うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「アイアムサム」
第16回 
映画のタイトル 「アイ・アム・サム」
日程       1月21日(金)~1月23日(日)の3日間

映画の簡単な紹介です。
製作年 : 2001年 
製作国 : アメリカ
監督 : ジェシー・ネルソン
上映時間 : 133分

☆ この映画に決まったいきさつ等 ☆


この作品を選んで下さったのは「JUKEBOX」の ワールダーさん です。

選んで下さった理由は

1・新年早々から、あまり重い内容や、暗殺シーンなどは、観たくないので、
  感動する作品にしたいと思ったから。
2・親子の愛や絆を通じて、皆さんと一緒に癒されたいと思ったから。

・・・との事です。


今回も、大幅に出遅れてしまいましたが、参加させていただきました。
映画関係ブログの皆様、とりわけmiriさんにはお誘い下さって
ありがとうございます!


今日の夜BSで放送されるそうですよ。

この映画は知的障害の父と娘の物語です。
ご存知の方も多いのかもしれませんね。

あ、サム役のショーペーンがマドンナの最初の夫だと言うことは
あまり知られてませんかしら?
そうなんですよ。


サムは、愛する娘ルーシーと一緒に暮らしたい、そのピュアな愛に
世界中の人が心を打たれるのではないでしょうか。

感想・・・・
まず、二人の間に法という壁があります。
そもそも、法律というのは、人を守る為、人間社会を円滑にする為に
存在するのであって、人を苦しめる為に存在するのではないのです。


全ての法律に言える事ですが。

それを、縁あって敏腕弁護士リタが負う事になるんですが・・・
彼女、美しく、女弁護士で一人息子にも恵まれ、経済的にも成功し、
家の中でキックボードが出来る位の大きな豪邸に住み、
なんの不自由もなく見えますが、心は満たされてません。
人知れず自分はダメだと思いこんでます。


日本もアメリカも先進国は愛の飢餓にあえいでいると言えるかもしれません。

前にもいつか書いた事がありますが、
縄文人?だったか、記憶が曖昧ですが、
ただ、人は類人猿の延長上にある時代の骨が発見されたそうです。
それは、骨が大きく曲がってて身体に障害があって、歩く事もままならないと
推測される骨だったそうですよ。
そして、その骨は成人した大人の骨だったそうです。
何を言わんとしているか・・・
つまり、過酷な自然界では大人になるまで、生きられない筈の、
障害を持ったヒトは助け合って、成人以上生きていたと言う事です。

法律も、生活保護もない時代でしょう。
過酷な自然界で生き抜くのは、ただでさえヒトは無力です。
テレビではよく、草食動物なんかは、病気になったり傷を負った
仲間をやむなく置いて行きますよね。
そうでなければ、群れ毎、やられてしまいますから。

サムとルーシー、彼らを取り巻く人達のピュアな愛は、
人間が人間である理由を教えてくれてるかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

>つまり、過酷な自然界では大人になるまで、生きられない筈の、
>障害を持ったヒトは助け合って、成人以上生きていたと言う事です。

このことは知りませんでした。
そうだったんですね・・・

今は人間が増え過ぎちゃって、その頃のようにはなかなかいかないと思うけど、
心の奥底には、皆誰でも、その時代のDNAを持っているのだと信じたいです。

かえるままさん ならではの 記事でしたね。
お忙しい中、ご鑑賞と記事を有難うございました☆
記録にリンクさせていただきますね!(URL)

次回も宜しくお願いします☆
miri | URL | 2011/01/31/Mon 18:27 [編集]
Re: タイトルなし
miriさんへ
人間って素晴しいなーと思える事ですよね。

早速、コメントありがとうございます!
記録のリンクもありがとうです。
遅くなりまして、申し訳ありませんでした。
今日、テレビで見る方が増えたらいいですね。
いつも、お誘い下さってありがとうございます。
次回もヨロシクお願いいたします。(o^^o)
かえるまま21 | URL | 2011/01/31/Mon 19:02 [編集]
はじめまして、かえるままさん。
今回作品を選ばせていただきました「JUKEBOX」のワールダーと申します。

