うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

みなさま、これぞ日本の夏「THE日本の夏」という真っ只中にありますが、

30度超えの厳しい暑さ、伝統的にご先祖様をお迎えするお盆、熱い闘いが繰り広げられてる甲子園、

71度目の終戦、今年最大の流星群、夜空に見えるギリシャ神話の物語ペルセウス座流星群、

みなさまはどんな夏を感じていらっしゃるでしょうか?

去年の今頃でしたが、脚本家の倉本聰さんの講演を聞く機会がありました。

その時のお話で一年経った今も忘れられずに覚えてる事は、

倉本聰さんが、太平洋戦争中に山形県に学童疎開した時のお話です。

戦争中は輸入に頼る日本は食べ物がなくて、国民みんなが栄養不足による栄養失調で、

野菜、かぼちゃの種、イナゴなどを食べることを余儀なくされたようです。

戦局が長期戦になるにつれ、配給制の物資が増え、特に砂糖は確か飛行機の燃料として化学合成されるんだった様な?

そういうわけで、砂糖は殆ど当たらなかったそうです。

そこで、倉本聰さんの時代の子供達は知恵を使って実家に「薬を送ってくれ」って頼むんだそうです。

薬は「糖衣」と言って甘いものが多いですよね。特に子供用の薬は。

薬の甘さを味わうのが楽しみだったそうです。

薬の供給もままならなくなったら、

なんと絵の具を食べたんだそうですよ。

絵の具、なんて食べたことないですよね。

黒など色の濃いのは体に悪いが淡い色だったら体に負担が少ない、という都市伝説まであったそうです。

(現在の食品添加物の着色料だと、黄色の発がん性が危険上位なんですけどね。^^)

今、砂糖の自給率はまだ35%前後だそうですよ。

現在健康上、悪者になってる砂糖ですが、当時の子供達のためにも、感謝しながら頂きたいと思いました。

そうそう、食品添加物も感謝しながら食べると、吸収率が下がるそうですよ。

健康に注意してる人が病気になったり、そんなことなど全然気にしないでなんでも食べてる人が長生きしてるパターンも

きっと、そんな理由なんじゃないかな?って思って、感謝を忘れずに食べる様にしてます。

当時はこんな風に召し上がったのでしょうか?

これも贅沢だったのでしょうね。

北海道の郷土料理で、おやつに作って食べます。

カボチャ団子。

{カボチャ団子}
*カボチャ       半分
*片栗粉        2〜4割くらい
*バター         適量
{みたらし団子のたれ}
*砂糖          100g
*水           120g(=120cc)
*しょうゆ        25cc
*粉末だし         少々
*水溶き片栗粉       


1、カボチャの皮はとっても、とらなくても可。
皮を取る場合は、包丁で、絶対に指を下に置かない。危険なので。
面で、外側に削ぐ。
FullSizeRender-3.jpg

2、カボチャを切って蒸す。

3、蒸しあがったらフォークで潰す。
IMG_1618_convert_20160814162711.jpg

4、片栗粉を入れ、バターを入れる。
IMG_1619_convert_20160814162636.jpg
※ここで、お団子らしくまとまらなければ、片栗粉とバターを足していく。

5、お団子に形作って、フライパンで焼く。
FullSizeRender-2.jpg

みたらし団子のたれは、
材料をお鍋に入れ、混ぜて、水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。

ジャガイモでも、同じ様に作ります。「いももち」って言います。^^
FullSizeRender_201608141721560f0.jpg


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今、戦争のテレビ番組がおおいですね。

今ごろにして、当時は語られなかった事が 報道される様になって来ました。

あ、これは、。いつかかえるママさんと 酒を酌み交わして話したいことです。。

砂糖がなかった➡身体に悪くても食べた➡悪いものを吸収しない➡そうなんですかー。➡🙏💦💦成分の中から必要な物だけ吸収する能力が働くのかな?➡
食糧難になったら、ティッシュを舐めよう。

意味を知っていれば分かるけど、
わからなかったら、検索かお返事くださいね。。。

以上は かえるママさんの 記事からの 情報により、
それならば ティッシュを舐めても 悪くないと 推測しました。笑。
おこちゃん | URL | 2016/08/15/Mon 00:38 [編集]
おはようございます
甘いもんなんて、そうそう口にできない状況ていうても、甘みを求めて薬をねだるなんてね〜、て思うけど

