うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
映画「A.I」〜ブログdeロードショー
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
※ネタバレ注意です。
今月の「ブログdeロードショー」のお題は「A.I」です。

IMG_4596.jpg


A.Iとは、artificial intelligence=人工知能の略のことです。

コンピューターで記憶推論判断学習など人間の知的機能を代行できるようにモデル加されたソフトウエアシステム、とあります。

現在も過渡期にあるかもしれない、かなり現実的な近未来SFと言えましょう。

先日、盲導犬が、何者かに刺されるという、悲しい事件がありました。

また、つい最近は、全盲の女子高校生が何者かに蹴られ負傷した事件がありました。

証言が出来ないことや、犯人の姿が見えないことを逆手に取ったとしか思えません。

許せないことで、憤りを感じます。

そして、A.Iの力をかりて、人間社会をスムーズにするために、早急に実現してほしいと思いました。

かえる案。
350px-Aibo_img_0807.jpg
(※画像wikiよりおかりしました。)

今後の、盲導犬はアイボにしてほしい。
AIBOの名前そのもがA.Iロボットの略であり、「相棒」と言う意味もあるそうです。

そうすれば、盲導犬を必要としてる沢山の目の不自由な方へ、行き渡ることが可能だと思われるからです。

そして、音声をイヤホンに送り的確な指示を出したり、危険を知らせたり、
事件や事故の時は、ドライブレコーダー的な機能も加えて、証拠として採用することもできます。

レトリバーなどの生きた盲導犬はもっと、家の中で出来る今より簡単な日常の仕事に特化することができるので

訓練にかかる時間や、コストも削減できると思います。そして盲導犬を必要としてる沢山の人のもとへ

行き渡る可能性もあります。

また、すぐにでも出来るのでは?と思われる、第二案。

main-1366394369.jpg


ドライブレコーダーの超小型化。ネックレスタイプのレコーダーをすべて、目の不自由な方へ。

そうすれば、こういう卑劣な事件が減るのではないでしょうか。

また音声がイヤホンで繋がれていれば、危険を知らせるだけではばく、位置情報なども含めて情報を耳から得る

事も出来ると思います。

ドクター中松さんがもし見てたら(←見てないよね。)是非ともどんどん発明して欲しいです。


あ!話が違う方へいきましたので、映画に戻します。

人間の少年型のロボット、デイビッドは「永遠に愛する」ことを特徴としたロボットだった。

母モニカには、不治の病か?植物状態の実子マーティンがいたが、回復したため、退院して戻って来た。

実の子マーティンと、ロボットの子デイヴィッドの兄弟....ある日命に関わる事故が起きて、モニカは

デイヴィッドを山に捨てることを決める....

「永遠に愛すること」をプログラムされたデイヴィッドが切なすぎました。

何回か見ましたが、毎度「A.I」と「人間」の隔たり、ロボットは別の存在と感てじましたが、

もしかして人間も長寿社会、医療の発達により、色んな部分をロボットで補う様になったとしたら、

例えば、入れ歯なんかそうかもしれませんよね。自分のではない人工のものが、自分を補ってる。

体の大部分がそうなったとしたら....内蔵や心臓、腕や足なども、体のほとんどが人工のもので出来てたとしたら

(ロボコップみたいに)、我々は、やはり人間と言えるのだろうか.....

2000年後は、人類は滅亡していて、進化したA.Iの社会だったのです。

この映画でデイヴィッドは、「愛情を持ち」「夢を追いかける」「目標に向かって行動する」という人間独特の

「創造性」を持っていた。「生きていた」。.....人間と何か違うのでしょう?





