うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ラフマニノフ「熊蜂の飛行」



先日ラベンダーが咲いたお話を書きましたが、
お花が咲くと、どこからともなく蜂が来ますね....

IMG_0647_convert_20110702170729.jpg

子供の通る通学路なので、蜂に刺されては大変です....

蜂捕獲作戦、教えて頂きました。
今年は作ってみようかな?

でもでも、罠(わな)にかかったハチにも注意が必要らしいです!

加筆します。コメントで教えて頂きました。
こちらのトラップは蜜蜂には効かないそうです。
スズメバチなどを捕獲出来るそうですよ。

2リットルの大きさのペットボトルを吊るします。切り込みを作るときに怪我をしないようご注意ください
罠は繁殖期に入る前に女王蜂を駆除することが一番の目的となります。分量は大雑把でかまいませんので、以下のものを準備してください。
日本酒 180~200ml
酢 30~40ml
砂糖 50~70g
2リットルのペットボトルに縦1cm、横3cmぐらいの切込みをいれ、内側に折り曲げてください。その中にそれぞれの量を入れて木や軒下に吊るしておくだけです。あとは放っておいても蜂が罠にかかるようになります。

ただし、罠にかかったとしても決して素手で触らないようにしてください。念のため、殺虫剤を撒いてから火バサミなどでつまむほうが安全です。産卵期の8月には、罠をエサと思った蜂が一度に集まってしまい、かえって危険を伴うことがありますので、7月末までに罠は取り除いてください。


ハチに攻撃されにくい装いを

山歩きやハイキングなどが楽しくなる季節です。ところが、ハチも活発になってしまい、油断をしてしまうとハチの攻撃を受けてしまうことになります。例えばスズメバチの特徴として、黒いものに対して攻撃性を増すことが知られています。黒い髪は格好の的となってしまいますので、白い帽子をかぶりましょう。

また、衣服の上からもハチが攻撃してくることもあります。特に薄着で素肌の露出部にはご用心ください。経験のある方もいらっしゃるかもしれませんが、ハチを攻撃した場合、巣に戻ってから集団で報復に向かってくることがあります。巣を見つけたときには決して近寄らずに、最寄りの役所に連絡してください。



この方が覚え易いかな?
1 ペットボトル(2リットル用)の4面に1.5~2cm四方の穴を開ける

2 日本酒:酢:砂糖=3:1:1を作り、水深7cmほど入れる。

3 ふたを閉め、ペットボトルの首の部分に紐をつけて、日陰につるす。


などと言っておきながら、ハチミツは大好きで、ローヤルゼリーも
たまに飲むなんて、ちょっと都合が良すぎでしょうか?




蜂と言えば、ハチミツ、ローヤルゼリー、蜂の子.....
ハチミツ、ローヤルゼリーは有名すぎですが、
蜂の子はメニエール病に効果があるとか、アンチエイジングに良いとか
最近聞きました。
蜂は、栄養価が高いのですね。

↓蜂の子
250px-Vespula_flaviceps05.jpg


2200年も前に書かれた中国の薬学書「神農本章経」には、
蜂の子について

蜂の子(蜜蜂子)は内臓の機能を傷つけた病の人の気を補う作用があり、
久しく服用すると、皮膚に光沢が出て、
つややかにして、顔色を良くし、年をとっても若々しさを保ち、
体力を増し、気を益し、心腹痛や黄疸によく、不老長生の働きがある


と記されています。


なんか、調子がいいですが、蜂に刺されるのはイヤだけど
蜂の効能は教授したい....
人間って勝手ですね。(笑)

近年、蜂が突然消えてしまうと言う現象?
の原因にウイルス説が出て来たようですね。
これにも、宇宙人説があったのですが、
ウイルスが原因とは....
追記にて。
【9月7日 AFP】全米の養蜂場から数十億匹のミツバチが短期間にこつぜんと消え去り、「蜂群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん、colony collapse disorder、CCD)」と名付けられた怪現象解明の重要な手がかりとなりそうな事実が6日、明らかになった。科学誌「サイエンス(Science)」の電子版が伝えた。

 それによれば、IAPV(イスラエル急性麻痺ウイルス)と呼ばれるウイルスが、オーストラリアから輸入されるミツバチの生体、あるいは中国から輸入されるロイヤル・ゼリーに混入して運び込まれたことが「蜂群崩壊症候群」の要因とみられるという。

 IAPVに感染したミツバチは羽が震える病気にかかり、通常は巣を出たところで全身が麻痺して死に至る。このウイルスが米国内で突然変異を起こしたか、あるいはその他の刺激因子と結合して、数十億匹のミツバチを死に至らしめた可能性があると研究者はみている。