そんなこともできない子供もいたやろうから、まだマシな方だったのかな〜
カテンベ | URL | 2016/08/15/Mon 07:33 [編集]
いつもおおきにはばかりさん^^;

口は健康と病気の入口って言いますね
子供の頃と言うか、若い頃は「食」は食欲を満たすもの
お腹を膨らませるものと言う感覚でした。
でも年を重ねるにつれ、「食」に対する考え方が変わってきました。
糖分もそうですし、塩分も気をつけなければなりません。
腹八分目とはよく言ったもんです
幸い今のところ日本は平和です
食に困ることはありません
だからこそバランスのとれた食生活を送りたいもんです。
かのぼん | URL | 2016/08/15/Mon 07:47 [編集]
こんにちは^^
倉本さんのお話しが聞けるなんて~
近くであったら行ってみたい!
そうそう今は断糖とか、砂糖は悪者になってるけど
何かを絶対採らないとかって決めてしまうと
いろいろお付き合いも大変になりそうだよね(;^^)

今は物がたくさんあるから当たり前になってしまってるけど
ほんと感謝して何でも頂かなきゃですよね( *´艸`)

カボチャ団子めちゃ美味しそう( *´◡`)❤
大好きなかぼちゃ~みたらしのソースが絡まりたまりません(*・・*)ポッ
カボチャの皮のカット面がとても綺麗(〃ω〃)
郷土料理って凄く興味あるわ❤
桃咲マルク | URL | 2016/08/15/Mon 13:22 [編集]
かえるママさん、
本当に物がないとき、大変な時代だったのですよね。

亡くなった父も、食べ物にはいつも感謝して、いつまで??と思うほど
よく噛んで、食べていました。

たばこも一日3~4本吸っていましたが、いつも、おいしいなぁ~と言って吸っていたので、わたしは、感謝していることで、一般に悪いと思われているものも、
身体を左右しないのだといつも思っていました。

戦争の話、若い人たちにも伝えていきたいですね。
物があふれている今、小さなことへも感謝できることが広がっていけばいいですね


ami | URL | 2016/08/15/Mon 15:47 [編集]
南瓜団子 美味しそうです。

小さい時に
祖母がイナゴの佃煮を出してくれたのですが
どうしても食べられないでいましたが、
食糧が何も無い時だったら
死に物狂いで 食べたのだろうと思います。

空腹だと絵の具も食べてしまう位 
激動の時代だったんですね。

たばこもお酒も控えない人が元気だったり
物凄く気にされてる方が病気になったり、
精神の力は強いものだと言いますよね。

以前 読んだ啓発本にもそう書かれていました。

何でも 感謝して頂く事が大切ですよね。
感謝すると、その、捧げてくださった命も 喜ぶらしいです。
cael | URL | 2016/08/15/Mon 15:58 [編集]
こんばんは、かえるままさん。

戦争中の食べ物の話はいろいろありますね。
そんな話を聞いていると、よく凌げたな~
てのが感想ですね。
母はサツマイモしか食べられなかったとかいってますけど。
毎日三食サツマイモだったのかというと、そうでもないような気がするんですがどんなものでしょう(^-^;
それでもサツマイモでも食べれればましな方だったのでしょうね。
人知れず餓死した人達もかなりの数にのぼっているのでしょうね。

あ~、絵の具食べてましたよ。
けっこうみんな。
もちろん遊びでですけどね。
白が一番美味しいです(^▽^;)
okokkeitarou | URL | 2016/08/15/Mon 17:30 [編集]
こんばんは かえるママさん
赤いまな板が可愛らしいですね。
かぼちゃを切ると黄色く色がついてしまうので
白いまな板は必ず漂白します。
その点、赤色だと目立たなくていいですねー
ちなみに私は皮も使います。
美味しいかぼちゃの時期ですから
作りたくなってきましたー
かえるママさん、ありがとうーー(*´▽`*)

イヴまま | URL | 2016/08/15/Mon 19:49 [編集]
こんばんは。お邪魔します。
甘いものが本当に恋しかったっと、、母から聞いたことがありました。
いくらでも食べれるようになった今だから糖分撮り過ぎが問題と言えるようになったのかな~と。 バランスって難しいですね。
おきまちあき | URL | 2016/08/15/Mon 20:53 [編集]
おこちゃんさんへ
> 今、戦争のテレビ番組がおおいですね。
>
> 今ごろにして、当時は語られなかった事が 報道される様になって来ました。


