うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
理想は蜘蛛
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


大人になると誰しも、「理想とする生き方」や、哲学、美学、なるものを持って生きてるのではないでしょうか。
自分なりの「生きる意味」を考えながら。

勿論、人それぞれでしょう。
生きるか死ぬかの戦争を経験された方は、「生きることそのもが目標」という方もいらっしゃるでしょう。

日本の現代人は平和の中に生まれ育って、「生きる意味」を見失なってる人も多いかもしれません。

かえるままの理想とする生き方は子供を産んだ時から、理想の母になろうと思いました。

理想の母親像は「カバキコマチグモ」でした。

死生観ともつながってるかもしれません。


カバキコマチグモ
※最も分かりやすく書いてらっしゃる、こちらのブログから引用させていただきます。
UMAファン~未確認動物http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-893.html?sp
(コメントで引用のお願いしようと試みましたが、文字化けしてコメントが送れなかったです。)(~_~;)

さて、このカバキコマチグモの「母性愛」をみてみましょう。

母グモは巣を作りその中に卵を産みます。子グモたちが無事に孵 (かえ) るのを見守るため一緒に巣に待機します。

しばらくすると子グモたちが卵から一斉に孵りますが、それでも母親は巣にとどまります。母グモは子グモたちが1回目の脱皮を終えるまで面倒を見るからです。

小さな小さな子グモたちはすくすくと育ち、何日かするとやがて1回目の脱皮をむかえることになります。そう、母親の役目は終わりです、子グモたちの巣立ちの時だからです。お疲れ様でした~

素晴らしいというか、凄いのはここからで、1回目の脱皮を終えた子グモたちは、今まで見守ってくれた母親に別れを惜しまんと一斉に駆けつけるのです。

母親の元を去る前に最後の挨拶とばかりに集まるなんて、なんていい光景なんでしょう。

確かに彼らは母親と最後の別れとなりますが、それは意味が違うのです、集まっているのは母親の体を食べるためだったのです。

「用済みの母親」は子グモたちの血となり肉となるがために自らの体を捧げているのです、逃げることも可能なのに決して逃げることはないそうです。

(引用おわり)


一回目の脱皮が、巣立ちの時。

人間に例えると、反抗期を終える頃かもしれません。

子供が大人にりつつある時期でしょうか。

「母親の体を食べる」とは、実際に人間の子供が母親を食べることはないでしょうから、

つまり、母親の知識、智慧、生きるすべ、考え方、取捨選択する方法、生きざまを取り込むことではないか?と思ってます。

変わりゆくこれからの社会を生き抜く力を子供に携えることが血や肉となることだと。

命を与えることは究極の愛だと、蜘蛛から学びます。

いや、それは本能にすぎないかもしれません。

しかし、自分の体が子供の一部となって生きるのは、死は再生であると言えるかもしれない。

本当は母蜘蛛は死んでない、子供の命の一部となって生きてるのではないか。

命=愛

言い方はそれぞれありますが、最近はそう言って良いのではないかと思って来てます。

これからは、自分はゆっくりと身体を与えて死に向かう時期であろう、

そう考えていると、先日、歯医者さんで「歯列矯正」を勧められました。

これには、大変驚きました。

「歯列矯正をすると、見た目が良くなり、かみ合わせが良くなり、歯磨きしやすくなり、結果老後も自分の歯でいられ、

肩こり、頭痛も改善され健康になる」

とのことでした。

歯列矯正というのは、子供やせいぜいティーンエイジャーくらいだと思っていたし、値段も数十万円するとのこと。

「先生、わたしあともう、子供に身体を食べさせて死ぬだけなんです。」とは言いませんでしたが、

そういうことを言いましたら、大変驚いていらしたのです。

「子供も大事ですけど親も大事ですよ」と仰ってました。

同様に、飛行機に乗ると、必ず最初に危険時の安全確認の映像が流れます。

「酸素吸入マスクが降りてきたら、小さなお子さんがいらっしゃる方は、まず大人が最初にしてください」

と言われます。
これはとっさに出来るのかな?と思いますが、子供の方が生命力が高いので、大人がどうにかなったら、子供も助けられなくなる、という意味だと思います。

育児書にも「赤ちゃんと一緒にお風呂に入ってあがったときは、まずはお母さんが身体を拭いて服を着ましょう。赤ちゃんは身体が小さいから、すぐにあったまるし、生後半年位は免疫力も高いので風邪もひきません」と書いてあります。

