかしにおいでくださいませ。

今後ともよろしくお願いいたします♪
John Metavolita | URL | 2014/06/18/Wed 12:28 [編集]
Johnetavolitaさんへ
> ご無沙汰しております。

ジョンメタさん、ご無沙汰してます。
お元気でしょうか?

> ブログ休止からずいぶん経ってしまいましたが,
> お変わりありませんか?

ありがとうございます。
こちらも変わらず、やっております。

> 新たなブログで再スタートを切りましたので,
> よろしければ冷やかしにおいでくださいませ。

おぉ!
それは是非とも、お伺い致しますね。


> 今後ともよろしくお願いいたします♪

是非是非〜〜〜!
かえるママ21 | URL | 2014/06/18/Wed 14:48 [編集]
おひさしぶりになりました。
おはようございます かえるママさん。
軍用犬というものが存在していたことは
仲良くしていただいているブロ友さんの
実体験によって知りました。
地雷犬というものも知り
やりきれない涙がこぼれました。
かたわらにいる小さな命に感謝ですね。
イヴまま | URL | 2014/06/19/Thu 07:27 [編集]
イヴままさんんへ
> おひさしぶりになりました。
> おはようございます かえるママさん。
> 軍用犬というものが存在していたことは
> 仲良くしていただいているブロ友さんの
> 実体験によって知りました。
> 地雷犬というものも知り
> やりきれない涙がこぼれました。
> かたわらにいる小さな命に感謝ですね。

イヴままさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
そうですか。地雷犬も相当過酷な運命がありそうですね・・・・
つらいですね・・・・
すべての戦争がなくなるといいのに・・とつくづく思いますね。
と同時に何もできない自分に無力感も感じますね。
でも、おっしゃる通りで、傍らにいてくれる命に日々感謝してすごします。
かえるママ21 | URL | 2014/06/19/Thu 13:02 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。