うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
トリートメント
わたくし事ではありますが、今週、楽天でトリートメントを買ったんです。
トリートメント、探してたら、「マドンナ御用達」「オーガニック素材でつくられた」と、かえるままの心をぐっと掴むキーワード満載。しかもお値段も、リーズナブル。千何十円だったはず。
で、大人買い。...ってほどでもないけど、3本。送料がもったいないのでね。暫くは、もつでしょう。
でも、昨日届いて、ちょっと考えた。楽天といえど、信頼出来ない業者も云々...と某、人気、投資ブログで記事になってたっけ。
で、本当にマドンナが使ってるのかしら?という疑惑。
だって、千円ちょっとで買えるトリートメントをマドンナが使ってるとは、思えなくて。
マドンナ、ベビーが生まれたときは、月に1千500万円位、ベビーに使ってると報道されてたっけ。2歳になるまでに、サラリーマンの生涯賃金超えちゃうよって驚いてた。そのマドンナが使ってるの?ホントに?
しかも、「mop」って商品名。モップだなんて、庶民的な名前。マドンナには似合わないわ。...あ、それは関係ない?
そんな、疑惑を考ええてたら、なぜか、ギリシャ神話を思い出してしまいました。
記事とは全然関係ないけど、紹介します。と、思ったら、本が見あたらないので、検索と記憶に頼ってみます。


エロス(キューピッド)とプシュケ
プシュケは3姉妹の末娘。あまりの美しさに愛と美の女神アフロディーテが嫉妬心を燃やす。アフロディーテは自分の息子エロスを送り、この世で最も醜い豚飼いに恋をするよう言いつけた。しかし、エロスは誤って恋に落ちる金の矢で自分を傷つけてしまう。プシュケに恋したエロスは彼女を自分の住み家運び、結婚した。
神が人間と結婚するためには、その姿が人の目に見えないようにしなくてはならない。人間は神の火に打たれ、死んでしまうから。
プシュケは夫の姿を見たことはないが、素晴らしい宮殿で何不自由なく暮らしてた。夫は夜になると現れ朝になると正体を明かさず去って行った。彼女は、姉たちを呼び彼女の幸せな様子を見せた。
姉たちは、彼女に夫は恐ろしい怪物ではないか、大蛇じゃないか、などと、疑惑の念を持たせる事を言った。
プシュケは疑念で一杯になり、ある夜、エロスが眠っている時、ロウソクに火を灯し夫の姿を見てしまう。
夫は今まで見たことも無いような美しい青年であった。しかし、ろうが夫の肩に落ち目が覚めてしまう。
プシュケは気を失ってしまうが、目覚めたとき、城も庭もなく、雑草の中だった。夫とともに全てを失った彼女は森をさまよい歩いた。
この後、諸説あるけど、何か動物にされた、とか、アフロディーテに難題を要求され痩せ窶れたプシュケを可愛そうに思ったエロスが許した、とか...とりあえず、最終的にエロスはプシュケを許し神々の住むオリュンポスの山へ連れてって神の仲間に入った、そして、仕事を与えられた。
相手を、疑い、自分の目で見るのが一番と、お節介を言ってくる人々にそっと、近づき「愛を支えるのは、見ることでもなく、確かめる事でもなく、相手を信じる心なのよ」と囁くという仕事を。
100417_1915~0001


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

シャンプーがマドンナご用達なのか虫には解りませんが、
たぶん1000円を超えているのなら高級な部類だと思うので変なシャンプーではないのでいいんではないでしょうか(*´ω`*)

>相手を信じる心なのよ
とても良い事ですが虫はこれで裏切られるのが辛いですね(;つД`)
虫@貯蓄 | URL | 2010/04/18/Sun 17:03 [編集]
同じものを使っても同じ人にはなれないので、宣伝文句は気休め程度でいいかな?と思ったりします。

信じられる相手であるか見抜く力と一度信じたら信じ続ける力……どちらも大幅に不足しています(汗
NorthWind | URL | 2010/04/18/Sun 18:07 [編集]
虫さんへ
虫さんへ
確かに、今日使ってみましたが、まあまあいいです。

信じるに値する相手なら、裏切られても、見ない様にすると良いのです。
信じるに値しない相手まで、信じてみるのが私の辛いとこです。

かえるまま | URL | 2010/04/18/Sun 20:09 [編集]
North Windさんへ
North Windさんへ
おっしゃる通りですね。

う~ん。深いです。私も、そうかな?みんな、そうなのかも?
かえるまま | URL | 2010/04/18/Sun 20:14 [編集]
エロスとプシュケの話はタメになります(*´ω`*)

僕は昔は常に疑心暗鬼でした(*`・д・)
ですが疑ってかかっても結局騙されるときは騙されるので意味ないのですね(´・ω:;.:...

なので今では余程やばい事案じゃない限り「もー騙されてもいいや」というスタンスです。
これでずいぶん生き方が楽になりました(=´∀`=)
さいごう | URL | 2010/04/18/Sun 20:49 [編集]
「信じる心には魔法が宿る」ってどっかで聞いた事がありますが、どういう意味なんでしょうね?
信じれば、魔法のような「奇跡」が起こると言うことかもしれませんねヾ(´∀`;ゞ
しかし、虫さんと一緒で裏切られるのは辛いですね。・゜・(つД`)・゜・。
そこが難しい所ですねヽ(´▽`)ノ♪
shineown | URL | 2010/04/18/Sun 21:09 [編集]
さいごうさんへ
さいごうさんへ
ギリシャ神話って、結構ためになります。

疑ってかかると、自分が、コワいという恐怖心に支配されますよね。
私も、さいごうさんと同じかな。
かえるまま | URL | 2010/04/18/Sun 21:36 [編集]
shineownさんへ
shineown さんへ
「信じる心には魔法が宿る」って言葉、初めて聞きましたが、とても素敵な言葉ですね。
きっと、そう、shineown さんの言う通りだと思いますよ。
他人に裏切られても、自分は自分を裏切らなければ、奇跡が起こるのかも....

かえるまま | URL | 2010/04/18/Sun 21:41 [編集]
エロスとプシュケのお話は読んだ事がありますが、プシュケが最後にそういうお仕事をもらったという事は、初めて知りました。

確かに理屈でなく相手を信じる事で、本当なら起きなかったはずの奇跡も起こるかもしれませんね。

信じる事は、時として溶けるはずでなかった相手の心も溶かせるのですからね。

心を溶かすという点では、

荒川静香さんがトリノオリンピックで演った、『トゥーランドット』の『誰も寝てはならぬ』を、もうずいぶん前にオペラ歌手の錦織健さんが、何かのCMで歌ったことがありました。
歌のクライマックスで、バックの石像だった王女の顔が目を開いて、(文字通り溶けて)、暖かな人間に戻るシーンを思い出します。(*^_^*)

うさねこ369 | URL | 2010/04/19/Mon 22:21 [編集]
うさねこ369さんへ
うさねこ369さんへ
うさねこ369さんもエロスとプシュケの話ご存知だったんですね。
そうですよね。でも、信じる事って実際はとても難しい事ですね。難しいから、奇跡が起きるのかもね。

「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」は私の大好きな曲の一つです。車で聴いてます。
確かに、心を溶かす曲ですね。
かえるまま | URL | 2010/04/20/Tue 09:41 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。