うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ブログdeロードショー「リベリオン」見たよ。
※新しいホームページが出来るまで、こちらに新店のインフォメーションを固定で載せておきます。通常記事は下に

5月22日(金)新さっぽろに「かえるめがね」が移転オープン致しました。
(※ホームページは只今新たに作成中です。)

これからもどうぞよろしくお願い致します。

【所在地】
〒004-0052

札幌市厚別区厚別中央2条5丁目6番 JR新さっぽろ駅名店街1階

(地下鉄5番出口タクシー乗り場そば)

【フリーダイヤル】 0120-916-543
電話 011−802−7001
FAX 011–802−7002
【営業時間】 あさ10時~よる7時


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
今回の「ブログdeローd−ショー」のお題「リベリオン」
オンタイムで見ることができました。
(書くのが遅くなりましたが。)
ネタバレしまくりますのでご注意を。


未来社会は、第三次世界大戦後に、人間の感情を排除することが義務づけられた独裁社会だった。

人を戦争にかりたてる怒り、攻撃性、憎悪....そういう感情をコントロールすることが

平和社会の構築に必要だと.....

国民は定時になると、政府が配給する感情抑制の薬の服用を義務付けられてます。

服用を無視し、感情をとりもどしていく主人公の演技が上手いと思いました。

(表情がどんどん素敵になっていくので。)

独裁制の怖さを考えずにいられなかった。

密告、それによる処刑。

監視社会。

これは結構深かった....

色々と考えさせられました。

感情.....

感情をコントロールすることの難しさと言ったらない。

いくら年を重ねても、上手く自分の感情を扱うことは難しいと感じます。

自らの感情に翻弄されて生きてると言ってもいい。

そして、この社会の中では感情を揺さぶる映画、音楽、絵画、文学などは所持を禁止されているのです。

感情を上手く扱えない自分は、この薬が欲しいと最初はずっと思って見ていたのに。

万人が論理的思考で

AならばB
BならばC
ゆえにAはCである。

と言う結論を導びくのなら、
個性はそこにない。


********************************
{感情とは}
(※wikiより引用しました。)
安心、不安
感謝
驚愕、興奮、好奇心、性的好奇心
冷静、焦燥 (焦り)
不思議 (困惑)
幸福、幸運
リラックス、緊張
名誉、責任
尊敬
親近感 (親しみ)
憧憬 (憧れ)
欲望 (意欲)
恐怖
勇気
快、快感 (善行・徳に関して)
後悔
満足、不満
無念
嫌悪

軽蔑
嫉妬
罪悪感
殺意
シャーデンフロイデ
サウダージ
期待
優越感、劣等感

怨み
苦しみ
悲しみ、切なさ
怒り
諦念 (諦め)
絶望
憎悪(愛憎)
愛しさ
空虚
***************************
人間が人間である所以、それが感情なのかもしれない。

(勿論、人間以外にも高等動物には感情はあります。)

感情こそが愛すべき個性なのだと気付きます。

感情を失うなら、戦争で人類が滅亡するのも運命なのかもしれない。


この映画を通して、思い出したフレーズがある。

レイチェルカーソンの言葉(「センスオブワンダー」より)

「『知ること』は『感じる』ことの半分も

重要ではない」


子供が小さい頃は、この言葉を座右の銘として大事にして来ました。

知識偏重社会の影響で、ついついお勉強お勉強と言いたくなる気持ちにブレーキをかけるために....

