うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
絵本読み聞かせ「ヤクーバとライオン」
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
BGMに「勇気りんりん」を


今日は小学校の絵本の読み聞かせに行ってきました。

足掛け10年の図書ボランティアも6年生の子供とともに、今年度で卒業になります。

なので、今年は一冊入魂で読んで参ります。

読んだ本はこちら↓「ヤクーバとライオン」という本です。

人気の絵本というのは、子供に愛される場合と、大人から絶大な支持を得る絵本とあると思うのですが、

「100万回生きた猫」「スーホーの白い馬」なんかは大人に人気の絵本ではないでしょうか?

こちらもどちらかというと大人に愛される本ではないかしらね?

IMG_1585_convert_20160721090846.jpg

2冊ある中の一冊目を今日は読みました。テーマは勇気。

勇気とはなんでしょう?

あんぱんマンのテーマソング「勇気凛々」には、勇気の定義はありません。

一般的に「勇気」の定義は、(wikiより引用)
「勇気とは、普通の人が、恐怖、不安、躊躇、あるいは恥ずかしいなどと感じる事を恐れずに(自分の信念を貫き)向かっていく積極的で強い心意気のこと。勇ましい強い心をいう。」
こんな意味合いで使うことが多いのではないでしょうか。

今アドラー心理学の「嫌われる勇気」がベストセラー1位となってる様です。

そのせいか「⚪︎⚪︎の勇気」というタイトルの本が多い様に感じられます。

「嫌われる勇気」の内容はと言うと、自分軸を持て、他人の評価に振り回されるな、

すなわち承認欲求をセルフコントロールせよ、
という内容に尽きると思います。
(忙しい人のためシリーズみたいやね)

以下、ネタバレですが、

この本の内容は....


アフリカの奥地のある村では少年がある年齢になると、

一人前の戦士として、勇気があることの証明として、一人でライオンと戦って倒してこなければならない。

ヤクーバも一人出かけてライオンと出会うが、そのライオンは傷ついていて、語りかけてくる。

「おまえには二つの道がある。弱ったライオンを殺し村に戻れば立派な男になったと言われるだろう。
二つ目の道は、殺さないことだ。そうすれがおまえは真に気高い心を持った人間になれるだろうr。しかし、仲間外れにされるだろう。どちらを選ぶか夜明けまでに考えよ。」

ヤクーバは殺さない選択をして、村へ帰るが、仲間の少年たちは立派な戦士になれるが、ヤクーバに与えられた仕事は村のはずれで牛たちの世話をすることだった。

しかし、そのことがあったせいか、村の牛がライオンに襲われることはなくなったそうだ。


私的な感想ですが、
この本が大人向きで真髄をついてると思われ、
一目置く理由は「勇気」の他に「不条理」も含まれてると思うのですよ。

この本はフランスで出版された本を柳田邦男さんが訳したものです。

植民地時代アフリカはフランス領が多かったですからね。

しかも「不条理」を扱うとはフランス文学の最高峰と言われるカミユの血を受け継いているのでしょうか。

このヤクーバの「勇気」とは、冒頭にもあったように、「嫌われる勇気」つまり自分軸を持って、

承認欲求をセルフコントロールした少年の物語と言えましょうか。

人間に備わった本能とか欲求というのは、人間が生きるために必要だから備わってるわけで、

自然界では身体的にか弱き存在の人間は社会的に群れて生きる動物です。

「承認欲求」も本能として必要だったわけで、社会的に承認されることで群れの中で上手くやって生き延びる。

群れのリーダーとなり、自らの子孫(DNA)を残すことが、雄の生存の王道だったわけです。

現代社会においても観察してみても、

男性というのは、群れの中(所属する組織)での相対評価による恋愛対象者に承認されるべく振る舞い、

群れのリーダーとなるのを目標にしつつ、パートナーを得る、そういう生き物だと言う点では原始社会からなんら変わっ

てないのかもしれませんね。

(男性諸君、失礼な表現があったらごめんなさいね。)

もう一つのテーマ「不条理」とは、

少年は戦わない勇気を持って、真の勇者となり村へ戻ったのだけど、

待っていたのは冷遇だった。

村の外れで牛たちの世話をする事.....