人間.......10ヶ月間、母のお腹の中で、羊水にゆられながら、育てられ産まれるのが人間の証なのかもしれない。

そんなことを考えました。

※ちょっと風邪ひいてしまったみたいですので、お返事訪問など遅れてしまったらごめんなさい。みなさんも季節の変わり目、どうぞお気を付け下さいね。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あの事件ですが、獣医師の間では、

「皮膚病の膿疱が破れて出血したのではないか」

という見方も出ているみたいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/36087518.html

わたしは獣医師でも法医学者でもないのでこの記事を読んでもわからないし、断言もできませんが、納得できなくもない意見だと思いました。

いずれにしろ後味の悪い事件であることには変わりませんが……。
ポール・ブリッツ | URL | 2014/09/15/Mon 12:22 [編集]
お風邪大丈夫?
季節の変わり目はほんと引きやすいね。
私は喉の痛みとセキが少しでるだけ。

熱が出ないので良かったよ。熱出るともう大変だよね。
食欲もいつも以上にあるし(;^-^)

かえるママさんもお仕事もあるので、無理しないでね
少しでも休めるときは休んでくださいね。

引き始めが菌が活発になるので 出来るだけ
動かないでいるのがいいそうです。・・・なかなか主婦はできないね(;^-^)

この映画とても見たくなりました!!
SFとか好きなんですよ、未来とか過去に行くのも大好き。

アイボの意味がそうだったんだと知り感動です。
そうだね。盲導犬がアイボだったら、いろいろな情報がわかるね。

ああいう風に盲導犬が怪我すると、かわいそうで
でも犯人の情報もわからない場合もあるものね。

映画に出てくるロボットの子供とそのお母さんの
思いが切ないですね。

ぜひ見てみますね!
いい映画紹介くださりありがとう╰(✿´⌣`✿)╯
桃咲マルク | URL | 2014/09/15/Mon 16:36 [編集]
かえるママさん、こんばんは^^

あの二つの事件には憤りしか感じられません
なぜそういう事をするんでしょう?
私は基本、罪を憎んで人を憎まず なんですが
この犯人は許せません。
ろくな死に方せんでしょう。

この映画、よく存じませんが
かえるママさんの話を聞いて
なんか胸にくるものがあります。

手塚虫の「火の鳥」を思い出しました。
かのぼん | URL | 2014/09/15/Mon 19:37 [編集]
盲導犬の事件は本当に悲しい事件でした。
ワンコの飼い主(そうでなくても)としては怒りを感じざるをえません。
盲導犬を守るガードマン代わりとしては、やはり科学の力に頼るしかないでしょうね。
アイボのような癒しロボットとか補助的なロボットは必要かも。
でも進化し過ぎは避けたいものです。
機械に支配される映画の原点は、私にとってはチャップリンのモダンタイムスです。あの風刺映画は強烈でした。現在や未来にも通じる痛烈なメッセージだと思います。

AIは、悲しいロボットの物語でした。結局ロボットは人間には近づけない、近づいてはいけないということなのでしょうか?
機械に支配される人間、人間に近づこうとするロボット、この裏腹な映画は未来のバイブルになるかもしれません、そんな気がします。











美雨 | URL | 2014/09/15/Mon 22:24 [編集]
かえるママさん 大丈夫ですか?
急に寒くなって風邪ひきさんが増えていますね。
どうぞお大事になさってね。
盲導犬をアイボに・・・
ドライブレコーダーをネックレスタイプに・・・
さすが かえるママさん
考えさせられました。
イヴまま | URL | 2014/09/15/Mon 23:43 [編集]
設定されたプログラムを頑なに持ち続けて行動するのはロボットならでは、な感じもするし
人間やったら狂気の世界になってるのかも


未来的には盲導犬の道案内ガイドとか危険察知、てな役割を果たすの、ウェアラブルな身に着けるタイプのコンピューターになってもよさそうね
カテンベ | URL | 2014/09/16/Tue 07:47 [編集]
ポール・ブリッツさんへ
> あの事件ですが、獣医師の間では、
>
> 「皮膚病の膿疱が破れて出血したのではないか」
>
> という見方も出ているみたいです。
>
> http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/36087518.html
>
> わたしは獣医師でも法医学者でもないのでこの記事を読んでもわからないし、断言もできませんが、納得できなくもない意見だと思いました。
>
> いずれにしろ後味の悪い事件であることには変わりませんが……。

