うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
劣等感
劣等感、誰もが持ってるかもしれませんが、
かえるままは、劣等感コンプレックスかもしれませんでした....
何故かと言うと、かえるままの父はとても、劣等感の強い人でした。
それがどうやって父に生まれた物かなど、
父の幼児期の生育環境など知る由もありませんが.....
父の劣等感は、学歴や身長や職歴や...、色んなものに持ってた様に見えました。
本人は口には出しませんが、側にいる者にはよく分かります。
その劣等感は、時に鋭い刃となって、言葉の暴力や実際の暴力となって
家族へ向けられる事が多かったので
かえるままは劣等感はとても、有害なものだとずっと思ってました。
ヒトラーだって、コンプレックスのお陰で、
歴史的大量殺人者になってしまった訳だし。

自分も、コンプレックスを抱かぬ様な努力をして来たと思うし、
それでも、どうにもならないコンプレックスは山ほどあるけど...

そこで、子供には出来るだけ、コンプッレックスを抱かない様、
気をつけて育てて来ました。
兄弟や他人を比較したり、プライドを傷つける様な言葉などは極力避けて
来たと思うし
(時には感情的になって言ってたかもしれないけど。)
勉強も、余りにも出来なければコンプレックスになるかと思って
ちょっと厳しく教えたりした事もありました。
運動も、あまりにも出来ないと....などなど、
コンプレックスを抱かない様に、抱かない様に、と色々子供に
して来たと思います。
でも、そんな事、不可能なんじゃないかと、ふと思ったんです。

昨日、幼稚園の先生と話す機会があって、語ってたんですよね。

ある疑問を投げかけられました。
「そもそも、コンプレックスのない人なんているのか?」

どんなに、完璧に見える人でも、コンプッレックスがあるんですよね。
イチローだって。他にもよく、テレビに出て来る綺麗な女優さんでも
「コンプレックスありますよー」なんて、言ってると、見てる方は
ムッとしちゃいますが、確かに誰しも持ってるんですよね。

そして、ある種の才能を開花させた偉人達の中にも、強烈な
劣等感を持っててその反動として偉業を成し遂げた方など...

どう頑張っても、親がコンプレックスを取り除く事はできない。
コンプレックスとどう付き合って行くか...
そして、どう乗り越えるか....
そのたくましさを育てる方が良いのではないか、という話でした。
人間としてタフな子を育てる方が、より簡単で、良いのではないか?
というお話をしてもらって、ちょっと目からウロコでした。