おこちゃんさん、こんばんは。
本当にそうですね。
70年という時が、当時は語ることが許されなかったことが報道される様にしてくれたのでしょうか?
語り部の多くがいなくなりつつある今後は、情報の捏造なども可能になって来そうですね。
とても怖いです。



>
> あ、これは、。いつかかえるママさんと 酒を酌み交わして話したいことです。。

にゃはは
このセリフ〜かのぼんさんもおっしゃってますね〜。
みなさんとオフ会で語り合える日が楽しみです。^^


>
> 砂糖がなかった➡身体に悪くても食べた➡悪いものを吸収しない➡そうなんですかー。➡🙏💦💦成分の中から必要な物だけ吸収する能力が働くのかな?➡
> 食糧難になったら、ティッシュを舐めよう。
>
> 意味を知っていれば分かるけど、
> わからなかったら、検索かお返事くださいね。。。

検索?してみたけど、あまりわからなかったですが、(^_^;)
もしかして、飢餓の時にティッシュを食べるということかな?
小さい子供も、犬も虐待されて、食べ物を与えられないとティッシュを一番先に食べるみたいですね。
「木からできてる」という安心感でしょうか。
今の時代でもあるということが悲しいですね。


>
> 以上は かえるママさんの 記事からの 情報により、
> それならば ティッシュを舐めても 悪くないと 推測しました。笑。

うむ〜〜
そういう結論を導き出すおこちゃんさんのお笑いのセンスに笑いました。^^
重い記事ですが、楽しい〆のコメントありがとうございます。

かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 20:59 [編集]
カテンベさんへ
> 甘いもんなんて、そうそう口にできない状況ていうても、甘みを求めて薬をねだるなんてね〜、て思うけど
>
> そんなこともできない子供もいたやろうから、まだマシな方だったのかな〜


本当にそうですよね。
親御さんを早々に亡くされた子供(火垂るの墓の様に(T . T))はきっとそうだったのでしょうし、
子供が絵の具を舐めて、甘みを得ていたなんて、辛いことですね。


かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 21:03 [編集]
かのぼんさんへ
> いつもおおきにはばかりさん^^;

いつもおおきにはばかりさ〜ん^^

>
> 口は健康と病気の入口って言いますね
> 子供の頃と言うか、若い頃は「食」は食欲を満たすもの
> お腹を膨らませるものと言う感覚でした。
> でも年を重ねるにつれ、「食」に対する考え方が変わってきました。
> 糖分もそうですし、塩分も気をつけなければなりません。
> 腹八分目とはよく言ったもんです
> 幸い今のところ日本は平和です
> 食に困ることはありません
> だからこそバランスのとれた食生活を送りたいもんです。


食べるものはとても大事で、自分自身も食に関してはかなりお勉強したり、気をつけたりしてた時期もありました。
子供が小さい頃はやはりどうしても親が選んだものを食べるしかないので、母としての責任を感じて、食にはとても慎重になってました。

そうそう、かのぼんさんのおっしゃる通り、食に対する考え方って、どんどん変わっていきますよね。
かえるままは、今は少しゆるくなりました。
病気になったら、きっと塩分、糖分計算して、本気の健康食になると思います。

相変わらず輸入食材に頼る日本、今後のTPP含めて心配は山積ですが、地産地消、安全を選択し、バランスの良い食事に心がけていきたいですね。
それでもどんな時も感謝していただくことを忘れてはいけないな、と肝に銘じて食生活を送りたいです。
かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 21:11 [編集]
桃咲マルクさんへ
マルクさん、こんばんは〜^^
体調いかがですか?
暑いものね。お大事にしてね。


> 倉本さんのお話しが聞けるなんて~
> 近くであったら行ってみたい!