今の世の中、確かに愛の飢餓にあえいでいる人達が多いように感じます。

人は大昔から助け合って生きてきたという話は、なんだか心が温かくなるいいお話ですね。
サムたち親子からも、そういった温かい気持ちにさせられるモノが伝わってきたように感じます。

お忙しいなか、鑑賞とレビューをありがとうございました。
ワールダー | URL | 2011/01/31/Mon 21:37 [編集]
Re: タイトルなし
ワールダーさんへ
ワールダーさん、初めまして。
初コメントありがとうございます。

サム達親子が周りに愛を広めてる様に感じました。

ヒトがヒトである理由って、知能の発達もそうですが(科学や文明の発達においては)やっぱり愛と優しさを持ってる故にヒトなんじゃないかと思います。

随分遅くなってごめんなさいね。
とても、感動的な映画でした。
かえるまま21 | URL | 2011/01/31/Mon 21:51 [編集]
なんだかとても良いお話を聞けました。

まさかアイアムサムから縄文人にお話が膨らんで、そして感動させられるとは…!
人をいたわり愛するということ、忙殺されて余裕がなくなってもそれだけはなくさないようにしたいなと思います(*´ω`*)
さいごう | URL | 2011/01/31/Mon 23:54 [編集]
ども、ひでのです(`・ω・´)

前に見たこの映画、
見終わった後にザラっとした後味の悪さが無くて
ほんと、ピュアな気持ちにさせられました^^

ひでのね、極論になっちゃうけど
何でもかんでも若いうちは特に競っちゃえて思ってます

中途半端に徒競走はみんなでゴールとか駄目w

ガリデカノッポチビ、俊足鈍足、勉強、ギャグ・・・
大きいことも小さいことも、太ってることも痩せてる事も利点になりますから
別に1番じゃなくてもよくて、
人よりちょっと得意とかね
その分野が得意だから「ちょっと」困ってる仲間がいたら助けようってね
成人過ぎまで生きれた縄文人もそんな感じだったのかも

たぶん、人同士の集まりの仲間、仲間の集まりの社会、社会の集まりの国って成り立ちなんだろうけど
今の政権含めて、争うんじゃなくて競おうよ!
って収集がつかなくなったコメントでした(笑)
ひでの | URL | 2011/02/01/Tue 00:52 [編集]
Re: タイトルなし
さいごうさんへ
そんな風に仰って下さって、ありがとうございます。

忙しくなると、本当に余裕がなくなってカリカリしてしまいますよね。
今の、かえるままがそうです....
深呼吸しながら、優しさを失わない様、かえるままも気をつけます。
かえるまま21 | URL | 2011/02/01/Tue 09:32 [編集]
Re: タイトルなし
ひでのさんへ
ひでのさん、おはようございます。

ほんとうに「アイアムサム」は爽やかな良い映画でしたね。
結構、皆さんご覧になってるんですね。
ハッピーエンドが典型的アメリカ映画の良い所ですね。

ああ、ひでのさんの仰る事、分かる様な気がしますよ。
きっと、ひでのさんは兄弟の中で、そうやって育ったんでしょうね。
かえるままは一人っ子だったので、我が子達が競っているのを見るにつけ、カルチャーショックも受けますが、(冷蔵庫のケーキが忽然と消えてる時とか)そうやって、自分の得意な事は仲間に教えたり、教えられたり、◯◯ってスゴいなーと感心したり、同時にコンプレックスやネガティブな感情も、時には抱くかもしれないけど、それをバネに得意な事を伸ばそうと頑張ったり....
自分と人とは違うし、みんな違って当たり前なんだと、認める事が大事なんだと、かえるままも思いますよ。
だれしも、同権であっても、同質ではない。老若男女すべてって事でしょうか。

縄文時代のヒトがどんな風に、共同体を作って生活してたのか、分かりませんが仰る様に、そうやって、生きてたんでしょうね。
縄文時代のヒトが一生かかって得る情報量と、現代人が3日で得る情報量は同じ位だと、何かで読みましたが、それが幸せに繋がってるのかは疑問です。
今の文明人はしあわせなんでしょうかね?