みなさんはコンプレックスとどう付き合ってるのでしょうね?
変な、日記でごめんなさい。


ウィキペディアより

劣等感の解消の手段 [編集]
これらでは、劣等感を抱く事が、自我にとっては好ましい状況では無いため、往々にして何等かの方法で解決しようとする欲求を生む。解決の手段としては、以下のような行動が見られる。
反応1
努力による改善
他の、得意とする分野で優位性を持つことで解消する
劣等感に対する認識を変える(認知療法)
反応2
劣等感を抱くこと自体を否定せず、肯定もしない。
何等かの合理的な理由付けをするなどして諦める
コンプレックス産業の提供するサービスを利用する
反応3
優位性を持っている相手を貶すことで自分を慰める
自分より下位にあると考える相手を貶めて自分を慰める
抑圧して意識しないようにしてしまう
自棄を起こして逃避する
暴力を行使する
アルコール飲料に依存する
薬物に依存する
架空の理想化された自己像を構築して、これに満足する
いずれにせよ、どれを選択するかは、当人の自由である。いずれの行動も選択できない場合は、適応障害に陥る危険が大きい。この部分に関しては防衛機制の項も参照して欲しい。
なお一般に自身の属性としては劣等感の対象にされやすいものでも、それをうまく利用することも可能である。例えば不細工は、これを個性の一端として表現することにも利用される。有名な逸話としては、ショーン・コネリーは禿を隠さず晒すようになって、映画俳優としての幅が広がったという話がある。隠すか晒すかはその人の価値観にもよるが、隠そうとすることで余計に目立ってしまう面もあるため、過度の劣等感はいずれにしてもデメリットしかないと言えよう。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コンプレックス・・・能天気な性格のためか
私自身は普段はあんまり気にしてないような気がします。
(と言うとかっこいいですが
容姿に対するコンプレックスのため鏡は見ないです。
・・・完全に逃げてますね。笑)
子供達にはありのままの自分でいいんだよ
と伝えています。
自分の嫌いな部分でも誰かが認めてくれたら
少しは好きになれるかなぁ・・・と勝手に思っているのですが。
マミイ | URL | 2010/11/18/Thu 22:52 [編集]
うん、確かにそうですねー。
コンプレックスはみんな多かれ少なかれ持ってるもんですよねー。
でもまだ人間が形成されてないうちはできるだけコンプレックスを感じさせないで育てたいっていうかえるままさんの気持ちはよくわかります。
大きくなったらどうしようもなくコンプレックスはついてくるんですもんね。難しいですよね。
私もコンプレックスの塊で自分のそんなところが嫌いです。向き合って乗り越えるのも大切なんでしょうね。なんかほんと考えさせられましたよ
まなみ | URL | 2010/11/18/Thu 23:34 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/11/19/Fri 07:03 [編集]
Re: タイトルなし
マミィさんへ
マミィさんはコンプレックスは気にしないと言うのは、良いですね。
そうですね。自分らしくいるのは、
今の社会では難しい事かもしれませんが、
ママがあるがままを認めてくれたら、子供は健やかに育つでしょうね。
一番大好きなお母さんに認められるというのは大事な事だと思います。

容姿に対するコンプレックスは、
どんなに美しい女優さんでも持ってるようなので、
きっと誰もが持ってるものなのでしょうね.....
いつも、いつも鏡ばかり見てる人を知ってますが、
始終、鏡ばかり見てる人も、困りモノですよ.....orz
かえるまま21 | URL | 2010/11/19/Fri 07:28 [編集]
Re: タイトルなし
まなみさんへ
まなみさんも、分って下さいますか?
コンプレックスのない人間を目指してた?けど、
きっと、そんなのは無理なんですよね。
どっからどう見ても、この人完璧すぎって人はいますが、
そんな人にも「コンプレックスあるの?」って聞くと
「ある!ある!」っておっしゃいますよね。
きっと、そういう人は、コンプレックスと上手に
付き合っていきてるんだなって思いました。
親は子供に、自分と同じ苦労はさせたくないと思うものなので、
そういったテーマは、本当に考えさせられますよね....
かえるまま21 | URL | 2010/11/19/Fri 07:36 [編集]
虫は劣等感が強いほうですよ( ´∀`)bグッ!
だから運動したり勉強したりして劣等感を無くそうと努力はしますが、
なくならないものですよ(*ノ∀ノ)
劣等感が無くなったらなくなったで困りそうな感じもしたりします(*´ω`*)
虫@貯蓄 | URL | 2010/11/19/Fri 10:05 [編集]
子供の頃は劣等感の塊でした
今は、、、、
そりゃありますよ (⌒_⌒;
でも
比較対照を変えたんですよ
たとえば、キムタクがハンサムなのはわかってますけど
アフリカのある国に行ったら
僕の方がハンサムって言われるかもって
ほら、アフリカって太った人のほうが美人って言われるじゃないですか?
そう考えたら、気が楽になりました (*^▽^*)
加夢 | URL | 2010/11/19/Fri 10:20 [編集]
Re: タイトルなし
虫さんへ
自分を高めることで劣等感を無くそうと努力されるというのは、
虫さんは良い昇華の方法ですね。
本当ですね。劣等感は、なかなか無くならないモノです。
上手に自分と付き合って行くのはとても、難しいですが、出来るようになりたいものです。
かえるまま21 | URL | 2010/11/19/Fri 10:40 [編集]
Re: タイトルなし
加夢さんへ
わはは、加夢さんの例えが可笑しくて、笑ってしまいましたよ。(o^^o)
キムタクの例えはとても分かりやすかったですよ。
そんなー、福山雅治似のリリーフランキーさんは、そんな事仰ってはいけませんよ!
ヘ(^o^)/
なんにせよ、心が楽に生きれたらそれで、良いですね。
ちなみに、アフリカでは太った方が美人なんですか?