この言葉は私たち大人にとっても言えることなのだと、映画を見て気付きました。



それから映画の手法はかなり「マトリックス」の影響を受けてると思いました。

 「ガン=カタ」という二挺の拳銃での戦闘シーン、
更に言うと、黒いコートと言い、時間の使い方も「マトリックス」そのものに見えました。

「マトリックス」は映画界に革命をもたらしたと思います。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは
かえるママさんの説明はとても上手いので、借りて、観たくなります。

感情が抑える薬を 命令で飲むなんて、嫌ですね。
やらなければ、罰せられるという。

感情は 時に暴走したり、下降したり 揺れ動いたりで、大変だけど
感動や喜びもありますよね。

感情が全く無くなるなら、生きている必要も無い気がして来ます。

感じる事が 生きている証。
明日への原動力にもなりますものね。

知っているだけなら、それだけです。

なるほど、頷けました。
cael | URL | 2015/06/03/Wed 00:02 [編集]
こんばんは( *´艸`)
感情ってなかなかコントロールできないですよね。

小さい子は 出来ないように思っても
大人だってなかなか、出来ないし
押さえて我慢してる、お子様だって
いますものね。

知ることよりも、感じる事、心で
表現できる、心が正直になれるって
大事な事ですね。

知ることは、学校や独学でできても、
感じる事は
教えてもらってできるものじゃないものね。

映画から、いろいろなことを考えさせられて
自分と向き合う
大切な時間でもありますよね( *´◡`)❤
桃咲マルク | URL | 2015/06/03/Wed 00:32 [編集]
おはようございます☆
>感情.....
>感情をコントロールすることの難しさと言ったらない。
>いくら年を重ねても、上手く自分の感情を扱うことは難しいと感じます。
>自らの感情に翻弄されて生きてると言ってもいい。

ママさんの記事、嬉しいです☆
皆さんほとんど私とは違う見方をなさっていたので・・・

私は記事に書かなかった事で言いたかった事が山ほどあって
ママさんが書いて下さったことも、大共感です♪

お忙しいのに、映画を見て、記事を書かれて、凄いです☆
無理しないでね☆☆☆

>レイチェルカーソンの言葉(「センスオブワンダー」より)
>「『知ること』は『感じる』ことの半分も
>重要ではない」

素晴らしい言葉です!
全然知りませんでした!!!
このお言葉を座右の銘になさっていたなんて、お子様方、お幸せです♪

では今日もお店も家事もお忙しいと思いますが、
お身体第一に、頑張ってくださいね!
今、新しいお客様が、着て下さる、大チャンス時ですものね!!!

最後に、「愛と狂気のバガニーニ」
準新作になったので、お約束通りに借りました。
数日中に見て、あの記事にコメント書かせて頂きますね☆
私も今日一日、雨のようですが、頑張ります♪


.
miri | URL | 2015/06/03/Wed 07:35 [編集]
こんにちは〜
猟奇殺人犯みたいなもんばっかりな社会やったら、感情抑制、てのは必要なんかも、て思うけど
自己を律することができる、てのが人間らしさ、てもんのひとつやろし
必要な人がいてるのはわからないでもないけど、全員に、てのはやりすぎやんねぇ

抑制からの反動、なんてので、ほどほどのところを通り過ぎて、よくない結果になりそな気もするけど
映画やから、そんなことにはなってないんでしょうか?
カテンベ | URL | 2015/06/03/Wed 08:31 [編集]
こんにちは!
「マトリックス」好きなかえるママさんなら気に入るか、もしくはパクリと憤るかなぁ?とちょっと心配してました。
主人公が感情を取り戻していく変化が良かったですよね~。
あと、彼の幼い息子があれほど精神的に老成?してしまったことが悲しいです。

>「『知ること』は『感じる』ことの半分も重要ではない」

とてもよい言葉ですね。
ストーリー的にはかなり強引というか、解決してないのにしてるような雰囲気で終わる作品なのに、見るだけで終わらず、しっかり考えて得るものがあるというのが素晴らしいです♪

忙しいところ参加して頂けた上に、こんなに素晴らしい記事を書いて下さってありがとうございました♪
宵乃 | URL | 2015/06/03/Wed 10:29 [編集]
caelさんへ
> かえるママさんの説明はとても上手いので、借りて、観たくなります。
>


caelさん、そんな風におっしゃって下さってありがとうございます!