そういうことは、理屈でわかってもなかなか、自分の美学が許さないかった。(笑)

自己犠牲的な自己欺瞞でしかないかもしれないけど、自分の中ではそういう理想があった。

歯医者さんでの話をしたら、家族全員が「あと死ぬだけだからやらない方がいい」とは思わないと言ってました。

生活の質(QOL)が上がるし、日本人の寿命から言ってあと人生の半分以上生きるかもしれないのに、自分の歯で快適に過ごした方がいい・・・・と。

驚きとともに、子供も育って確実に大人に育ってるのだな、と思った。

それと、「かえるめがね」という会社も自分にとって子供なのだということを思い出しました。

そういうわけで、もう少し死に向かうのは早いという結論でした。

先日、「安楽死」を自ら選んだアメリカの女性が話題になってましたね。

「尊厳死」

「生き方」「死に方」を選べる時代になりつつあるのは、良いことではないかな、と思います。

そして、自分も自分らしい生き方、死に方を選びたいと思いました。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/11/07/Fri 18:53 [編集]
考えさせられますね
母蜘蛛が子供に食べられるのは
高校の時の漫画で 描かれていました。

カマキリでも オスがメスに食べられますね。

虫の話は 好きです。

動物や昆虫から 育児を教わります。

厳しい自然の中で 生き抜いてきたのだもの。
私は キツネのお母さん。

キチンと子供を自立させるのです。
私も 子どもが大きくなったら
子供の成長の為に 親離れをしなくちゃいけない
と 思ってます。

かえるママさんの子育てに対するお気持ちが 凄く伝わって来ます。

でもそうですね。
かえるめがねは かえるママさんあって だもの。
存続させる為の経費と考えて・・・

お子様達も 凄く難しい事を仰りますね。
ママさんを説得させる為に 一生懸命に 考えられたのですね。

私も 今度 歯医者行こうかな。
(歯に穴が空いていて放置してるの)

最後の時 後悔しない様に
「今を生きる」事ですね。

安楽死された方も 色々考えた末の結論だったのでしょう。

人の考えは 千差万別だし
心だけは 自分の物なので
違って当たり前だと思います。
cael | URL | 2014/11/07/Fri 19:34 [編集]
はじめ、海外の女性なのかなと思いリンク先に飛んで
クモの種類だと知りました。ほんと驚きました。

母親の子への愛とはこんなにも
大きなものなんですね。
中には食べれないと思う子クモも出てくるのかな?

人間では 食べることはないけれど
かえるママさんが 書かれているように
親としての行き方などを 取り込むこと。
そう思うと、やっぱり恥ずかしいこととか 出来ないですよね。

あ・・・私は 恥ずかしいことばかりしてるけど(;^-^)
でも何かを どんな場合でも 何かを子供は読み取って
身になっていくのですものね。
最近 特に大人なのに?変な事件が 多いですよね。
同じ大人として 恥ずかしいですし 信じられない事件が多い気がします。

かえるママさんの 歯医者さんでの歯列矯正の話も納得!^^
でも本当に、子供に後は体を食べさせて。。。 
って言う部分を そのまま言われたらと想像しちゃった^^
気持ちはそうですものね。

生き方とか何も考えずに過ごしていたように思います。

でも何よりも、かえるママさんが
理想の生き方は、理想の母親になろうと 思われたって言うところに
感動しましたよ!