西洋美術なんかでも、ガリガリに痩せた女性の裸婦の絵なんかは無いですよね。
ちょっと、肉感的な女性ばかりですね。
かえるままも「まあ、いっか」って思えるコメント、ありがとうございました!(笑)
かえるまま21 | URL | 2010/11/19/Fri 10:48 [編集]
コンプレックスのない人はいないんじゃないかな。
と、わたしも思います。
わたしは、否定も肯定もしたくないかな。
それをバネにして伸びるなんてこともできなかったし(笑)
現在にいたっています。
個性ってことで、片付けてしまってます(^^)
キキコ | URL | 2010/11/19/Fri 13:24 [編集]
Re: タイトルなし
キキコさんへ
初コメント、ありがとうございます。
そうですね。(o^^o)
犬や猫などは、コンプレックスなんて、感じてないでしょうし、
感じさせない所が良いですよね。
きっと、そう言うところでもペットって癒されるのですよね。
かえるまま21 | URL | 2010/11/19/Fri 14:18 [編集]
かえるままさん こんにちは
もう固まりです・・コンプレックスのね
でももうこの年齢になると 仕方ないですもの
ああ・・英語はしゃべれるようになりたかったなあ・・ すっとコンプレックス抱えて生きていくから 人にやさしくできるかも  です
ままさんのおお父さんのお話 じ=んときました
気持ちわかるような気がするんです
きっとまじめな良い方なのですよ☆
色々と考えさせられました♪
SONOMI | URL | 2010/11/19/Fri 15:37 [編集]
Re: タイトルなし
SONOMIさんへ
SONOMIさんでも、コンプレックスお持ちですか?
きっと、音楽の才能等は、羨望の的になってるのかもしれませんが、
やっぱり、それぞれに、コンプレクスのない人はいないのかもしれませんね.....
英語が話せる様になりたかったのですね.....
カタコトじゃなくて、ぺらぺらが良いですよね!
う~ん、分ります、分ります。
一緒にスピードラーニングでもやりましょうか?
父の話は、ちょっと恥ずかしいですが、人間の弱さの部分ですよね。
かえるままも、いつも考えます.....
確かに、父はマジメ人間だったかもです。
かえるまま21 | URL | 2010/11/19/Fri 17:54 [編集]
コンプレックスって、とても個人的なことですよね。人がみたらなんでーなんてことで、コンプレックス抱えていたり。いろいろあっても、種類や程度の問題ですよね。コントロールするのも難しいけれど、何かに一生懸命になったり、自分がかわると、それに伴って、コンプレックスへの思いも変化しますよね。・・・でも、多少あったほうが、人間らしいと思うし、人のつらさもわかるような気がします。
私の子どもたちも、それなりにはあるようですよ。それが、ゆがまなければ、別にいいかなあ、と思っています。
ちーさん | URL | 2010/11/19/Fri 23:57 [編集]
Re: タイトルなし
ちーさんへ
本当にそうなんですよね。
とても個人的な問題で、端から見たら、そんな事って思う事でも.....
自分の中でも、変化して行きますよね。
どうしたら、歪まずに済むのか....分らないけど、子供達にはのびのびと
自分らしく生きて欲しいと言う願いです。
私自身は、コンプレックスは、前に進めない部分の一つかもしれませんね....
結構、うじじうじしてるかもしれません。
かえるまま21 | URL | 2010/11/20/Sat 08:04 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。