うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
映画「野火」
※今日の記事はグロいので、苦手な方、お食事中の方はご覧にならない方が良いかもしれません....

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
みなさん、大岡昇平の「野火」という本をご存知でしょうか?

自分は「これが戦争の恐ろしさだ」と心の底から震え上がった忘れられない一冊です。

これが戦争という「狂気」が犯させる「罪」か?

人が人の肉を食べるというのは、一体何を意味するのか?

この嫌悪感、恐怖感は、なんとも言えない。

自分がこの状況下にあったら、どういう行動をとるのか.....?

戦争70年なので、この本を読み返していました。

そして、これが映画になってると、今日知りました!(;・∀・)

しかも、上映は8月21日(金曜日)までだなんて。

最近の戦争映画は、なんとなく素敵な俳優さん揃いで、戦争を美化してないか?と疑問を頂きたくなる

作品が多い中、これは史実に基づいて制作された問題提起の映画と思います。



札幌はシアターキノで8月21日まで上映してます。

(全国的に21日までが多いようですね。)

http://eiga.com/movie/80686/theater/1/10101/

それから、タコ部屋労働でも人肉食はあったそうです。

なかなか書けませんが、こちらは飢えからの人肉食ではなかったようです。

お盆には、こちらもお参りしてきましたよ。

知ってしまった以上、素通りはできなくなりました。

(お水お花盆菓子は、帰る時に全部持ち帰りました。)
IMG_0534_convert_20150815145211.jpg

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは、
恐ろしいことですね。
予告編、見ました。
目を瞑ることなく事実として受け入れなきゃいけないでしょうね。
私の父は戦争は行ったけど戦わずに終戦を迎えたと。
このようなことをよく口にしていました。
平和を守り抜きたいですね(^-^*)

お参り、お疲れ様でした。
冷凍SANMA | URL | 2015/08/18/Tue 18:32 [編集]
こんばんは!
戦争、経験していないけど
事実は永遠に、語り知るべきだと思います。

娘が実家へ泊りに行きましたが、
その時に、父が戦争の話をしたそうです。
(父も戦争には行っていないですが(;^-^))

恥ずかしながら、前は戦争は昔の事なんだと
思っていました。
現代も戦争が起こっていますものね。

目をそむけてはならない事実が
そこにはあるのですから、
見ておきたい映画ですよね!!
桃咲マルク | URL | 2015/08/18/Tue 20:39 [編集]
こんばんわ。
人間も究極のストレスにさらされると、平常心などぶっ飛んでしまいますよね。
生きていくには飲んで食べなければなりません。
硫黄島の話で、水たまりに湧いたウジと共に、泥水を飲んだなんて話もありました。
失望と狂気の世界、そこには何も生み出されませんね。
okokkeitarou | URL | 2015/08/18/Tue 21:06 [編集]
こんばんは かえるママさん
教養のない私
本も映画も存じませんでした。
21日までですか・・・時間がとれそうになく残念です。
本を探してみようかしら。
争いは人の感覚を狂わせてしまうのでしょうか。
もし自分だったら
家族だったら
考えられないことですが
そこに現実がこうしてあったのですね。
イヴまま | URL | 2015/08/18/Tue 23:36 [編集]
お参りお疲れ様でした

そうですね、なんとなくですが悲惨さよりも
銃を使ってのアクションとかに力を入れてる感じですね
(全部見たり知ってるわけじゃないので間違ってる感想かもです)

文章を読んでるだけでも、背筋がぞわぞわしてくるし
ほんとに怖いですし、戦争は2度としちゃいけないって思いますね

荒ぶるプリン | URL | 2015/08/19/Wed 01:16 [編集]
おはようございます
どういうとこを伝えたいか、てなメッセージ性のあるものは心に訴えてくるものがあるんでしょうね

学校なんかでも上映して、子供なんかにもみせたほうがいいものなのかもねぇ、て思うけど
グロいわ、て思てまうよなシーンがあるのなら、年齢制限みたいなものがあるのかしらん?
カテンベ | URL | 2015/08/19/Wed 07:53 [編集]
たこ部屋で、餓え以外の理由ですか。。
、。
推測の域ですが、何となく気がつきました。
また、教えて下さいね。

映画では きれいごとの様に表現されているところがあるので、こちらの映画は観る必要がありますね。
ありがとうございました。
おこちゃん | URL | 2015/08/19/Wed 10:11 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2015/08/19/Wed 10:15 [編集]
こんにちは♪
ずいぶんご無沙汰してしまいましたがお変わりありませんか?