脚本家の倉本聰さんご存知?
こちらでは、「北の国から」や富良野塾などで有名な方だけど、関西でも有名な方なのかな?^^



> そうそう今は断糖とか、砂糖は悪者になってるけど
> 何かを絶対採らないとかって決めてしまうと
> いろいろお付き合いも大変になりそうだよね(;^^)


うんうん。
その辺は難しいよね。
自分自身、いろいろとお勉強しすぎると、どうしても頭で食べてしまうことが増えてしまって、
心でいただくことを忘れてしまってたし、お料理の作り手や、農家の方、肉や魚として提供してくれた命に感謝することを忘れていたって、猛反省したことがあった。
今は、あまりこだわりなく食べてるけど、今の方が自分自身もハッピーでいられるかも。



>
> 今は物がたくさんあるから当たり前になってしまってるけど
> ほんと感謝して何でも頂かなきゃですよね( *´艸`)
>
> カボチャ団子めちゃ美味しそう( *´◡`)❤
> 大好きなかぼちゃ~みたらしのソースが絡まりたまりません(*・・*)ポッ
> カボチャの皮のカット面がとても綺麗(〃ω〃)
> 郷土料理って凄く興味あるわ❤


カボチャの皮ってさ、マルクさんだったら、きっとレンチンであっさり簡単にカットするんだろうな〜?って思ってたんだけど、
マルクさんだったらどうやるの?って質問コーナーになってしまった。(^_^;)
カボチャって結構、力が要るんだよね〜。(T . T)

本当だね。郷土料理って面白いし、興味津々。
滋賀県の郷土料理にも興味あるかえるままです。
粕汁も素敵だった。
今度赤いコンニャクのお料理レシピ、教えて下さい〜。
きっと、かのぼんさんから赤いコンニャクが送られててくるはずだから.....(笑)
かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 21:23 [編集]
amiさんへ
> かえるママさん、
> 本当に物がないとき、大変な時代だったのですよね。
>
> 亡くなった父も、食べ物にはいつも感謝して、いつまで??と思うほど
> よく噛んで、食べていました。
>


amiさんこんばんは〜^^
お父様、素敵な方ですね。
だから、戦争経験者の方ってものを大切にするし、食にも感謝して食べていらっしゃいますよね。
おじいちゃんもチラシの裏をメモにしてたし、ものを捨てなかった。いつまでも大事に大事に修理してなんでも使ってましたね。




> たばこも一日3~4本吸っていましたが、いつも、おいしいなぁ~と言って吸っていたので、わたしは、感謝していることで、一般に悪いと思われているものも、
> 身体を左右しないのだといつも思っていました。
>
> 戦争の話、若い人たちにも伝えていきたいですね。
> 物があふれている今、小さなことへも感謝できることが広がっていけばいいですね



すごいですね。
amiさんも「体に悪いからやめなさい」などと言わずに温かい思いで見守っていらしたんですね。
そういう方って、たとえ病気になっても、痛みもなく、穏やかにすごされますよね。
素敵な話をありがとうございます。

ものも、実は食も自給率は低くとも、ものが溢れてますよね。
選択の自由な時代にあります。

自分の目で選んだ確かなものを、少量でいいので、提供してくれた命、作り手、農家の方、土地そのものである地球に感謝して美味しくいただく、これが自分の日々の「食」に関する目標です。

 
かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 21:44 [編集]
caelさんへ
> 南瓜団子 美味しそうです。
>

caelさん、こんばんは〜^^
南瓜団子、東北の血が流れてるcaelさんにはきっと響くのではないかな?って思います〜♪



> 小さい時に
> 祖母がイナゴの佃煮を出してくれたのですが
> どうしても食べられないでいましたが、
> 食糧が何も無い時だったら
> 死に物狂いで 食べたのだろうと思います。


イナゴの佃煮は今でもある地域では、食されてますよね。
戦争当時もイナゴも大事な食糧源だったみたいですよね。
私たち「カエル」も戦争中は食されていたようですし。
今でもグルメではザリガニやカエルなども食べるみたいですが、それとは違いますよね。
戦争中は食べ物がなくて、選択の余地もなく、やっと食べられたものが、イナゴやカエルだった....
って思うととても切ないです。(T . T)
日本中の人がそうやって、飢えをしのいでいたんですよね。
今では考えられないですね。




>
> 空腹だと絵の具も食べてしまう位 
> 激動の時代だったんですね。


絵の具を食べるなんて、想像したこともなかったっですよね。
でもそうやって、食べてしまうくらい、甘いものが入手困難だったということ、
子供って甘いものって、本当に大好きなんですよね。
なんとも切ないですね。
『禁断の甘み絵の具』に手を出さざるをえなかった時代。


>
> たばこもお酒も控えない人が元気だったり
> 物凄く気にされてる方が病気になったり、
> 精神の力は強いものだと言いますよね。
>
> 以前 読んだ啓発本にもそう書かれていました。
>
> 何でも 感謝して頂く事が大切ですよね。
> 感謝すると、その、捧げてくださった命も 喜ぶらしいです。


本当に切に思いましすよね。
健康に気をつけてあれもこれも節制していらっしゃる方が、ガンになられたり、
仏教徒の瀬戸内寂聴さんは、ワインも肉も大好きで90歳でも、少しご病気はあるもののお元気であられて....