> 感情が抑える薬を 命令で飲むなんて、嫌ですね。
> やらなければ、罰せられるという。


はい、この映画の中で薬を飲まずにいると「感情違反者」として処刑されます。
怖いです.....
なので、薬を飲まずに、感情がないふりを装うのが、ドキドキしました。


>
> 感情は 時に暴走したり、下降したり 揺れ動いたりで、大変だけど
> 感動や喜びもありますよね。
>

そうですね。
怒りや、苦しい気持ちになる時は、辛いのだけど、
喜び、愛を感じる時は至福を感じますね。



> 感情が全く無くなるなら、生きている必要も無い気がして来ます。
>
> 感じる事が 生きている証。
> 明日への原動力にもなりますものね。
>
> 知っているだけなら、それだけです。
>
> なるほど、頷けました。

 caelさん、肯定的なコメントをありがとうございます。

感情をなくしたいくらい感情に翻弄されると嫌になりますが、

人が人として生きてる証ですね。

知識はこの時代簡単に入手出来ますものね。

実際に触れて、感じる、これが生きている感動になるのですよね。

ありがとうございます!
かえるママ21 | URL | 2015/06/03/Wed 17:00 [編集]
マルクさんへ
> 感情ってなかなかコントロールできないですよね。

マルクさんありがとう〜^^

>
> 小さい子は 出来ないように思っても
> 大人だってなかなか、出来ないし
> 押さえて我慢してる、お子様だって
> いますものね。


そうそう。
大人の方が感情を押さえられなずに困ってる人が多いのかもしれませんね。
子供は神に近いというか、色んなことを受け入れることが出来る存在ですよね。



>
> 知ることよりも、感じる事、心で
> 表現できる、心が正直になれるって
> 大事な事ですね。
>
> 知ることは、学校や独学でできても、
> 感じる事は
> 教えてもらってできるものじゃないものね。

知識よりも経験って分かっていても、
実際は、つい流されてしまうのだけど、
経験すること、感じることはとても大事なことですね。

そうそう、知識は後からでも、学校や独学で出来るから、
感性豊かな時代に、多くを感じることって貴重なことですね。
おっしゃるとおり、感じるということは教えて貰うものではないんですよね。


>
> 映画から、いろいろなことを考えさせられて
> 自分と向き合う
> 大切な時間でもありますよね( *´◡`)❤


SF映画は本当に面白いです。
未来を考えるとともに、現在を考える機会になります。
マルクさんコメントありがとう〜♡

かえるママ21 | URL | 2015/06/03/Wed 17:07 [編集]
miriさんへ
> >感情.....
> >感情をコントロールすることの難しさと言ったらない。
> >いくら年を重ねても、上手く自分の感情を扱うことは難しいと感じます。
> >自らの感情に翻弄されて生きてると言ってもいい。
>
> ママさんの記事、嬉しいです☆
> 皆さんほとんど私とは違う見方をなさっていたので・・・
>
> 私は記事に書かなかった事で言いたかった事が山ほどあって
> ママさんが書いて下さったことも、大共感です♪
>
> お忙しいのに、映画を見て、記事を書かれて、凄いです☆
> 無理しないでね☆☆☆
>



miriさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

本当ですか!?
かえるままは、1人でみなさんと違う感想でちょっと恥ずかしかったんですー。
ホッとしました。
ありがとうございます。

いつも、感激屋というか.....映画はほとんどの場合、感動してしてる単細胞でおバカなレビューで
みなさんが大人に見えてしまって....(ノ´∀`*)

今回の映画は酷評が多かったので、まじでこんなんで感動してる自分が恥ずかしくなりました。
^^


> >レイチェルカーソンの言葉(「センスオブワンダー」より)
> >「『知ること』は『感じる』ことの半分も
> >重要ではない」
>
> 素晴らしい言葉です!
> 全然知りませんでした!!!
> このお言葉を座右の銘になさっていたなんて、お子様方、お幸せです♪
>
> では今日もお店も家事もお忙しいと思いますが、
> お身体第一に、頑張ってくださいね!
> 今、新しいお客様が、着て下さる、大チャンス時ですものね!!!