ポールブリッツさん、こんにちは。

そうなんですね。オスカーの傷が「皮膚炎の膿疱が破れて出血した」という説があるのは知りませんでした。

オスカーや、オーナーさんにとって、私たちにとっても、「皮膚炎の膿疱が破れて出血した」方が、ど

んなにか、救われるでしょう。人間不信になり、身体とともに心も傷がついてると思います。

単なる獣医師の誤診だったとなると、心の傷はなくなります。

ただ、素人的に思うのは、4か所の膿疱が同時に出血するものなのかな?とは思いますが・・・・

どちらにせよ、今回のことは、氷山の一角にすぎないそうで、過去にも盲導犬の顔にマジックで落書きしたり、

尻尾をわざと踏んだりという嫌がらせはあったそうです・・・・

これを機に、何かの改善への動きが広がるといいですね。
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 10:41 [編集]
人間ってなんだろう、愛ってなんだろうと考えさせられますよね。
外見の違いばかり見ていては、あのショーを楽しむ人間みたいになってしまうという事が伝わってきました。
デイヴィッドは未熟ではあったものの、ある意味人間らしい一面を持っていたと思います。

>ドライブレコーダーの超小型化。ネックレスタイプのレコーダーをすべて、目の不自由な方へ。

良いアイデアですね。
二輪車用のものはすでに販売されているようだから、もっと小型化してくれれば使えるかも。
ただ、傍受などの問題もありそうです。
ロボットもそうですけど、犯罪者に利用されたり故障によるトラブルが怖いから、あんまり人命に関わるようなところで採用して欲しくないかなぁ。

今回もご参加ありがとうございました♪
宵乃 | URL | 2014/09/16/Tue 10:45 [編集]
桃咲マルクさんへ
> お風邪大丈夫?
> 季節の変わり目はほんと引きやすいね。
> 私は喉の痛みとセキが少しでるだけ。
>
> 熱が出ないので良かったよ。熱出るともう大変だよね。
> 食欲もいつも以上にあるし(;^-^)
>
> かえるママさんもお仕事もあるので、無理しないでね
> 少しでも休めるときは休んでくださいね。
>
> 引き始めが菌が活発になるので 出来るだけ
> 動かないでいるのがいいそうです。・・・なかなか主婦はできないね(;^-^)
>


マルクさん、いつもありがとうございます。(*^。^*)
そうそう、マルクさんが風邪ひき始め~とおっしゃってたの、直後、自分も風邪来ました・・・・
自分のことだと、知らないうちに、しんどくなってたりするよね。
急に寒くなったりしたからだと思うけど、今ちょっと流行ってるね。

マルクさんはどう?治りましたか?
早く治したいよね。
かえるままは、休ませてもらって、復活してます。
だんだん子供も成長して、ごはんを作ったりお手伝いができるようになってきて、こういう時に成長を感じますね。





> この映画とても見たくなりました!!
> SFとか好きなんですよ、未来とか過去に行くのも大好き。
>
> アイボの意味がそうだったんだと知り感動です。
> そうだね。盲導犬がアイボだったら、いろいろな情報がわかるね。
>

今は、スマホでも音声で答えたり聞いたりできるのでしょ?
すごい時代だよねー。
マップとか位置情報もわかるし、あんなに小さくてもいろんなことができるんだもん、
アイボくらいだったら、色んな機能を搭載して、すごいことが出来るんじゃないかな?って思いますね。



> ああいう風に盲導犬が怪我すると、かわいそうで
> でも犯人の情報もわからない場合もあるものね。
>

あの事件は悔しかったね。
犯人も自分で声を出して何か言わないとわからないものね。


> 映画に出てくるロボットの子供とそのお母さんの
> 思いが切ないですね。
>
> ぜひ見てみますね!
> いい映画紹介くださりありがとう╰(✿´⌣`✿)╯


そうなの・・・・(;_:)
ロボットの子供は永遠に愛するのよね。
「千年の恋」とか言うけど、2千年たっても、変わらず愛してるの。
もう、この世にお母さんはいないのに。
それがプログラムされたことだとわかっても、切ない・・・と思いました。
共感のコメントをありがとうございました!
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 10:51 [編集]
かのぼんさんへ
> かえるママさん、こんばんは^^