村の牛たちがライオンの群れから襲われなくなったのは、ヤクーバのお陰だったと言うのに!

倫理的に合理的であっても、人間の美学として立派であっても結果は矛盾を生む場合もあるのだと。

しかし、見方によっては、牛達にのんびりお世話をしつつ、

人間関係の煩わしさから少し距離をとって村の外れで過ごせるというのは、

他人に振り回されずにいられる程よい環境なのかもしれません。

そう考えると、人間万事塞翁が馬なのかもしれませんよね。

と言うわけで、次に(「ヤクーバトライオンⅡ(信頼)」に)続くのです。

(次は夏休み明けに読む予定です)

長々と書きましたが、最後までおつきあい下さってありがとうございました。m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このライオンを殺さなかった ヤクーバは
世間から 少し外れた位置になって
少し 楽かもしれません。

誠の人というのは
人から理解されにくく、
賞賛を受けないもの なのかもしれないですね。

神のみぞ 知る の様な。

今日、たまたま図書館で 
「嫌われる勇気」を特集している雑誌を手に取り
少し 読んで来ました。

図書館の駐車場が一杯で、路駐だったので
気持ちが急いでいて あまり頭に入らなかったのですが(^_^;)
cael | URL | 2016/07/21/Thu 22:32 [編集]
こんばんは。お邪魔します。
ヤクーバとライオン、、知りませんでした~
読んでみたいなと思いました。
教えていただき有難うございます(*^^*)
おきまちあき | URL | 2016/07/22/Fri 00:22 [編集]
こんばんは^^
日本人は八方美人的な方が多いよね。
ついつい自分の意見があっても嫌われないように
大勢の意見に賛同している。

私もついつい八方美人な所があるけど
何故だか、世間を小ばかに?したような人と仲良くなる傾向もあるの。

小さい時に虐待を受けたとか、で誰も信用しなくなったとか
世間に合わさない。そんな人と不思議と繋がってしまう。
私には無い世界だけど、同じ日本人とて心の中には
いろいろな世界が人それぞれあるのだなと思いますよね。

このヤク―バーある意味長男はこのタイプかもしれない。
だからと言ってヤクバーみたいに
立派に進めてないんだけどね(;--)
絵本の読み聞かせいいね^^声に出すと自分の脳にも直接聞こえて
心で読むのよりもずっと内容が入ってきますよね^^
桃咲マルク | URL | 2016/07/22/Fri 01:44 [編集]
おはよーさん
ライオンを見逃したから、その人の世話してる牛が襲われなくなった、てことは
従来は牛は襲われてた、てことで
今は牛は襲われなくても他の家畜はそうでもないのでは?
襲ってくるから厄介なライオンやっつけとかな、てな感じの儀式も継続してるなら

襲わなければ襲われない、みたいなのことになった牛のお世話係はいつまで安泰でいられるのやろ?

カテンベ | URL | 2016/07/22/Fri 07:31 [編集]
いつもおおきにはばかりさん(^-^)

まずは「絵本の読み聞かせ」
長い間お疲れ様でした。
なんか寂しいですね
最後、泣いてしまうんちゃいます?
発音の仕方、発声の仕方、間の取り方
みたいな話したことありましたね^^
残りあと少し、がんばってください!