仰るように,脚色が多く,戦争をキレイに見せてしまう番組が
目につきますよね(この時期は特に…)。

どのような理由,どのような事実があったにせよ,
やはり戦争は狂気に満ちた残酷な世界。

平和への願いを新たにしたいものですね。
John Metavolita | URL | 2015/08/19/Wed 13:44 [編集]
冷凍サンマさんへ
> 恐ろしいことですね。
> 予告編、見ました。
> 目を瞑ることなく事実として受け入れなきゃいけないでしょうね。
> 私の父は戦争は行ったけど戦わずに終戦を迎えたと。
> このようなことをよく口にしていました。
> 平和を守り抜きたいですね(^-^*)
>


怖いですよね。見たいと思ってますが、見れないかも...と思ってます。
本だって、衝撃が大きいのですから、リアルな映像が出たら....
でも、本当にこれが真実なんですものね。

兵士たちは、東南アジアでは敵に殺されるよりも、飢えで亡くなった人が多いというのが
なんとも切ないです。



> お参り、お疲れ様でした。

ありがとうございます。
札幌市民を代表して(笑)お参りしてきましたよ。

かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 20:42 [編集]
桃咲マルクさんへ
> 戦争、経験していないけど
> 事実は永遠に、語り知るべきだと思います。
>
> 娘が実家へ泊りに行きましたが、
> その時に、父が戦争の話をしたそうです。
> (父も戦争には行っていないですが(;^-^))


マルクさん、コメントありがとうございます!
そう、日本はもう戦争を知らない世代ばかりになりつつありますよね。
戦後70年ってことは、だいたい実際に戦地に赴いたのは85歳以上ですよね。
....そう考えたら、真実を語り継ぐことは何にもまして重要だと思います。

うちの父も、色んな戦争の話をしてくれたのですが、後でよく年齢など計算して考えてみたら、
父も戦争に行ったわけじゃないのに、全部自分が行って見たかのように語って(笑)
それが臨場感あって、印象に残ったのかもしれないけど....
知らない史実を語ってくれることは大事ですよね。



>
> 恥ずかしながら、前は戦争は昔の事なんだと
> 思っていました。
> 現代も戦争が起こっていますものね。
>
> 目をそむけてはならない事実が
> そこにはあるのですから、
> 見ておきたい映画ですよね!!


これは実際は大画面で見たら、しんどいかもしれないですが、見てみたいと思います。
できれば、小さい画面のDVDプレーヤーみたいなので見たいです。
マルクさんコメントありがとうございます!
かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 20:51 [編集]
okokkeitarouさんへ
> こんばんわ。
> 人間も究極のストレスにさらされると、平常心などぶっ飛んでしまいますよね。
> 生きていくには飲んで食べなければなりません。
> 硫黄島の話で、水たまりに湧いたウジと共に、泥水を飲んだなんて話もありました。
> 失望と狂気の世界、そこには何も生み出されませんね。


こんばんは^^
本当にそう思いますね。
戦争を体験した方から見たら、こうした日常の連続というのが、どれだけありがたい幸福なのか。
はい。虫、葉、色々なものを食べて飢えをしのいだのですよね。
当時の方達が、今の飽食の時代を見たら、どう思われるのでしょう..... 
かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 20:56 [編集]
イヴままさんへ
> こんばんは かえるママさん
> 教養のない私
> 本も映画も存じませんでした。
> 21日までですか・・・時間がとれそうになく残念です。
> 本を探してみようかしら。
> 争いは人の感覚を狂わせてしまうのでしょうか。
> もし自分だったら
> 家族だったら
> 考えられないことですが
> そこに現実がこうしてあったのですね。