miriさんありがとうございます。
元来、かえるままは、どちらかと言うと教育熱心な方だと思うのですが、
それにブレーキをかけるために、この言葉を念仏の様に唱えてました。
全くお勉強しない我が子に対して。(笑)

バタバタする時こそ、みなさんのブログを見るとホッとします。




>
> 最後に、「愛と狂気のバガニーニ」
> 準新作になったので、お約束通りに借りました。
> 数日中に見て、あの記事にコメント書かせて頂きますね☆
> 私も今日一日、雨のようですが、頑張ります♪
>
>
> .


「愛と狂気のパガニーニ」おかりになったんですね!
miriさんの辛口の感想も楽しみにしてます。
デヴィッドギャレットは、毎日聴いてます。
高音がソフトリーなストヴァリの演奏はビタミン剤の様に元気になります。

こちらも、雨が降って来ました。
お風邪などひきませんようにね。
かえるママ21 | URL | 2015/06/03/Wed 17:20 [編集]
カテンベさんへ
> 猟奇殺人犯みたいなもんばっかりな社会やったら、感情抑制、てのは必要なんかも、て思うけど
> 自己を律することができる、てのが人間らしさ、てもんのひとつやろし
> 必要な人がいてるのはわからないでもないけど、全員に、てのはやりすぎやんねぇ

カテンベさん、コメントありがとうございます。
そうですね。猟奇殺人犯には、必要ですよね。
グッドアイディアです。
それこそ、義務づけるべきかもしれませんよ。

>
> 抑制からの反動、なんてので、ほどほどのところを通り過ぎて、よくない結果になりそな気もするけど
> 映画やから、そんなことにはなってないんでしょうか?

そうですね、映画ではみんな表情がなくて、青白くて(白人だからか?)生気がない感じでした。
現実問題ではカテンベさんがおっしゃる通りかもしれませんね。
薬の副作用とか、効きすぎた場合とか....ありそうですよね。
未来社会では、もっと薬の効果が上がってるのかもしれませんね。
かえるママ21 | URL | 2015/06/03/Wed 17:52 [編集]
宵乃さんへ
> こんにちは!
> 「マトリックス」好きなかえるママさんなら気に入るか、もしくはパクリと憤るかなぁ?とちょっと心配してました。

こんにちは。
宵乃さん今回もお誘い下さってありがとうございました。
わはは
「マトリックス」のパクリはここそこに、色んな映画で見ましたから、
「これもだー^^」という感じです。
それほど、映画界に影響を与えた映画なんでしょうね。




> 主人公が感情を取り戻していく変化が良かったですよね~。
> あと、彼の幼い息子があれほど精神的に老成?してしまったことが悲しいです。
>


そうですね。
最初、宵乃さんがおっしゃってた「カッコいいだけの」と言うのが誰のことか分からず見てたんですが、
子供が「この人、超カッコイイ」と言ったので「この人?カッコいいの?」と聞き返して「この人のことを宵乃さんが言ってたんだー」って思いました。それほどあまりカッコ良く見えなくて。
それが感情違反で、どんどん表情を取り戻して行くと、だんだんカッコ良く見えてきました。(笑)
感情が表情に表れるからこそ、人がカッコ良くとか愛らしく見えたりするんだなって思いました。




> >「『知ること』は『感じる』ことの半分も重要ではない」
>
> とてもよい言葉ですね。
> ストーリー的にはかなり強引というか、解決してないのにしてるような雰囲気で終わる作品なのに、見るだけで終わらず、しっかり考えて得るものがあるというのが素晴らしいです♪
>
> 忙しいところ参加して頂けた上に、こんなに素晴らしい記事を書いて下さってありがとうございました♪

ありがとうございます!
本当は、みなさんのレビューを拝見して、なんでもかんでも感動する自分が、恥ずかしくなってました。
基本、単純で感激屋なので、なんでも感動するのです。(ノ´∀`*)
miriさんや宵乃さんのコメントで救われました。
酷評が目立ちましたね。

かえるままも、独裁制とは言え「平和国家」でも銃社会なままなのが解せなかったです。

宵乃さんコメントありがとうございました!