そうですね
現代社会は90%ぐらい不条理かも知れませんね
それに当たり前になってるから麻痺してしまって不条理を不条理と気づいてない事も多いかもですね。

そうそう、幸福の価値観なんて人によって全然ちゃいますからね
牛のお世話するのもいいし
て言うか、それも立派な仕事です。
何事にも適材適所ってのがあるんですからね。






かのぼん | URL | 2016/07/22/Fri 18:59 [編集]
こんばんは、かえるままさん。

なるほど~。
しかし、その選択肢は今や王道(^-^;
出世欲など毛頭ない、強いては物欲もない世代が溢れてます。
認められて余計な責任とらされるよりはマイペースで穏やかに暮らしたい。

なので、お金も車もマイホームもいらないそうです。
ヤクーバを見ているとマイペースもいいよ的な考え方が見え隠れしますね。
続きがどういう展開になるのかで何がいいたいのかハッキリしそうですね。
okokkeitarou | URL | 2016/07/22/Fri 19:08 [編集]
caelさんへ
> このライオンを殺さなかった ヤクーバは
> 世間から 少し外れた位置になって
> 少し 楽かもしれません。


caelさん、コメントありがとうございます。
そうですね。
caelさんはよく深く考える方だから、きっとそう思われるかも、って納得してました。



>
> 誠の人というのは
> 人から理解されにくく、
> 賞賛を受けないもの なのかもしれないですね。


そうですね。
そういう方こそ、自分からアピールしないからかもしれませんよね。
かえるままもそう思います。


>
> 神のみぞ 知る の様な。
>


そう。それでいいのかもしれませんよね。
善行とはもともとそういうものですよね。



> 今日、たまたま図書館で 
> 「嫌われる勇気」を特集している雑誌を手に取り
> 少し 読んで来ました。

おぉ!
なんとタイムリーな。
今、人気の本の様ですものね。


>
> 図書館の駐車場が一杯で、路駐だったので
> 気持ちが急いでいて あまり頭に入らなかったのですが(^_^;)


わかります〜。
そういう時って、気持ちが落ち着かず、そわそわしてしまいますよね。
「ゆっくりじっくり時間を気にせず図書館に一日中いる」っていうのが今のところ、ささやかな夢です。
^^


かえるママ21 | URL | 2016/07/22/Fri 22:57 [編集]
おきまちあきさんへ
> こんばんは。お邪魔します。
> ヤクーバとライオン、、知りませんでした~
> 読んでみたいなと思いました。
> 教えていただき有難うございます(*^^*)


こんばんは〜^^
コメントありがとうございます。
まだ、この本はあまりメジャーじゃないみたいですね。
なぜかな?不思議です。
大人が読むと、深い絵本です。
かえるママ21 | URL | 2016/07/22/Fri 22:59 [編集]
桃咲マルクさんへ
> 日本人は八方美人的な方が多いよね。
> ついつい自分の意見があっても嫌われないように
> 大勢の意見に賛同している。


そうですよね。
それは思いますね。
なんだったかな、確かね、法則があるみたい。
どんな場合でも、自分の意見がなくて日和見的に流される人が6割、
反対の人が2割、賛成の人が2割だったかな?



>
> 私もついつい八方美人な所があるけど
> 何故だか、世間を小ばかに?したような人と仲良くなる傾向もあるの。


マルクさんは八方美人じゃなくて真正美人よん^^
自分が魅かれる人のパターンってあるよね。
かえるままは女性だと、きっつい性格の人に魅かれてしまう。
ドMかも。(笑)





>
> 小さい時に虐待を受けたとか、で誰も信用しなくなったとか
> 世間に合わさない。そんな人と不思議と繋がってしまう。
> 私には無い世界だけど、同じ日本人とて心の中には
> いろいろな世界が人それぞれあるのだなと思いますよね。


わかるわ。
そう、
人それぞれ見てる世界が違うから、心も違うし、時間や年齢とともに同じ人間でも
変化するしね。
そう思うと全ての人と一期一会で、ご縁も不思議ですよね。

マルクさんは幸せな子供時代だったからこそ、
「陰と陽」が魅かれる様に、陰のある人とつながってしまうのかな?