私なんて・・・理想の母親になろうと思ったことが、全く無かったです(汗)
ますますかえるママさんを尊敬です!*^-^*)

今、家族にこの記事を読みましたよ^^夫はクモの話は知っていました。^^

生き方と同時に死に方も考えるってことも必要ですよね!
凄く勉強になりましたし、食い入るように読んじゃった!^^
桃咲マルク | URL | 2014/11/07/Fri 22:24 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/11/07/Fri 23:22 [編集]
人生なるようにしかならない……まぁ、そんな感じで適当に生きていこうと考えていますが、それもまた理想の一つなのかな?
ただ私の理想は昔からスナフキンのような人生ですが、なかなか難しいものです(汗
NorthWind | URL | 2014/11/08/Sat 00:19 [編集]
こんにちは
クモが理想ですか〜
巣立つ時に全てを与えてこの世を去る、てのは、お金遺して、ほな、これで。てな感じをイメージしてしまったわσ(^_^;)

生きてく糧を与えるだけやなくて、生きてく術を教えてあげる、なのね

そんな方向なら、エサの捕り方、教えてあげたりする哺乳類系の方がええんちゃうの?と思てしもたわ^ ^

単にクモは好きになれないんやもんσ(^_^;)
カテンベ | URL | 2014/11/08/Sat 11:40 [編集]
鍵コメMさんへ
お優しいコメントありがとうございます!

とても深いぃコメントでした。
確かに、うちの親も、まだまだこれから・・・と思ってるみたいですね。
まあ、自分の親がこの日記を見たら、「自分まだまだなのに、なぜかえるままが・・・!」と驚くかもしれませんね。(笑)
そうですね。
仰る通りですね。
乳児期、幼児期、学童期が終わっても、大人になっても親は親なのですね。
かえるママ21 | URL | 2014/11/08/Sat 12:59 [編集]
caelさんへ
> 母蜘蛛が子供に食べられるのは
> 高校の時の漫画で 描かれていました。
>
> カマキリでも オスがメスに食べられますね。
>
> 虫の話は 好きです。


caelさん、こんにちは。
お返事が遅くなってごめんなさいね。
素敵なコメントありがとうございます。
蜘蛛でもタランチュラでしたか、雌蜘蛛が雄を食べますね。
まさに肉食女子!(笑)
虫の世界では共食いとか、ありますものね。
自然に学ぶ事は多いですね。


>
> 動物や昆虫から 育児を教わります。
>
> 厳しい自然の中で 生き抜いてきたのだもの。
> 私は キツネのお母さん。

そう言えば、映画で「キタキツネ物語」子どもの頃に見た記憶があります。
きつねの親子は、母と子がいつもいっしょですよね。
仰る通りです。
自然は過酷で、冬は厳しくエサもなく、外的は沢山いますからね。
どうにかして生き延びて行くために必死に、親が生きる術を教えるのですものね。

>
> キチンと子供を自立させるのです。
> 私も 子どもが大きくなったら
> 子供の成長の為に 親離れをしなくちゃいけない
> と 思ってます。
>


はい。そうですね。
いつか、その時は来ますね。


> かえるママさんの子育てに対するお気持ちが 凄く伝わって来ます。
>
> でもそうですね。
> かえるめがねは かえるママさんあって だもの。
> 存続させる為の経費と考えて・・・
>
> お子様達も 凄く難しい事を仰りますね。
> ママさんを説得させる為に 一生懸命に 考えられたのですね。
>



caelさん、ありがとうございます。
自分としては、「もう終盤」と思っていただけに、目から鱗が....
でも、本当はまだまだ...なのかもしれませんね。
お店も子どもみたいなものなので、お店も育てて、独り立ちするまでは、生きなきゃです。(笑)


> 私も 今度 歯医者行こうかな。
> (歯に穴が空いていて放置してるの)
>

そうですか!それは早めにいらした方がいいですね。
歯は、放置しても良くなりませんものね。
なかなか自然治癒しないのものなので、是非とも早めに。

> 最後の時 後悔しない様に
> 「今を生きる」事ですね。
>


本当に「今を生きる」これは大変難しいけど大事なことですよね。
過去の後悔と、未来への失望で、辛い思いになります。
「今日一日を生きる」その積み重ねなのですよね。



> 安楽死された方も 色々考えた末の結論だったのでしょう。
>

本当にそう思います。


> 人の考えは 千差万別だし
> 心だけは 自分の物なので
> 違って当たり前だと思います。


はい。
違っていいのだと思います。
人は自分と違うものを、異質なものとして排除したくなりますが、
多様性を認めること、それが宇宙の摂理なのですよね。
「心だけは自分の物」素晴らしい名言です。
かえるままもそう思います。
ナチスに強制収容されたアンネフランクを思うと、心だけは自由なのだ、何ものも束縛することはできない、と痛感します。
かえるママ21 | URL | 2014/11/08/Sat 17:34 [編集]
桃咲マルクさんへ
> はじめ、海外の女性なのかなと思いリンク先に飛んで
> クモの種類だと知りました。ほんと驚きました。