かえるママ21 | URL | 2015/06/03/Wed 18:02 [編集]
かえるママさん、こんにちは^^

あははー 映画オンチな私でも見た瞬間
マトリックスやん って思いました(笑)

うむ・・・
これって近い未来ですか?
未来じゃないですよ
過去にあったでしょ
愚かな現実が・・・
当時は薬は無かったでしょうが教育がありましたね

特攻隊 人間魚雷・・・

この方達、感情は無かったのでしょうか?

あの戦争で尊い命がいくつ亡くなったのでしょう
でも、裁かれた人はいません

この過去を踏まえて
そしてこの映画を観て
近い将来にこういう間違った社会にならないように願いたいもんですね。

この映画を観た方
そう「感じて」ほしいです。

かのぼん | URL | 2015/06/03/Wed 19:13 [編集]
かのぼんさんへ
> かえるママさん、こんにちは^^

かのぼんさん、いつもおおきにはばかりさーん♪

>
> あははー 映画オンチな私でも見た瞬間
> マトリックスやん って思いました(笑)

そうですね。あの黒いコートと言い、二梃銃と言い、キアヌリーブスを思わせる細身のイケメンと言い....
映像の時間の使い方と言い、不思議な空手の様なカンフーと言い....
もうもう、沢山マトリックスぽいとこはあります。



>
> うむ・・・
> これって近い未来ですか?
> 未来じゃないですよ
> 過去にあったでしょ
> 愚かな現実が・・・
> 当時は薬は無かったでしょうが教育がありましたね
>
> 特攻隊 人間魚雷・・・
>
> この方達、感情は無かったのでしょうか?
>
> あの戦争で尊い命がいくつ亡くなったのでしょう
> でも、裁かれた人はいません
>
> この過去を踏まえて
> そしてこの映画を観て
> 近い将来にこういう間違った社会にならないように願いたいもんですね。
>
> この映画を観た方
> そう「感じて」ほしいです。


素晴らしいコメントありがとうございます。
そうですね。
何も言わずに、運命というか、命令を受け入れて逝った兵隊さん達の心中はいかばかりだったでしょう。
この映画でも、ナチスドイツを彷彿させる独裁制によって統制されてました。
独裁制の怖さを感じました。
洗脳教育もそうですね。
戦争が起こらなくても平和を維持するために、独裁制が布かれるなら人間らしい暮らしは望めません。
それに、銃社会は未来でも必要なのか?とも思いました。
色々と示唆のある映画だったと思います。

素敵なコメントありがとうございます^^
かえるママ21 | URL | 2015/06/04/Thu 07:31 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2015/06/04/Thu 09:32 [編集]
鍵コメさんへ
ありがとうね。
釧路と、札幌は結構離れてるので、地震は大丈夫でした。
ちょうどお風呂に入ってたんだけど、上がったら地震情報があって、ビックリしました。

そうそう、最近、あちこちで地震があって怖いね.....
日本列島に住む以上は覚悟しなくちゃなのかもだけど、やっぱり地震は胸がざわざわするよね。
心配してくれて、ありがとうね。
かえるママ21 | URL | 2015/06/04/Thu 15:37 [編集]
人を愛するという感情もコントロールされてしまうのでしょうか?
感情を制御され、人間がロボット化する世界なんですね。
子供の感性も育たないかも。
感情の大切さを再認識させられる映画みたいですね。
マトリックスのようであれば、独特の世界観をまた見られるのかな?
面白そうです。
機会あれば見てみたいです。
解説ありがとうございました。