感謝することが習慣になりつつあるのは、ホオポノポノのおかげかもしれません。^^


かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 21:54 [編集]
okokkeitarouさんへ
> こんばんは、かえるままさん。


こんばんは〜〜^^
サマーバケーションはいかがでしたか?


>
> 戦争中の食べ物の話はいろいろありますね。
> そんな話を聞いていると、よく凌げたな~
> てのが感想ですね。


本当に、そうですよね。
戦争の本はよく読みますが、
配給制の話や、闇市の話、食(飢え)に関する記述が食いしん坊のかえるままにとっては一番辛いです。



> 母はサツマイモしか食べられなかったとかいってますけど。
> 毎日三食サツマイモだったのかというと、そうでもないような気がするんですがどんなものでしょう(^-^;
> それでもサツマイモでも食べれればましな方だったのでしょうね。
> 人知れず餓死した人達もかなりの数にのぼっているのでしょうね。


なんだったかな、一度読みましたが、
確か、戦争末期は「サツマイモのつる」が配給になったと。
「つる」ってなんだ!って驚いたのを覚えてますよ。
サツマイモそのものを食べられるなんて、とても恵まれていたのではないでしょうか?
お母様は、セレブだったんじゃないでしょうか?
うちのおじいちゃんは、3食じゃがいもだったって言ってた気がします。(かえるままも記憶がさだかではないけど。)
このカボチャ団子のじゃがいもバージョン、「いもモチ」も戦争中の食だったような。
学校のグランドがイモ畑になったとか。



>
> あ~、絵の具食べてましたよ。
> けっこうみんな。
> もちろん遊びでですけどね。
> 白が一番美味しいです(^▽^;)


えぇ〜〜〜!!
本当ですか?
Σ(゚Д゚)スゲェ!!
食のチャレンジャーかえるままよりもすごいじゃないですかっ!
食べたことない、ない。

わはは
「白が一番美味しい」って聞いたら、ちょっと味見してみたくなってきましたよ....(^_^;)
でも、子供に見られたらどうしよ。つか、子供に貰うしか絵の具ないんですが・・・
うむ〜... 
かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 22:05 [編集]
イヴままさんへ
> こんばんは かえるママさん


こんばんは〜^^
イヴままさん、暑いですね〜。
夏バテしてませんか?



> 赤いまな板が可愛らしいですね。
> かぼちゃを切ると黄色く色がついてしまうので
> 白いまな板は必ず漂白します。
> その点、赤色だと目立たなくていいですねー


そうなんですよ^^
さすがっ。
白いまな板は、白くしないと気になってしまいますものね。
なのでピンクちゃんのまな板を百均で買いました〜♪



> ちなみに私は皮も使います。
> 美味しいかぼちゃの時期ですから
> 作りたくなってきましたー
> かえるママさん、ありがとうーー(*´▽`*)


ね〜〜♪
これから新ジャガも出てくるし、カボチャも美味しい季節で、
イモモチやカボチャ団子の季節ですね〜。
イブままさんは、皮入れる派なんですね^^

かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 22:11 [編集]
おきまちあきさんへ
> こんばんは。お邪魔します。
> 甘いものが本当に恋しかったっと、、母から聞いたことがありました。
> いくらでも食べれるようになった今だから糖分撮り過ぎが問題と言えるようになったのかな~と。 バランスって難しいですね。


こんばんは〜〜^^
おきまちあきさん、コメントありがとうございます〜。

そうですよね。
甘いものって幸せですよね。
かえるままも大好きなんです。
そうそう、今は白砂糖の害とか、いろいろ言われてますよね。
糖尿病の方は、本気で節制しなくてはならない問題でしょうけど、
たまに少量摂るのを楽しみとする生き方もあっていいかなって思っていましたが、
子供にとっては、本当に辛いことだったんだな、って思いました。
バランスも、一人一人それぞれ、折り合いのつけ方も関わり方もまた難しいなって思いました。
かえるママ21 | URL | 2016/08/15/Mon 22:17 [編集]
こんばんは~。
かえるママさんはやっぱりアカデミック^^
いろいろ講演会にも行かれているのですね。
砂糖のお話等、興味深いものですね。

