うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
絵本 アイヌと熊
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 熊ブログへ
熊ブログ

長年、熊ブログをやってますと.....
あ、まだ、2~3週間だった。

2~3週間ほど熊ブログをやってますと、
自然と熊ネタが集まって来る様になってるんですね。


かねてから、北海道に住んでるのだからアイヌについて
もっと知りたいと思う様になり、
子供に、何か資料があったら見せて、と頼んであったのです。
今日、子供が「ママのためにかりて来たよ。」とこの本を
持って来てくれました。

こちらでは、小学生の頃に、アイヌの文化について授業でやるんです。
その頃は、自分はへ~って言う程度だったのですが、
大人になってアイヌ文化の素晴らしさをしみじみと感じる今日この頃です。

と言いますか、私たちが捨ててしまった、自然から学ぶ、人が自然の一部である、
と言う思想に基づいた考え方の、民間療法だったり、食べ物のだったり、食べ方だったり
そう言うものに惹かれるのです。


IMG_1170_convert_20111130190213.jpg
くまのしっぽがみじかくなったわけ
(※文字クリックで、ネットで物語が読めます。)

アイヌの中では、自然や全ての動物にも神様が宿ってると考えるのですね。
その事がよく分かる本です。

IMG_1171_convert_20111130190304.jpg
セプとオオカミのやくそく
(※文字クリックでネットで物語が読めます)

こちらは、ちょっと泣けました。
オオカミは「オンルプシカムイ」と言う「獲物を捕るのが上手い神様」で
人が道に迷った時や、食べ物に困った時にいつもたすけてくれるアイヌにとって
優しい神様なんだそうです。
しかし、あるときにんげんたちが山を切り開き毒が入った食べ物を
ばらまいてオオカミはいなくなってしまった。


最後に主人公セプは叫びます。
「オオカミさん、ありがとう、
いつかまた一緒にくらしていける大地を作ることを約束するよ!」

ちょっと「ごんぎつね」を思い出してしまいました。
本当に人と自然、動物が共存出来る大地を、作らなくてはなりません。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ねぇ、すごくすごく昔なんですけど、アイヌと熊がでてくるドラマがあったの知りませんか?
たしか主演が中山千夏さん。
熊をさがしてるんですよ。なんっていうドラマかはわすれちゃったんですけど、なぜか大好きだったんですよ。なんか思い出しちゃいました
まなみ | URL | 2011/11/30/Wed 21:43 [編集]
Re: タイトルなし
まなみさんへ
今検索しました。
そうそう!実話なんですよ。
苫前町(とままえちょう)の事件で、羆が人を何人も襲って食べたと言う事件。
それを、映画や小説、ドラマにもなったそうです。
今でも、苫前町で実際の場所は資料展示もされてる様ですよ。

ってところで!!!
じゃじゃじゃ~~ん。
まなみさんっっ。おめでとうございます!v-315
ふと気付けば、10000目のコメントをゲットしていらっしゃいます!v-315
リーゼントのズラは、まなみさんがゲットです!!
鍵コメで、送り先を教えて下さいませ。(会社でもおKです。)
え??いらないってささやき声が聞こえましたが、未使用ですから。安心して下さいませ。
子供が何度か遊びましたが、アルコール消毒して送ります。
かえるママ21 | URL | 2011/11/30/Wed 22:00 [編集]
おつくまさまです。
本の内容はネタバレすぎるといけないのでしょうが、読んだらウルッてきそうですね。

実物の熊はあんなに大きくて怖いのに、どうしてキャラとしてあんなに愛されているのでしょうか?
どんな経緯か調べたくなりました。
熊ブロガー火星 | URL | 2011/11/30/Wed 22:49 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/11/30/Wed 23:00 [編集]
Re: タイトルなし
火星ブロガー熊様へ
いや、違った。熊ブロガー火星様へ

おつくまさまでございます。

ネットでも絵本が読めてしまうので、びっくまこきますた。


>実物の熊はあんなに大きくて怖いのに、どうしてキャラとしてあんなに愛されているのでしょうか?

でしょでしょ。
なので、きっとメロン熊が正しいのではないかと思える今日このごろです。
かえるママ21 | URL | 2011/12/01/Thu 06:48 [編集]
Re: タイトルなし
鍵コメ様へ
うふふ。
お待ちになってね!

かえるママ21 | URL | 2011/12/01/Thu 06:49 [編集]
おはようございます
自然と共生といっても人間増えすぎてますから、そうも言えない現実もありますね。
地球全体が大きな箱庭みたいな感覚で、ここは自然を残しとこ。てな感じでしかできないから、絶滅危惧種、なんてのがポロポロ発生するんですもんね。
環境保護活動ってのも大切なんでしょうけど、過激な団体みたいなことを許容も出来ないですし。

バランスをとることって、もう無理なのかな?て思てまいます。
カテンベ | URL | 2011/12/01/Thu 09:09 [編集]
絵本って短い中にとっても深~いテーマが盛り込まれていて
その深いテーマを押しつけられることなく
スッと受け入れる事ができますよね。