美雨 | URL | 2015/06/04/Thu 22:00 [編集]
美雨さんへ
> 人を愛するという感情もコントロールされてしまうのでしょうか?
> 感情を制御され、人間がロボット化する世界なんですね。
> 子供の感性も育たないかも。
> 感情の大切さを再認識させられる映画みたいですね。


美雨さん、コメントありがとうございます。
そうですね。人間がロボット化する世界でした。
誰もが感情を持たず、理性的で合理的で。
トラブルもないし、逆上することもないのですが、それはそれで悲しいものがあります。




> マトリックスのようであれば、独特の世界観をまた見られるのかな?
> 面白そうです。
> 機会あれば見てみたいです。
> 解説ありがとうございました。

ある部分で、マトリックスの真似をしてた感じですね。
もともと、マトリクスの中でモーフィアスの台詞
「You are the prisnor of your mind」

「Free your mind」

これが、このマトリックスという映画全体に訴えたかったことだと思うのですが、

そして自分自身の琴線に触れたことでもありますが

こちらの「リベリオン」と言う映画もまた、同じ様に訴えたかったのかもしれません。
その意味でも、パクリと言われればパクリなのかもしれませんね。
色々と考えさせられる映画でした。
かえるママ21 | URL | 2015/06/05/Fri 16:38 [編集]
かえるママさん、おはようございます。
移転オープンおめでとうございます。
映画、ストーリーもアクションも映像も楽しめそうな作品ですね。
座右の銘、とても素敵な信念をもって子育てされたのですね。(*^_^*)
Reveille | URL | 2015/06/06/Sat 07:59 [編集]
Reveilleさんへ
> かえるママさん、おはようございます。

Reveilleさん、おはようございます。
そちらはもう、初夏と呼ぶよりは夏の様な日々でしょうか。
九州産の色んな果物やお野菜が出てますね。


> 移転オープンおめでとうございます。
> 映画、ストーリーもアクションも映像も楽しめそうな作品ですね。
> 座右の銘、とても素敵な信念をもって子育てされたのですね。(*^_^*)

ありがとうございます。
これからも頑張りますので応援よろしくお願い致します。
SFが好きなので、ついつい脳みそフルスロットルであれこれ考えながら見入ってしまいます。
座右の銘は、もう、もっと子供が小さい時に本当にガミガミ言いたくなる自分にブレーキをかける為に、念仏の様に唱えてました。
今は少しブレーキが壊れ気味です。(笑)
ここに書いたのだから、少し自分を振り返って反省します。^^
Reveilleさんん、ありがとうございます。
かえるママ21 | URL | 2015/06/06/Sat 10:05 [編集]
こんにちは かえるママさん
ずっと寒い日が続きましたが
今日は少し気温が上がりましたねー
ブログdeロードショーでの
かえるママさんの感想にはいつも目が心が引きつけられます。
そして かえるママさんご自身を
あらためて魅力的な方だなぁと尊敬してしまうのです。
イヴまま | URL | 2015/06/08/Mon 10:51 [編集]
イヴままさんへ
> こんにちは かえるママさん
> ずっと寒い日が続きましたが
> 今日は少し気温が上がりましたねー
> ブログdeロードショーでの
> かえるママさんの感想にはいつも目が心が引きつけられます。
> そして かえるママさんご自身を
> あらためて魅力的な方だなぁと尊敬してしまうのです。


イヴままさん、こんばんはー。
そうですね、寒くて暖房もちょっと焚いてしまいました。
本州では30度超えたところも多いみたいですね。

とても嬉しいコメントをありがとうございます。^^
イヴままさんにそんな風におっしゃって頂くなんて、とても感激です。
イヴままさんは、3人の男の子達を立派に育てられて、とても尊敬ですよ。
みんなそれぞれ、理想的に育ってますよね。
かえるままは親としては、アツすぎてダメダメで日々失敗だなーと反省することも、落ち込む事も沢山あります。
でもイヴままさんの素敵な言葉でちょっと元気でます。
ありがとうございます!!


かえるママ21 | URL | 2015/06/08/Mon 18:52 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。