>
> このヤク―バーある意味長男はこのタイプかもしれない。
> だからと言ってヤクバーみたいに
> 立派に進めてないんだけどね(;--)
> 絵本の読み聞かせいいね^^声に出すと自分の脳にも直接聞こえて
> 心で読むのよりもずっと内容が入ってきますよね^^


ヤクーバはこの時は少年だけど、
もっと素敵な大人になる、その成長過程なんだろうなって思うわ。
やはり大きな器を作るのには時間がかかるものなんだねって男の子を育てて、つくづく思う今日この頃です。

絵本の読み聞かせは、いろんな効果があるみたいだけど、
最近の研究で、読み聞かせした子供と読みきかせしない子供たちで比べたら、読みきかせした子供たちの方が学習の成績が上がったそうです。
小学校3〜4年生に最も顕著な効果があったそうですよ。

かえるママ21 | URL | 2016/07/22/Fri 23:12 [編集]
カテンベさんへ
> ライオンを見逃したから、その人の世話してる牛が襲われなくなった、てことは
> 従来は牛は襲われてた、てことで
> 今は牛は襲われなくても他の家畜はそうでもないのでは?
> 襲ってくるから厄介なライオンやっつけとかな、てな感じの儀式も継続してるなら
>
> 襲わなければ襲われない、みたいなのことになった牛のお世話係はいつまで安泰でいられるのやろ?



う〜ん、牛以外の家畜のことは考えてなかったです〜(^_^;)
どうなんでしょうね????
これは実話なのかな?

まあ、ライオンも群れ作ってファミリーで動くから、いつかは別のライオンのファミリーにはやられちゃうのかもしれませんね。( ; ; )
牛のお世話係、いつまでなんでなんでしょうね?(笑)
かえるママ21 | URL | 2016/07/22/Fri 23:18 [編集]
かのぼんさんへ
> いつもおおきにはばかりさん(^-^)
>

いつもおおきにはばかりさ〜ん^^


> まずは「絵本の読み聞かせ」
> 長い間お疲れ様でした。
> なんか寂しいですね
> 最後、泣いてしまうんちゃいます?
> 発音の仕方、発声の仕方、間の取り方
> みたいな話したことありましたね^^
> 残りあと少し、がんばってください!



そうですよね〜。
よく覚えて下さっててありがとうございます。

いえね、普通の絵本でも泣けるので、もう泣けそうな絵本は持っていかないことにしてます。
恥ずかしのでね。^^
最後は面白い落語絵本など、お笑い系にしよう〜って思いますよ。


>
> そうですね
> 現代社会は90%ぐらい不条理かも知れませんね
> それに当たり前になってるから麻痺してしまって不条理を不条理と気づいてない事も多いかもですね。


確かに。
不条理の中から学びがあるのかもしれませんが本当にそうですよね。


>
> そうそう、幸福の価値観なんて人によって全然ちゃいますからね
> 牛のお世話するのもいいし
> て言うか、それも立派な仕事です。
> 何事にも適材適所ってのがあるんですからね。


なんか私たちの社会にも通じるものがありますよね。
だからこの絵本、すごいな〜って思います。
自分でどう思うか、それが大事ですよね。

かのぼんさん、深いぃコメントありがとうございます〜。

かえるママ21 | URL | 2016/07/22/Fri 23:30 [編集]
okokkeitarouさんへ
> こんばんは、かえるままさん。


こんばんは〜^^


>
> なるほど~。
> しかし、その選択肢は今や王道(^-^;
> 出世欲など毛頭ない、強いては物欲もない世代が溢れてます。
> 認められて余計な責任とらされるよりはマイペースで穏やかに暮らしたい。
>
> なので、お金も車もマイホームもいらないそうです。


う〜む。
そうみたいですよね?
草食系男子ってやつでしょうか?
これはどういう現象なのでしょうね?どういう原因なのかな?ってかえるままも不思議です。
無欲なのは達観してるってことでしょうか?
ある意味、霊的な進化を遂げてる?
それとも無気力、無関心?