かえるまま21 | URL | 2011/02/01/Tue 09:48 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/02/01/Tue 10:51 [編集]
本当にハッピーエンドで終わって良い映画ですよね(*´ω`*)
向こうの映画は分かりやすいハッピーエンドをしてくれるのでとても好きですよ(*ノ∀ノ)
やはり幸せを見ると自分も幸せをもらえる感じがしますからヾ(*´∀`*)ノ
虫@貯蓄 | URL | 2011/02/01/Tue 11:41 [編集]
こんにちは。
今よりはるかに厳しい環境のなかで暮していた大昔のヒトが、そんなふうに助け合っていたとは・・・驚きました。
何が正しいか、と難しく考えてしまって素直に感動できなかったわたしは、これが動物映画だったら・・・と思ってしまったんですが、ヒトも捨てたものじゃないですね。
わたしも優しい気持を忘れないよう、日々心がけようと思います。
宵乃 | URL | 2011/02/01/Tue 12:10 [編集]
Re: タイトルなし
虫さんへ
アメリカ映画の良い所でしょうが、ハッピーエンドで終わるのですよねー(^ ^)
一瞬でも、爽やかな満足感が得られます。
色々と立場によっては感じ方はそれぞれでしょうが。(^ー^)ノ
かえるママ21 | URL | 2011/02/01/Tue 14:00 [編集]
Re: タイトルなし
宵乃さんへ
お久しぶりです。ご無沙汰してました。
私はあまり、考えてなかったほうで、只、感動してました。
でも、制度や色々な立場からの見方によっては様々な意見がありそうな映画でしたね(^ ^)
宵乃さんには例の件、選んで下さってお礼も、申し上げず失礼致しました。(^ ^)
今後とも宜しくお願い致します。
楽しみにしてます。
ありがとうございます!
かえるママ21 | URL | 2011/02/01/Tue 14:14 [編集]
かえるままさん、こんにちは。
私もさきほど観ました。

今は物質的には本当に豊かになりましたよね。
でも、何かを忘れてしまっているような
ちょっと寂しい時代でもありますよね。

周囲の人の愛を再認識し、感謝することができた映画でした。
ままさんのお話は初耳でした。
とてもいいお話で心があたたかくなりました。
ありがとうございます♪
マミイ | URL | 2011/02/01/Tue 14:36 [編集]
良い映画
この映画、話題になってますよね。
他の方も書いてたの、どこかで見ました。
そう、殺人や暴力のない世界、(本当はそういうシーンがあったほうが売れる)安心して見れる心が温かくなる映画だ、とありました。
無償の愛がテーマですよね。
本当にママさんそのものみたいな・・・やはりママさまが選ばれる映画だなぁと思います。
ゆっくり、楽しみたいですね。(*^_^*)
miumiu美雨 | URL | 2011/02/01/Tue 19:39 [編集]
Re: タイトルなし
マミィさんへ
マミィさん、こんにちは。
マミイさんも、ちょっとだけ、遅れての参加ですね。('A`)人('A`)ナカーマ