マルクさんこんにちは。
遅くなってごめんなさいね。
ごめんなさいね。驚かせてしまいましたでしょうか。
引用先のブロガーさんに飛びます。


>
> 母親の子への愛とはこんなにも
> 大きなものなんですね。
> 中には食べれないと思う子クモも出てくるのかな?


わははは
さすがマルクさん。関西人のつっこみ!
「おかん、まずっっ。ペッペッ」なんて、言う子蜘蛛がいたら、どうしようね。(笑)
思わず「しゃーくぞ、われ!」って、怒るかもです。
逆に「お母さんがかわいそう〜」って言う子もいるかもしれませんね?
人間だったら.....ね。


>
> 人間では 食べることはないけれど
> かえるママさんが 書かれているように
> 親としての行き方などを 取り込むこと。
> そう思うと、やっぱり恥ずかしいこととか 出来ないですよね。
>
> あ・・・私は 恥ずかしいことばかりしてるけど(;^-^)
> でも何かを どんな場合でも 何かを子供は読み取って
> 身になっていくのですものね。

いえいえ、マルクさんは偉いですよ。
かえるままは尊敬です。
いつも、献身的に、色んな事されていらっしゃるでしょ。
色んな事も我慢もしてきたし。
忍耐というのも、愛があってこそですよね。
すごいなーって思います。
そういう姿を、お子さん達はちゃんと見てるから優しいお子さんに育ってるのだと思いますよ。



> 最近 特に大人なのに?変な事件が 多いですよね。
> 同じ大人として 恥ずかしいですし 信じられない事件が多い気がします。
>


本当にそうですね。
へんな事件が多いですよね。
大人になれない人が多いのですよね。
大人が子どもに甘えてしまうことは、そこここでありますね。
子どもは大人を受け入れる天才ですから....


> かえるママさんの 歯医者さんでの歯列矯正の話も納得!^^
> でも本当に、子供に後は体を食べさせて。。。 
> って言う部分を そのまま言われたらと想像しちゃった^^
> 気持ちはそうですものね。
>

そうなの。
歯医者に説明したけど、ほぼそういうことを言ったと思うけど、
「子どもに身体を食べさせて」は言わなかったけどね。


> 生き方とか何も考えずに過ごしていたように思います。
>
> でも何よりも、かえるママさんが
> 理想の生き方は、理想の母親になろうと 思われたって言うところに
> 感動しましたよ!
>
> 私なんて・・・理想の母親になろうと思ったことが、全く無かったです(汗)
> ますますかえるママさんを尊敬です!*^-^*)
>
> 今、家族にこの記事を読みましたよ^^夫はクモの話は知っていました。^^
>
> 生き方と同時に死に方も考えるってことも必要ですよね!
> 凄く勉強になりましたし、食い入るように読んじゃった!^^

いえいえ。
マルクさんはきっと考えなくても、身についていらっしゃるのですよ。
マルクさんのご両親も素敵な方ですものね。
以前ブログでも拝見してますし、知ってますよ。
マルクさんのご両親が、理想のご両親だから意識せずに、生き方など考えなくても
親の様になる。それで、充分素敵なことですもの。

えー。
マルクさんファミリーがご覧になったの?
恥ずかしいわ〜。
いつかは死ぬ時に、後悔しない様に、どういう生き方、死に方するべきかな、って
あのアメリカの女性の「尊厳死」で考えさせられますね。

マルクさん素敵なコメントありがとうございます!!
かえるママ21 | URL | 2014/11/08/Sat 17:45 [編集]
鍵コメさんへ
鍵コメさん、ありがとうございます〜。