カボチャ団子に、いももち。
幼い頃、父が良く作ってくれました。
(なぜか父親^^)
懐かしいですね。
今度作ってみようかしら(*^-^*)
冷凍SANMA | URL | 2016/08/15/Mon 23:21 [編集]
戦争を知らない私たちは、体験者の話に耳を傾けていくことが大切ですね。
そして子々孫々に、戦争の恐ろしさや戦後の生活の苦しさを伝えていく、それが平和を維持する一つの方法だと思います。
天皇の今日のお言葉にもありましたように、平和の原動力は国民の努力でもがあります。
私たちもことあるごとに伝えていきたいものです。

それにしても、砂糖を薬の糖衣錠や絵の具に求めるなんていう話は、こうした体験者からしか聞けませんね。
貴重なお話だと思います。

かぼちゃ団子、美味しそうですね。
作り方も簡単そうなので、今度作ってみます。
みたらしのたれが合いそう。
お盆は終わってしまったけど、ご先祖さんの供物としていいかもしれません。
MIUMIU 美雨 | URL | 2016/08/16/Tue 00:01 [編集]
あ、さつまいものツルって、すごく美味しいよ。
たまに売ってますからで金平にします。

絵の具なめたよ、。
鉛筆や はな○そも。。笑
下品な子でしょ、。

ティッシュのことは ご存じなら、失礼かと書かなかったのですが、
甘いんですよ!
メーカーによっては 蟻が集まるそうですよ。

しっとりさせるために グリセリンがはいっているんです。甘草です。
九州の甘いお醤油にも入ってますね。
化粧品にも 傷の炎症を沈めるために入っているのもあります。。

花粉症用のティッシュって とくに柔らかいでしょ。。
甘いんです。なめましたよ!笑
何でも、試したくなるから。

メーカーで 味に差があるけどね!




おこちゃん | URL | 2016/08/16/Tue 00:47 [編集]
2回目~質問お返事(笑)
こんばんは^^
倉本さんは全国的に超有名ですよね^^ドラマなどもね^^
凄いわ~そんなかたの講演会なんて羨ましい❤

カボチャの皮はこのような色味を綺麗にしたい時は
とるかな^^で煮物は使う。いつもレンジで少しかけてから使うけど
皮は底に包丁当てメロンをとるような感じで取り除き・・・
で、まな板の上で私が全部食べます(爆)つまりレンジで全部火入れしてから
とるのよ~(;^0^)
ほら・・・・カボチャに目が無いからw

赤い蒟蒻は滋賀で有名だったので実は結婚してから知ったの!
姑もあまり食べなかったので私が買ったのも料理したのも
多分5回くらいなのよ~~(;^^)
うふふ~かのぼんさんが送って下さるの?わ~楽しみやね( *´◡`)❤
桃咲マルク | URL | 2016/08/16/Tue 01:22 [編集]
冷凍SANMAさんへ
> かえるママさんはやっぱりアカデミック^^


こんにちは、冷凍SANMAさん、コメントありがとうございます〜。
いえいえ、かえるままはアカデミックではないですよ。
PTAの研究大会に「出て」って言われて、出ただけですが、おかげで素晴らしい講演を聞けて良かったです。




> いろいろ講演会にも行かれているのですね。
> 砂糖のお話等、興味深いものですね。


講演では、PTA向けなので、子育てに役立つ多種多様な素晴らしいお話を聞かせて下さったのですが、
1年前なので、トリ頭でカエル脳のかえるままはあまり覚えてませんが、この戦争体験のお話は忘れられませんね。
絵の具を子供が食べるというのがとても衝撃的でした。
糖衣錠を食べるのも。
それほど、甘いものが食べたくても無かったって、戦争の悲しさを痛感します。
でもきっと、これは悲壮感漂う感じではなく、逞しい子供の生きる力を感じられるお話でした。
その辺の話の持っていき方が、倉本聰さんの上手さなのでしょうけど。