本当に、仰る通りだと思います。
お金さえあれば何でも手に入りますものね。
それは、本当に幸せなのかな?って子供達を見てて思います。
これからの時代を生きる子供達は、本当に幸せになって欲しいと思います。
親の私達が幸せって何かを考え続けていかなければならないのでしょうかね?
マミィさんの言葉「周囲の人の愛を再認識し、感謝することができた映画でした。」
これって素晴らしい事だと思いますよー。
こちらこそ、ありがとうございます。
かえるまま21 | URL | 2011/02/01/Tue 20:03 [編集]
Re: 良い映画
美雨さんへ
「ブログdeロードショー」と言って、かえるままも、ひょんな事から参加させて頂いてるんですが、映画ブログの皆さんが、企画されてて、「一人では見づらい映画をみんなで見ませんか?」と言う企画な様です。
一つのテーマの映画をそれぞれがある一定期間で見るんですよ。かえるままはいつも、遅れて参加なんですが、それでも何度も参加させて頂いてるんですよ。
今回は、テレビ放送と一緒になってましたので、多いのかもしれませんね。

そうそう、最近は殺戮、暴力の映画の方が多くて、安心して見れる映画が少ないですね。
「無償の愛」がテーマですね。
ありそうで、ない。なさそうでも、あるのが無償の愛ですね。
美雨さん、いつも、ありがとうございます。
かえるまま21 | URL | 2011/02/01/Tue 20:09 [編集]
皆様、本日、月末〆の業務で疲労困憊の為、記事の更新はなしです。皆さんの、応援ポチ&コメントに徘徊します。
かえるまま21 | URL | 2011/02/01/Tue 20:47 [編集]
あ、わたしね、ショーン・ペンのランキングでしばらく1位だったのですよ(笑)今は2位ですけどね。いや、私のブログでショーン・ペンって数回しか出てないのですが、なぜかワードが拾われてます。面白いです。いや、そんな話ぢゃないですね。。。

この映画って音楽もすごく好きなんですよ。全編ビートルズなんですよね。
まなみ | URL | 2011/02/01/Tue 21:08 [編集]
Re: タイトルなし
まなみさんへ
えー!そうだったんですか!?
ショーンペンのランキングってあるんですか!?
すごいすごい。すごいですよー。やっぱりランキング1位じゃないですかー。
以前はご謙遜なさってらしたのに。(・∀・)ニヤニヤ
猿部門1位は知ってますよ。
かえるままも、マドンナランキングに登録してみようかな?
ビートルズの音楽も、愛と平和な感じが漂っていいですよね。
かえるまま21 | URL | 2011/02/01/Tue 21:51 [編集]
おはようございます。

これ見たいな・・と思っていた映画です!
・・・でももう終わっているのねテレビ放映??
残念・・・。
最近テレビもあまり見ないから
ついつい忘れちゃいます(;^^)

確かにあちらの映画はテーマもわかりやすく感動するものがおおいですね!

父と娘・・・永遠のテーマです。
嫁と姑もね・・・(;^^)

機会があれば見て見たいな・・・
もうなかなか放送終わったばかりでしないですよね?

今の時期お忙しいですね・・・(;;)
桃咲マルク | URL | 2011/02/02/Wed 07:23 [編集]
Re: タイトルなし
桃咲マルクさんへ
マルクさん、おはようございます。

仕事と、子育てで、なかなか映画をゆっくり見る時間がないですよね。
わざわざ時間を作らないと。
BSでやって、地上波でもやるので、いつかやるかもしれませんね。
かえるままも、テレビはあまり見ないので、見逃してるものも沢山ありますね...

どろどろしてない爽やかな映画でしたよ。

親子、嫁姑....
本当に永遠のテーマです.....深いわ~。

この時期、決算の会社が多いですね。
マルクさんも忙しいですか?
お互い頑張りましょうね。

しもやけは治りましたか?
かえるまま21 | URL | 2011/02/02/Wed 09:45 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/02/02/Wed 11:30 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/02/02/Wed 12:45 [編集]
月末の〆お疲れ様でした(*´ω`*)
疲れたときは記事を書くのもしんどいですから、
休める時はじっくり休んでくださいねヾ(*´∀`*)ノ
虫@貯蓄 | URL | 2011/02/02/Wed 13:19 [編集]
Re: タイトルなし
虫さんへ
虫さんも、毎日更新お疲れ様でございます。
虫さんの様に読者が多いと休めませんが、かえるままはそれほど
閲覧者もいなさそうなので、こんな時は休みますよー。
かえるまま21 | URL | 2011/02/02/Wed 15:10 [編集]
こんにちは!
今頃になってのコメントですみません…。

この映画、やっぱり良い作品でしたよね!
助け合いの大切さ、
周りの気持ちの温かさが全面に出てましたね!