かのぼんさん、こんにちは~。


>
> あの二つの事件には憤りしか感じられません
> なぜそういう事をするんでしょう?
> 私は基本、罪を憎んで人を憎まず なんですが
> この犯人は許せません。
> ろくな死に方せんでしょう。

本当に、そうですよね。
多くの方が、同じ思いでいると思います。
でも、これは氷山の一角だとか・・・
他にも、全国で盲導犬の顔に落書きされたり、尻尾をわざと踏まれたり、けられたり、
色んな被害があるそうです・・・・
そういうことはどうしたら無くなるのでしょうね?


>
> この映画、よく存じませんが
> かえるママさんの話を聞いて
> なんか胸にくるものがあります。
>
> 手塚虫の「火の鳥」を思い出しました。


ありがとうございます。
手塚治虫さんの「火の鳥」実は知らなくて、検索してみました。
とても深くて面白いですね。
これはぜひとも一度読んでみたいと思いました。
昔なのに、かなり進んだSFですね。
すごいです。素晴らしいものを教えて下さってありがとうございます。
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 10:58 [編集]
美雨さんへ
> 盲導犬の事件は本当に悲しい事件でした。
> ワンコの飼い主(そうでなくても)としては怒りを感じざるをえません。
> 盲導犬を守るガードマン代わりとしては、やはり科学の力に頼るしかないでしょうね。
> アイボのような癒しロボットとか補助的なロボットは必要かも。
> でも進化し過ぎは避けたいものです。
> 機械に支配される映画の原点は、私にとってはチャップリンのモダンタイムスです。あの風刺映画は強烈でした。現在や未来にも通じる痛烈なメッセージだと思います。
>
> AIは、悲しいロボットの物語でした。結局ロボットは人間には近づけない、近づいてはいけないということなのでしょうか?
> 機械に支配される人間、人間に近づこうとするロボット、この裏腹な映画は未来のバイブルになるかもしれません、そんな気がします。



美雨さん、共感してくださってありがとうございます。
盲導犬の事件、悲しいですね。しかもそれが氷山の一角だと知り、更に悲しく思いました。
アイボはもともとは癒しロボットの様ですが、できれば機能を搭載して、役立つロボットとして必要になってくるのかと思いました。

チャップリンの映画は本当に、素晴らしいですね。
風刺もさることながら、真実を見通してますね。
結局、機械を発明した人間が、機械に翻弄されてしまう・・・
美雨さんの仰る通り、未来へのメッセージにもなってます。

そうですね。
機械に頼り、やがて支配される人間、人間に近づこうとする機械、それがやがて争い、戦争になる・・・・
マトリックスもそうですが、多くの映画が未来への警鐘を鳴らしてるのかもしれませんね。
含蓄のあるコメントありがとうございます。
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 11:13 [編集]
イヴままさんへ
> かえるママさん 大丈夫ですか?
> 急に寒くなって風邪ひきさんが増えていますね。
> どうぞお大事になさってね。
> 盲導犬をアイボに・・・
> ドライブレコーダーをネックレスタイプに・・・
> さすが かえるママさん
> 考えさせられました。


本当に、気が付けば風邪が流行ってますね。
イヴままさんとこは大丈夫ですか?
休ませていただき復活しました。
今、色んな事が出来る世の中になってて、すごいなーと思うことが沢山ですよね。
外出先から、お風呂わかせたり、ごはん炊いたり・・・・なので盲導犬を守ることもできるのではないかな?って思いました。
そうやって考えたら、現代もすでに、未来社会ですよね。
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 11:31 [編集]
カテンべさんへ
> 設定されたプログラムを頑なに持ち続けて行動するのはロボットならでは、な感じもするし
> 人間やったら狂気の世界になってるのかも
>