 IAPVが「蜂群崩壊症候群」の直接の原因であるという証拠はまだ挙がっていないものの、養蜂場からこのウイルスが検出されれば96.1%の確率で「蜂群崩壊症候群」の発生を予測できるという。 

 しかしIAPVは健全な養蜂場からも検出されているため、症候群はウイルスだけでは発生せず、むしろ多数の要因が結合してミツバチが弱った際に発生すると専門家は考えている。

 その中でも有力な要因として挙げられているのは、バロアダニミツバチヘギイタダニ(Varroa Mite)と呼ばれるダニの一種の寄生虫で、これはミツバチの免疫システムを弱めることで知られている。IAPVの存在は確認されていても、寄生虫は確認されていないオーストラリアでは、「蜂群崩壊症候群」の大規模発生は確認されていない。

 もう一つの可能性としては、全米の干ばつでエサが手に入りにくくなったことがあると研究者は指摘する。

 昨冬、全米の養蜂場のうち、「蜂群崩壊症候群」の被害を受けたのは4分の1に上る。全体の45%の巣が被害を受けたという。中でも被害が大きかったのは、ミツバチを全国に運んで果物や野菜の受粉をおこなう商業ベースの大規模養蜂施設。

 安価な輸入ハチミツの影響で、全米ではすでに養蜂場の減少が進んでいる。そこに「蜂群崩壊症候群」が重なって、全米の総額146億ドル(約1兆7000億円)相当の作物の受粉に必要なミツバチが確保できなくなる心配が出ているという。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

実家で沢山の花が咲いていますが、以前そこに蜜蜂の巣を作られたことがありました。(既に撤去済みですが)
まぁ、スズメバチなどでなかっただけマシなのかもしれませんね。
NorthWind | URL | 2011/07/12/Tue 23:55 [編集]
通学路にラベンダーて素敵ですね♪

蜂の子画像はつまんで食べたくなります(嘘ん)
火星 | URL | 2011/07/13/Wed 00:12 [編集]
Re: タイトルなし
Northwindさんへ
蜂の巣を作られたら、厄介ですよね~...
でも、蜂もなかなか賢いもので、一度来ると毎年来ませんか?
スズメバチとか、熊ん蜂だったら、怖すぎます。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
かえるまま | URL | 2011/07/13/Wed 06:08 [編集]
Re: タイトルなし
火星さんへ
通学路にラベンダーは素敵なんですが、蜂はコワいです.....
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

「蜂の子画像はつまんで食べたくなります」って
(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!でした。
九州でも食べる習慣があるのか!って思いましたよ。
かえるまま | URL | 2011/07/13/Wed 06:11 [編集]
おはようございます!

鉢は本当に恐いイメージです!
ついさされると死んでしまう?て思いますね・・
あ・・・これスパム言葉かな??(;^^)


でも蜂蜜好きでよく使います。

ローヤルゼリーはなかなか飲む機会がないな。。(;^^)
はちのこがいいんですか!

それは是非いただきたいけど、
そのままのお姿は流石の食べれませんね・・・(笑)

桃咲マルク | URL | 2011/07/13/Wed 10:29 [編集]
蜂は植物の受粉の助けをしますから、
居なく成られるとかなり困りますよね(((( ;゚д゚)))アワワワワ
これを人的作業でしようと思ったらいつになったも終わらないでしょうからね(´・ω・`)
蜂の子は小さなころに食べたような記憶がありますが、
大人になった今は出来れば余り食べたい食べ物ではないですね(*ノ∀ノ)
虫@貯蓄 | URL | 2011/07/13/Wed 11:21 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/07/13/Wed 11:29 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/07/13/Wed 12:08 [編集]
Re: タイトルなし
マルクさんへ
マルクさん、こんばんは!
御返事が遅れてごめんなさいね。
コメントありがとうございます。

本当に蜂はコワいですね、
コメント、スパムにならなかったですね?
マルクさんだからかな?
かえるままも、「し」って書くとすぐスパムコメントになってしまいます。

ハチミツはよく使いますね?
ローヤルゼリーは頂いた時だけ、飲みますね....自分じゃ買わないですね。
高級すぎて....
蜂の子の、レシピマルクさんが作ったら、みんな、食べるかな?
かえるまま | URL | 2011/07/13/Wed 18:11 [編集]
Re: タイトルなし
虫さんへ
そうですね。蜂がいなくなったら、大変な事になりますね。
自然は難しい事を簡単にやってますね。
え?虫さん蜂の子を召し上がった事があるのですか!
知りませんでした。美味しかったですか?
なんか、熊ん蜂など、肉食の蜂は苦いって聞きましたが....
でも花の蜜を吸ってる蜂の子は美味しいとか....
かえるまま | URL | 2011/07/13/Wed 18:14 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。