イヴままさん、こんばんは。
コメントし辛い記事に、ありがとうございます。
イヴままさんの様に、可愛らしくてハッピーな記事ばかり書けたらどんなにかいいか...といつも思ってます。
本当ですよ。
でも、こんなことしか書けないのです。
こんな本を読んでるのです。
こんなことを考えているのです。
この平和な日本のままで子供たちに引き継ぎたいです。
そんな心の中を吐き出してしまいました。

かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 21:01 [編集]
荒ぶるプリンさんへ
> お参りお疲れ様でした


ありがとうございます!
「札幌市民を代表して参りました。」と心の中で言いました。(笑)


>
> そうですね、なんとなくですが悲惨さよりも
> 銃を使ってのアクションとかに力を入れてる感じですね
> (全部見たり知ってるわけじゃないので間違ってる感想かもです)


はい。そうですよね。
本当の戦争はもっと悲惨で、苦しくて、恐ろしいと思います。
何かイメージが良すぎる気がします。


>
> 文章を読んでるだけでも、背筋がぞわぞわしてくるし
> ほんとに怖いですし、戦争は2度としちゃいけないって思いますね

おっしゃる通りです。
共感のコメントありがとうございます!
かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 21:04 [編集]
カテンベさんへ
> どういうとこを伝えたいか、てなメッセージ性のあるものは心に訴えてくるものがあるんでしょうね

大岡昇平さんは、体験記が多いです。
レイテ戦記や俘虜記など、史実に基づいてますますね。
その分、響きますね。


>
> 学校なんかでも上映して、子供なんかにもみせたほうがいいものなのかもねぇ、て思うけど
> グロいわ、て思てまうよなシーンがあるのなら、年齢制限みたいなものがあるのかしらん?


本当にグロいですね。
映像だと小さいお子さんには、ちょっと耐えられないかもしれませんし、トラウマになるかもしれません。
これは18禁が相当かな?と思います。
かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 21:10 [編集]
おこちゃんさんへ
> たこ部屋で、餓え以外の理由ですか。。
> 、。
> 推測の域ですが、何となく気がつきました。
> また、教えて下さいね。
>
> 映画では きれいごとの様に表現されているところがあるので、こちらの映画は観る必要がありますね。
> ありがとうございました。



おこちゃんさん、ありがとうございます!
そうですね....
色々と分かると、本当書けなくなってきますね。

そうですね。
きれいごとじゃない部分が大きいのが戦争だと思いますが、
なんとなく美しくまとまってる映画が多い気がしました。
そしてコメントでこの部分が一番共感していただいてる様で安心しました。
かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 21:14 [編集]
鍵コメさんへ
もちろんですよ!
^^
こちらこそ、ありがとうございます。
かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 21:15 [編集]
Jhon Metavolitaさんへ
> ずいぶんご無沙汰してしまいましたがお変わりありませんか?


ジョンメタさん、お久しぶりです!
お元気そうで、またお子さんたちが、すくすくと成長されてるのを拝見してとても嬉しく思いました。
そちらのブログにコメントがあまりよく分からないですが、出来てますでしょうか?
(実はFC2以外のブログにコメントはあまりしたことなくて、経験不足で、コメントできないことが多いのです。)


>
> 仰るように,脚色が多く,戦争をキレイに見せてしまう番組が
> 目につきますよね(この時期は特に…)。
>


ね、ね。
本当そう思いますよね。


> どのような理由,どのような事実があったにせよ,
> やはり戦争は狂気に満ちた残酷な世界。

はい。おっしゃる通りです。


>
> 平和への願いを新たにしたいものですね。

次の世代に平和の世界をバトンタッチしたいですよね。
かえるママ21 | URL | 2015/08/19/Wed 21:18 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。