うふふ、
栗のかもめのたまごは、本当に季節限定でした。
記事を書き始めた時はあったのに、上げた時には、もうなかったんです。
秋だけのなんですねー。
めっちゃ素晴らしい〜コラボでした。
鍵ままさんは、岩手もいらっしゃってましたものね。
是非、来年食べましょ。
かえるママ21 | URL | 2014/11/08/Sat 17:50 [編集]
Northwindさんへ
> 人生なるようにしかならない……まぁ、そんな感じで適当に生きていこうと考えていますが、それもまた理想の一つなのかな?
> ただ私の理想は昔からスナフキンのような人生ですが、なかなか難しいものです(汗


わー♪
Northwindさん、お久し振りです。
お元気ですか?
スナフキン、いいですよね。
自由な旅人....
それも、理想ですよね〜。
かえるママ21 | URL | 2014/11/08/Sat 17:54 [編集]
カテンベさんへ
> クモが理想ですか〜
> 巣立つ時に全てを与えてこの世を去る、てのは、お金遺して、ほな、これで。てな感じをイメージしてしまったわσ(^_^;)


なるほど〜。
「お金遺して、ほな、これで。」
って言うのもありかもですよねー。
でも、そんなお金はないのです。(笑)
それに、世間を知らなかったら、誰かに騙されて一文無しになる可能性もありますよね。
生きる術も教えてあげないとですよね。


>
> 生きてく糧を与えるだけやなくて、生きてく術を教えてあげる、なのね
>
> そんな方向なら、エサの捕り方、教えてあげたりする哺乳類系の方がええんちゃうの?と思てしもたわ^ ^
>
> 単にクモは好きになれないんやもんσ(^_^;)


わはは
蜘蛛は嫌いな方が多いですね。
すみませんね。納豆といい、蜘蛛と言い、好かんもんばかりネタ続いてますわ....(笑)
かえるママ21 | URL | 2014/11/08/Sat 17:58 [編集]
かえるママさん、こんばんは^^

何度も記事読みました
昨日から考えさせられてますが
こりゃ簡単にコメで書ける内容ちゃいますわ
いつかお会い出来た時、ゆっくり盃交わしながらお話しましょ。
その日を楽しみにしております。

アメリカの女性のYouTube見ました
涙止まりませんでした。

自分らしくこれからも生きていかなきゃ
ね。


かのぼん | URL | 2014/11/08/Sat 20:01 [編集]
かのぼんさんへ
> かえるママさん、こんばんは^^
>

かのぼんさん、こんにちは〜。


> 何度も記事読みました
> 昨日から考えさせられてますが
> こりゃ簡単にコメで書ける内容ちゃいますわ
> いつかお会い出来た時、ゆっくり盃交わしながらお話しましょ。
> その日を楽しみにしております。
>
> アメリカの女性のYouTube見ました
> 涙止まりませんでした。
>
> 自分らしくこれからも生きていかなきゃ
> ね。


そうなんですね。
ありがとうございます。
何度も読んで下さって。

生きること、死ぬ事、日々流されて忘れてしまいそうになりますが、
常に、隣にあると思って、意識しながら、自分らしく生きてけたらいいですね。

そうですね、。
アメリカの女性のは、本当に涙がとまりませんでしたね。
かのぼんさん、コメントありがとう〜。

かえるママ21 | URL | 2014/11/09/Sun 10:56 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/11/09/Sun 18:31 [編集]
鍵コメさんへ
わ!!
え!?
ダッシュで伺いますね。
かえるママ21 | URL | 2014/11/09/Sun 18:42 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/11/09/Sun 20:05 [編集]
鍵コメさんへ
ありがとうございます!
お言葉、とても嬉しいですよ♪

深いメッセージ、心に刻みました。
心から感謝です。

記事もあげました。
うん、そうですね。
鍵さんは、これからです!

死は怖いのは、とても正常なことですよ。
みんなそうだと思います。
色んな事を考えさせてくれました。

ありがとう〜!
かえるママ21 | URL | 2014/11/09/Sun 21:02 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。