そうですねーーー・・・・
人間だったら狂気の世界になってますね。確実に。
ロボットならでは、ですね「嘘をつかない」「永続的にそうあり続ける」


>
> 未来的には盲導犬の道案内ガイドとか危険察知、てな役割を果たすの、ウェアラブルな身に着けるタイプのコンピューターになってもよさそうね

確かに、犬でなくても、腕時計タイプとかの道案内とかでもいいですよね。
個人的には蝶ネクタイ型がいいですね。
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 11:37 [編集]
宵乃さんへ
> 人間ってなんだろう、愛ってなんだろうと考えさせられますよね。
> 外見の違いばかり見ていては、あのショーを楽しむ人間みたいになってしまうという事が伝わってきました。
> デイヴィッドは未熟ではあったものの、ある意味人間らしい一面を持っていたと思います。

あのショーで盛り上がれる人間って、やはり残酷ですよね。
でも、闘牛とか現代でも人間はそういう野蛮な部分を残してますよね。
そうですね、ディヴィッドは子供らしい、人間らしいロボットでした。
それが切なかったですね。


>
> >ドライブレコーダーの超小型化。ネックレスタイプのレコーダーをすべて、目の不自由な方へ。
>
> 良いアイデアですね。
> 二輪車用のものはすでに販売されているようだから、もっと小型化してくれれば使えるかも。
> ただ、傍受などの問題もありそうです。
> ロボットもそうですけど、犯罪者に利用されたり故障によるトラブルが怖いから、あんまり人命に関わるようなところで採用して欲しくないかなぁ。


確かに誤作動などで、人命にかかわることがありますね。
それも恐ろしいことかもしれませんね。
開発がすすまないのは、そういういこともあるのかもしれませんね。
ドライブレコーダーなら、すぐにでも使えて、問題はなさそうですが・・・



> 今回もご参加ありがとうございました♪

お誘いありがとうございました。
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 11:44 [編集]
盲導犬って、長生きしないと聞きました。
ストレスがあるんでしょう、、、。

アイボ君になれば、、、かえるママさんの意見に賛成です。

ただ、その映画は 愛がわかるロボットだけに、可哀そうですね。

きっと、観たらなきそうです。

おこちゃん | URL | 2014/09/16/Tue 12:12 [編集]
おこちゃんさんへ
> 盲導犬って、長生きしないと聞きました。
> ストレスがあるんでしょう、、、。
>
> アイボ君になれば、、、かえるママさんの意見に賛成です。
>
> ただ、その映画は 愛がわかるロボットだけに、可哀そうですね。
>
> きっと、観たらなきそうです。


おこちゃんさんも、動物を愛する人ですものね。

この事件は辛かったですね。

そうそう。アイボ君になったら、もっとワンコは、家の中の簡単な危険を知らせたり、

目覚まし時計をとめたり、すぐにできる仕事をするようにしたらいいと思いました。

そうなのです・・・この映画、最初はじょぼじょぼ泣けますね・・・

コメントありがとうございます!(^◇^)
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 13:18 [編集]
先ほどはコメントを有難うございました☆
>母モニカには、不治の病か?植物状態の実子マーティンがいたが、回復したため、退院して戻って来た。

回復するわけないじゃん!と、私はここに一番引っ掛かりました。
少しくらいは回復しても良いけど、ベッドでじっとしている程度ですよね?
普通に悪ガキ友人たちとプールサイドでワイワイ遊べるのは絶対におかしいですよね~(笑)。

どうもすみません、ママさんの記事はとっても愛情にあふれていて
ついつい私も甘えさせて頂きました。(ペコリ)。

愛情にあふれているというのは、前にもありましたが、
映画そのものと、最近起きた見て流す事の出来ないニュースの件を、
あたたかく一緒に書いてあるからです!

いつもそういうところ素敵だな♪って思います!
見習わねば・・・
いつも有難うございます☆

今回は、ママさんともリアルタイムにご一緒できて嬉しかったです!