> ヤクーバを見ているとマイペースもいいよ的な考え方が見え隠れしますね。
> 続きがどういう展開になるのかで何がいいたいのかハッキリしそうですね。


ありがとうございます〜。
続きは忘れた頃に書きます〜^^
かえるママ21 | URL | 2016/07/22/Fri 23:38 [編集]
社会や組織あるいはグループの中で、嫌われる勇気を持つって、人間社会では高いハードルですね。
特に日本人には。
言い換えればブレない思想をもつことなんでしょうか?
周囲がなんと言おうと、考えを貫くことがきっと人を動かすのかもしれません。
やがてはリーダーになる人だと思います。
アップルのスティーブ・ジョブスみたいに。

社会で生きていく上では周囲に迎合していくことも重要ですが、一歩前に進むには嫌われる勇気をもつことなんですね。

ヤクーバは陰の立役者です。
目立たない勇気でしたが、これもひとつの勇気のある選択だったのですね。

かえるママさん、最後の読み聞かせお疲れ様でした。
きっと大人になってお子さんたちもこの体験を思い出すでしょうね。
そして、おなじように自分のお子さんに読み聞かせしてもらえたら幸せですね。



MIUMIU 美雨 | URL | 2016/07/23/Sat 23:07 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016/07/24/Sun 01:26 [編集]
こんにちは。
10年間も図書ボランティアをされていたのですね。
偉いなぁ。
そしてお疲れ様でした。

一冊入魂、読み聞かせ。
けっこう体力消耗するのでは?
私になどとてもマネできませ~ん。
舌、かんじゃいそう(*'-'*)

かえるママさんの解説されている「ヤクーバとライオン」。
読んでみたいと思います。
冷凍SANMA | URL | 2016/07/24/Sun 12:09 [編集]
MIUMIU美雨さんへ
> 社会や組織あるいはグループの中で、嫌われる勇気を持つって、人間社会では高いハードルですね。
> 特に日本人には。
> 言い換えればブレない思想をもつことなんでしょうか?
> 周囲がなんと言おうと、考えを貫くことがきっと人を動かすのかもしれません。
> やがてはリーダーになる人だと思います。
> アップルのスティーブ・ジョブスみたいに。


おっしゃる通りですよね。
嫌われる勇気を持った方はジョブズの様な生き様になるのかもしれませんね。
ジョブズはアスペルガーとかADHDと言われてますが、
かえるままは最近しみじみ思うのですが、
世の中、人間いろんなタイプの人がいてこそ、うまく成り立って機能するのかなって思います。
例えば、組織なんかだと嫌われる勇気を持ったアウトロー的な人というのは、
浮いてしまったり、いじめにあう対象になるのかもしれませんが、一方うまくいけば
天才的な新奇な試みに挑戦できたり、うまく機能すればリーダーシップを発揮し人がついてくるかもしれません。
でもそういう人ばかりじゃあ、まとまらないのかもしませんから、やはり日本人的な和をもって尊しとする人もあまた必要なわけで、「企業戦士」なんて言葉がありますが、人に合わせることができる人も必要ですし、
そして、様々な特性、個性を認め合う、これからはそういう社会になっていくのかな、と思ってます。



>
> 社会で生きていく上では周囲に迎合していくことも重要ですが、一歩前に進むには嫌われる勇気をもつことなんですね。
>
> ヤクーバは陰の立役者です。
> 目立たない勇気でしたが、これもひとつの勇気のある選択だったのですね。


そうですね。
少年が一人狩りに出て、一晩自分で考えた、その結論は勇気ある選択だったと思います。


>
> かえるママさん、最後の読み聞かせお疲れ様でした。
> きっと大人になってお子さんたちもこの体験を思い出すでしょうね。
> そして、おなじように自分のお子さんに読み聞かせしてもらえたら幸せですね。