>
> カボチャ団子に、いももち。
> 幼い頃、父が良く作ってくれました。
> (なぜか父親^^)
> 懐かしいですね。
> 今度作ってみようかしら(*^-^*)


きっと、冷凍SANMAさんのお父様、子供の頃にお母さんに作るのを手伝わされたのでしょうかね?^^
素朴な味で好きです。
これから秋にかけてカボチャが美味しい季節です〜。
ぜひぜひ〜^^
かえるママ21 | URL | 2016/08/16/Tue 16:06 [編集]
MIUMIU美雨さんへ
> 戦争を知らない私たちは、体験者の話に耳を傾けていくことが大切ですね。
> そして子々孫々に、戦争の恐ろしさや戦後の生活の苦しさを伝えていく、それが平和を維持する一つの方法だと思います。
> 天皇の今日のお言葉にもありましたように、平和の原動力は国民の努力でもがあります。
> 私たちもことあるごとに伝えていきたいものです。
>


美雨さん、星々はいかがでしたか?
今年最大の天体ショーでしたものね。

はい、おっしゃる通りです。

戦争体験者、語り部がどんどん少なくなっていくというのは、本当に問題ですよね。
これからは、情報の捏造や隠蔽などもあるでしょうし、
生きた語り部の言葉を伝えて行くのが、戦後世代の務めなのでしょう。

天皇陛下のおっしゃる通りですよね。
私たち自身で平和を作って行くという認識を忘れない様にしなくては、と切に思います。

微力ながらもブログで発信したり、家庭でも子供に伝えたり。




> それにしても、砂糖を薬の糖衣錠や絵の具に求めるなんていう話は、こうした体験者からしか聞けませんね。
> 貴重なお話だと思います。


はい。
絵の具を食べるというのは、驚きますね。
糖衣錠も、なるほど!と思いました。
確かに子供のお薬は、甘いですものね。
体験者した人からしか聞けないことです。


>
> かぼちゃ団子、美味しそうですね。
> 作り方も簡単そうなので、今度作ってみます。
> みたらしのたれが合いそう。
> お盆は終わってしまったけど、ご先祖さんの供物としていいかもしれません。

そうですね、ご先祖様、供物にイモモチ、カボチャモチをお供えしたら、おじいちゃん達は喜んでくれるかもしれません。^^
作り方はとても簡単で、こちらでは小学校で作ったりします。
みたらし団子のたれが合いますね。
こっちの、とあるラーメン店ではラーメンのトッピングにもありました。
軽食にもなり、おやつにもなり....です。
かえるママ21 | URL | 2016/08/16/Tue 16:15 [編集]
おこちゃんさんへ
> あ、さつまいものツルって、すごく美味しいよ。
> たまに売ってますからで金平にします。
>


えー!!
そうなんですね?
今も売ってるんですか?
多分、サツマイモって北海道では栽培されてない(と思う。スーパーで売ってるのは、本州産のだもの。)ので、きっと寒さに弱いのかな?
だからサツマイモのつるも見た事ないです〜(^_^;)
売ってるのも見た事ない。
どんなのか想像もつかないですよ。




> 絵の具なめたよ、。
> 鉛筆や はな○そも。。笑
> 下品な子でしょ、。


子供の頃に経験するといいですよね〜。^^
かえるままは、絵の具なめたことないです〜〜。
おこちゃんさんは小さい頃、チャレンジャーだったんですね。
あ、今もそうかも。
youtubeとかの出演見ててもそう思います。(笑)


>
> ティッシュのことは ご存じなら、失礼かと書かなかったのですが、
> 甘いんですよ!
> メーカーによっては 蟻が集まるそうですよ。
>
> しっとりさせるために グリセリンがはいっているんです。甘草です。
> 九州の甘いお醤油にも入ってますね。
> 化粧品にも 傷の炎症を沈めるために入っているのもあります。。
>
> 花粉症用のティッシュって とくに柔らかいでしょ。。
> 甘いんです。なめましたよ!笑
> 何でも、試したくなるから。
>
> メーカーで 味に差があるけどね!
> 笑


おぉ!
ォオー!!(゚д゚屮)屮
本当ですかっっ!?
知らなかった。
蟻が集まってくるってすごいですね。

.....確かに.....今思い出した。
遠い記憶.....そうだ。
子供の頃、乳歯が抜けて、血が止まらなくてティッシュをずっと噛んでたら、甘かったかも!!
血は甘くないものね。鉄っぽい。