ちゃんとママとの約束を覚えていて本を借りてきてくれるなんて
優しいお子さんですね。
マミイ | URL | 2011/12/01/Thu 09:58 [編集]
Re: おはようございます
カテンべさんへ
人間が増えすぎてますよね・・・・(@_@)
バランスって本当に難しいですね。
まだ、間に合うって信じたいですが、どうでしょう・・・(T.T)
地球は、どうなるのか、私たちは、心配ですが出来る事をするしかないですよね。

それか宇宙に行くしかないかな・・・
かえるママ21 | URL | 2011/12/01/Thu 11:35 [編集]
Re: タイトルなし
マミイさんへ
本当に仰るとおりですよね。
絵本で教えられると、すんなり大人でも受け入れられて、素直に考える事が出来ますね。
押しつけがましくなくて、ハッ(;゜〇゜)と気づく事が出来て、とてもいいですね。

そうですね!
ママとの約束を覚えてくれてたって事も忘れてましたが、そうですね。
褒めてあげなくては。
マミイさん、教えてくれて、ありがとうございます!
かえるママ21 | URL | 2011/12/01/Thu 11:44 [編集]
ホントに「熊ブログ」になったんかいwww

アイヌの精神って素晴らしいものがありますよね☆

もしも、産業革命の前に、このような精神が世界のスタンダードになっていたら、世界は良くも悪くも今とだいぶ違ったものになっていたでしょうね☆

・・・ホントに熊ブログにしちゃう?^^;;

も、もちろん!応援しますよボカァ!ww
三代目 | URL | 2011/12/01/Thu 14:40 [編集]
こんにちは~
ひゃ~~~10000コメント達成されたんですね!リーゼントのズラが!!!おめでとうございます。なぜかほっとしているaacoです。
クマブログいいですね~。クマというテーマで、
自然に切り込んでいく!なかなか素晴らしいアプローチ!色んな視点がクマを通して広がっていくというのもおもしろいですね。
さすが、北海道だなぁ~。アイヌはテーマとしては、これからの時代には、凄く大事なメッセージが沢山あると思いますので、かえるママさん、
どんどんやってください。
すべての生き物に神が宿る発想すばらしいと思います。興味深く読ませていただきました。
aaconee | URL | 2011/12/01/Thu 15:28 [編集]
Re: タイトルなし
三代目さんへ
うふふ・・
三代目さんも、熊ブログに、かもーん。(o^^o)
一緒に熊ブログに参加しませんか?(笑)

そうですよね。
こういう精神でいたら、世界も違ってたのかな。
今からでも、遅くないと思いたいですね・・・

・・・で、熊ブログにしません?(?_?)
↑しつこい?
かえるママ21 | URL | 2011/12/01/Thu 15:31 [編集]
Re: タイトルなし
aaconeeさんへ
aaconeeさん、きっとリーゼントもストレートヘア並に似合いそうですから
是非ともaaconeeさんにも、リーゼントづら差し上げたかったです・・・・
2つあったら、良かったのに・・・
なんとしても、ちょんまげのズラを探しますよ!
どこに行ったんだろ~・・・(@_@)
あ、遠慮なさらずに!
長野だってメール便でひとっ飛びです。

そうなんですよね。
長野県の昆虫食も、食糧危機にそなえて、意味ある食文化でしょうし、アイヌの自然への信仰も意義深いと思います。
これからも、意義深いメッセージを一緒に発信していきましょうね!
かえるママ21 | URL | 2011/12/01/Thu 15:36 [編集]
神→害獣
こんばんは。
オオカミはもともと日本では稲を食べる草食獣を殺してくれる、
ありがたい動物=大神だったと、どこかで聞いたことがあります。

日本の近代化に伴って西洋から入ってきた
「狼少年」の話が「修身の教科書」に掲載されたこと、そして
酪農を営む農家ではせっかく育てた家畜を襲う「害獣」として扱われたことが、
「オオカミ=大神」としての扱いに変化をもたらしたようですね。

とくに北海道などでは毒入りの肉をまいて、
オオカミの「駆除」に励んだと聞きます。
その結果、エゾシカが増えて困っている、ということに。
エゾシカも「害獣」となって「駆除」されるのでしょうか。
只野乙山 | URL | 2011/12/02/Fri 00:46 [編集]
Re: 神→害獣
只野乙山さんへ
おはようございます。
そうそう、そうなんですよ。
全て、只野乙山さんが仰って下さったので、何もかえるままは、言う事はないですよ。
その通りなんです。
同じ犬家の動物なのに、なぜかシベリアンハスキーは愛されて、オオカミが嫌われてしまったのですね.....

今は、エゾシカが増えすぎて、困ってます。
今の害獣はエゾシカです。
なので、駆除をしてますが、増えすぎたエゾシカは農家の作物を荒らして大変な被害の様です。
また、お客様で2人ほど、交通事故もあります。
エゾシカと事故になると、巨体なので、車が廃車になるほど損害があります。
我々人間もオオカミで学習したので、絶滅する程の駆除はもう、しないとは思いますが、自然の均衡を保つ数を考えながら、駆除してる様です。
増えすず、減りすぎない様に.....
かえるママ21 | URL | 2011/12/02/Fri 06:45 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。