今年度で最後ですが、まだ来春まで続くので、頑張りますよ。
キラキラと輝く瞳は、一番かえるままにとっていい思い出になると思います。
素敵な子供達に感謝です。

素敵なコメントいつもありがとうございます。^^
かえるママ21 | URL | 2016/07/24/Sun 20:35 [編集]
鍵コメさんへ

> 北海道は行ったことがありませんが、いつかは行ってみたい場所の
> 筆頭です!!いくらが山盛りの海鮮丼が食べてみたいです(笑)
>
> 勝手ながらリンクも貼らせていただきました!!
> これからも宜しくお願いいたします!(^^♪

北海道は、春夏秋冬見るところ、食べるものがありますので、
いくら、食べ放題とかある様ですので、是非いらしてくださいませ〜。

こちらこそ、ありがとうございます!
こちらも早速リンクを貼らせていただきました。
これからも末長く、どうぞ宜しくお願いいたします。^^
かえるママ21 | URL | 2016/07/24/Sun 20:38 [編集]
冷凍SANMAさんへ
> 10年間も図書ボランティアをされていたのですね。
> 偉いなぁ。
> そしてお疲れ様でした。


一番最初は、ちょっとだけ荒れてた上の子のクラスで、
子供達みんなに、絵本のクリスマスプレゼントを〜と3人のママ達で始めたのがきっかけでした。
その時は「読み聞かせボランティア」っていう組織じゃなくて、単なる有志でやりました。
クリスマスだったので、サンタさんや、かえるままはトナカイの格好で行きましたよ。
(今思えば、超恥ずかしい自分のトナカイ姿を思い出してる....遠い目....どうやって帰って来たんだだっけ...トナカイの姿で)(笑)
今は、たくさんの人が参加して、学校から予算もいただいて、活動も本格的になってて、やばり月日たって進化してるのですね....



>
> 一冊入魂、読み聞かせ。
> けっこう体力消耗するのでは?
> 私になどとてもマネできませ~ん。
> 舌、かんじゃいそう(*'-'*)


ううん、
全然へたくそな自分を受け入れてくれてる子供達にいつも感謝ですよ。
舌噛むどころか、滑舌悪いかえるままなのに、よくぞ集中して聞いてくれてるよ〜っていつも思います。



>
> かえるママさんの解説されている「ヤクーバとライオン」。
> 読んでみたいと思います。


面白いです〜^^
冷凍SANMAさん、コメントありがとうございます〜。
かえるママ21 | URL | 2016/07/24/Sun 20:46 [編集]
人間軸

あるようで、なく、ないようである?
このような勇気、難しいことかもしれませんね。

勇気あることをするのは たくさんの人ですることは大丈夫ですが、一人って本当に勇気がいりますよね。

とてもいい本をかえるママさんは伝えていくのですね。
なんだかとてもうれしい気分。
本当に、平和に暮らしていけることが大切ですが、この本の中では、
ライオンを射止める勇気も必要なのかもしれませんね。



ami | URL | 2016/07/24/Sun 22:53 [編集]
amiさんへ
> 人間軸
> あるようで、なく、ないようである?
> このような勇気、難しいことかもしれませんね。
>
> 勇気あることをするのは たくさんの人ですることは大丈夫ですが、一人って本当に勇気がいりますよね。
>
> とてもいい本をかえるママさんは伝えていくのですね。
> なんだかとてもうれしい気分。
> 本当に、平和に暮らしていけることが大切ですが、この本の中では、
> ライオンを射止める勇気も必要なのかもしれませんね。


いろんな意見や見方があるものですね。
それでいいんですよね。
それが自分軸です。
そうそう、たくさんの人ですることは容易いですが、一人で決め、一人で実行するって大変なことですよね。
なかなかできません。
よらば大樹で、迎合する方が楽ですもの。
でも、それじゃあ自分の人生生きられない。
自分軸で決めたことならば、受け入れることも手放すことも出来るかもです。

かえるママ21 | URL | 2016/07/25/Mon 18:32 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。