.
miri | URL | 2014/09/16/Tue 14:39 [編集]
miriさんへ
こちらこそ、早速コメントありがとうございます。
(^◇^)



> >母モニカには、不治の病か?植物状態の実子マーティンがいたが、回復したため、退院して戻って来た。
>
> 回復するわけないじゃん!と、私はここに一番引っ掛かりました。
> 少しくらいは回復しても良いけど、ベッドでじっとしている程度ですよね?
> 普通に悪ガキ友人たちとプールサイドでワイワイ遊べるのは絶対におかしいですよね~(笑)。
>



本当ですよね。
回復する見込みがなかったから、ディヴィッドに愛情を・・・とプログラムしたのでしょうし。
はい、そして、その憎らしいことと言ったらありませんよね・・・(笑)
扱いがひどすぎます。



> どうもすみません、ママさんの記事はとっても愛情にあふれていて
> ついつい私も甘えさせて頂きました。(ペコリ)。
>
> 愛情にあふれているというのは、前にもありましたが、
> 映画そのものと、最近起きた見て流す事の出来ないニュースの件を、
> あたたかく一緒に書いてあるからです!
>
> いつもそういうところ素敵だな♪って思います!
> 見習わねば・・・
> いつも有難うございます☆
>
> 今回は、ママさんともリアルタイムにご一緒できて嬉しかったです!
>
>
> .


とんでもありません。
愛情あふれてとおっしゃってくださってうれしいです。

いつも話が脱線してしまってるのにもかかわらず、褒めて下さって、ありがとうございます。

今回は、久々のオンタイムで参加できて、良かったです。
記事が最初にあげたので、「もしかして、フライングかな・・・・?」と、ドキドキしてました。
小心ものです・・・(*^。^*)

映画は、見るたびに、新しい発見がありますね。
自分が年を重ねて、経験して思うこと、初めて見た時の印象、それぞれに思うところが違って、自分でも驚くことがありますね。
それも映画の素晴らしさですね。
また、今回は、他の方の意見も見せていただいて、全く違った角度で面白かったです。
ありがとうございます~。
かえるママ21 | URL | 2014/09/16/Tue 15:10 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/09/16/Tue 20:17 [編集]
鍵コメさんへ
だ、大丈夫ですか!?

そちらに行ってコメントしますね。
かえるママ21 | URL | 2014/09/17/Wed 13:29 [編集]
今晩は、確かソフトバンクでしたか一人の人が家に帰ってくるとお帰りなさいとか、会話までするロボットがあるそうです。これも日がたつにつれて人間の心に近づいてくるのです。感情を持ったりするロボットが出来るかもしれません。盲導犬の様なロボットが出てくることは近い将来可能だと思います。人間が生きていく上で自然を破壊したしっぺ返しに、土砂崩れ、異常気象など世の中今までになかった物をこれからも経験していくし、さらにそれは大きくなります。導犬の様なロボットが出てくると今度は知能の反撃が自然界に起こるような気もします。
purotoko | URL | 2014/09/18/Thu 19:45 [編集]
purotokoさんへ
> 今晩は、確かソフトバンクでしたか一人の人が家に帰ってくるとお帰りなさいとか、会話までするロボットがあるそうです。これも日がたつにつれて人間の心に近づいてくるのです。感情を持ったりするロボットが出来るかもしれません。盲導犬の様なロボットが出てくることは近い将来可能だと思います。人間が生きていく上で自然を破壊したしっぺ返しに、土砂崩れ、異常気象など世の中今までになかった物をこれからも経験していくし、さらにそれは大きくなります。導犬の様なロボットが出てくると今度は知能の反撃が自然界に起こるような気もします。

おはようございます。
もうすでに近未来社会到来なんですよね。
その技術を駆使して、盲導犬の代わりになる様なロボットに、かなり高度なガイドをさせることもできるでしょうね。今後の発展に期待したいところです。
仰る通り、自然のしっぺ返しとしか思えない災害があちこちで頻発していて、そのうち、進化したロボットからも逆襲される・・・というのが多くのSF映画の警鐘ですね。
それは人類が肝に銘じていかないといけませんね。
かえるママ21 | URL | 2014/09/19/Fri 09:59 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。