へ〜〜。グリセリンが入ってて甘いのね。
面白ためになるお話ありがとう〜〜〜!^^


かえるママ21 | URL | 2016/08/16/Tue 16:27 [編集]
桃咲マルクさん〜^^
> こんばんは^^
> 倉本さんは全国的に超有名ですよね^^ドラマなどもね^^
> 凄いわ~そんなかたの講演会なんて羨ましい❤


二回目ありがとう〜^^
暑いね。
大丈夫かな?
倉本聰さんの講演会は、PTAの研究大会で「出て」って言われて行っただけなんだけど、
直接の各論的な子育てについてのこととというよりも、こういう戦争体験など、総論的な社会全体で子供を育てるっていうこととか、大局的なお話で、本当に素晴らしかったです。




>
> カボチャの皮はこのような色味を綺麗にしたい時は
> とるかな^^で煮物は使う。いつもレンジで少しかけてから使うけど
> 皮は底に包丁当てメロンをとるような感じで取り除き・・・
> で、まな板の上で私が全部食べます(爆)つまりレンジで全部火入れしてから
> とるのよ~(;^0^)
> ほら・・・・カボチャに目が無いからw



ふむふむ〜〜。
レンチンよく使われるでしょ。時短にもなるし、とても素晴らしい。

あまり習慣がないと、昔ながらの方法でやるんだけど、
忙しいと、すぐに、簡単で力の入らない方法がありがたいよね。
特にカボチャは。

そうだね。
カボチャモチや、カボチャパイなど、黄色い色味を綺麗に出したい時は、皮なしでやります。
煮物はそのままが綺麗だね。^^

えー!
メロンの皮をとる様に取れるのね?
すごい。
このやり方は、めっちゃ力いるもの。生だと。
うふふ
ホクホクのカボチャだったら、まな板の上で食べちゃいたいね。( *´◡`)❤



>
> 赤い蒟蒻は滋賀で有名だったので実は結婚してから知ったの!
> 姑もあまり食べなかったので私が買ったのも料理したのも
> 多分5回くらいなのよ~~(;^^)
> うふふ~かのぼんさんが送って下さるの?わ~楽しみやね( *´◡`)❤


そっか!
赤いコンニャクは、京都出身のマルクさんは、馴染みがなかったのね?
滋賀県限定なのね。
関西地区全体で食されてるわけじゃないのね。
マルクさんが召し上がったのは人生で5回くらいなのね?
紅白手綱コンニャクはとてもおめでたい感じがして良かった。
味は普通のコンニャクだものね。
感動だったよ〜〜。
いや、「クイズ当てたら赤いコンニャク送る」ってかのぼんさんがおっしゃってたけど、
何もおっしゃっていらっしゃらないので、外れたのかも......(笑)
かえるママ21 | URL | 2016/08/16/Tue 16:38 [編集]
こんばんは

当時のそういった話も貴重ですし
体験者の方がいる間だけですからね

子供用の薬で甘さを感じたり
絵の具すらも食料に置き換えてていたんですね

幼稚園くらいのときだったかな
クレヨンは食べようとしたことはありました
美味しいのかもと思って(笑)
荒ぶるプリン | URL | 2016/08/18/Thu 22:50 [編集]
荒ぶるプリンさんへ
> こんばんは


荒ぶるプリンさん、こんばんは。

>
> 当時のそういった話も貴重ですし
> 体験者の方がいる間だけですからね
>


本当にそうなんですよね。
どんどん語り部が高齢になって、
いずれは、体験を語ってくださるかたが、いなくなる時代が来るでしょう。
その時にどうするか?ですよね。


> 子供用の薬で甘さを感じたり
> 絵の具すらも食料に置き換えてていたんですね


そういうことは、体験した人にしかわからないことですよね。


>
> 幼稚園くらいのときだったかな
> クレヨンは食べようとしたことはありました
> 美味しいのかもと思って(笑)


クレヨンのお味はいかがでしたか?
嗅覚と味覚の記憶って、ものすごくしっかりしてて薄れないのだそうですよ。
荒ぶるプリンさんもチャレンジャーだったんですね。^^


かえるママ21 | URL | 2016/08/19/Fri 19:29 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。