>サムとルーシー、彼らを取り巻く人達のピュアな愛は、
>人間が人間である理由を教えてくれてるかもしれませんね。

そうですね!
彼らの行動が、模範となるように、といった作品でした!!

縄文人の引用とか、素晴らしいです…!
参考になりました!(^0^)
なるは | URL | 2011/02/06/Sun 11:27 [編集]
Re: タイトルなし
なるはさんへ
なるはさん、こんにちは。
いえいえ、こちらこそです。(o^^o)

本当に、分かりやすい爽やかな親子愛の作品でしたね。
現代社会なかなか助け合ったり、
都会に生活してると特に難しくなってると思いますが、
私も、優しさを忘れないように日々生活していきたいと思います。

ちょっと、語彙力がなくて、上手く表現できず、お恥ずかしいです・・・
(o^^o)
かえるまま21 | URL | 2011/02/06/Sun 13:48 [編集]
ブログお休みということなので
いろいろ見させていただいてます。

映画のコメというよりも子育ての事ですが
自分自身は独身なんですが、甥が2人います。
長男は抱いたりオムツかえその他、絵を描いたり
外で遊んだりもしました。

次男も我が家にきているのですが、
小さかったせいもあるのか
自分の記憶が、全くありません。

そんなせいか、長男はさほど気になりませんが
次男の方が気になりますね。

母親は自分の子供と密接な関係にありますから
2人とも同じように育ててるという実感があるかもしれませんが、
遠くはなれている者の血縁者にとっては、
「ああ、同じようには出来ないものだなぁ」と痛感しています。
淀屋橋ハニワ | URL | 2011/04/23/Sat 04:55 [編集]
Re: タイトルなし
淀屋橋ハニワさんへ
淀屋橋ハニワさん、おはようございます。
過去記事をご覧頂いてるのですね。
ありがとうございます。

小さい頃の甥ごさん、かわいかったでしょうね。
淀屋橋ハニワさんは独身だとしても、血のつながった、親戚のお子さんをお世話された事は、とても愛情が沸いた事でしょう。
小さい子っていうのは、お世話したら、した分、手をかけたら、手をかけただけ、不思議と愛情ってわくものですね。
我が子のお友達でも、幼稚園の頃に、遊びにきて、手を焼いた子程、大きくなっても懐かしくかわいいものですし、小さい頃からお泊まりに来て、お風呂に入って洗ってあげたり、手をかけた子ほど、何とも言えない親しみは変わらないものですね。

でも、母親として、思いますが、自分では「同じ様に育ててるつもり」でいても、やっぱり「同じ」ではないのですね。
自分自身の、環境や体調、精神状態など様々な条件が変化してますから、同じと言う事は、ないですね。
良好な環境、体調、精神状態で子育てが出来ると良いのですが、現在の社会環境が許しませんね。
ますます、今後子育ての環境を危惧しております。
かえるママ21 | URL | 2011/04/23/Sat 08:57 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

子供を育てるのは誰?
I am Sam  製作2001年 アメリカ 監督:ジェシー・ネルソン 脚本:クリスティン・ジョンソン、ジェシー・ネルソン 出演:ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、 ダコタ・ファニング、ローラ・ダーン 遅くなりましたが、ブログDEロードショーの作品を やっと見るこ… [続きを読む]
子育て 時々 映画 2011/02/01/Tue 14:36
© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。